【例文あり】介護職から異業種へ転職する際の7つの強みと自己prの書き方

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護職を辞めて異業種への転職を考えているんだけど、なんか強みってあるのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
どんな感じで自己prを書けばいいんだろう?
ユウ
ユウ
同じように悩む方や不安になる方がとても多いです。

ということで今回は、

「転職でアピールできる介護職の強みが知りたい人」
「介護→異業種へいく際の自己prの書き方や例文が知りたい人」

のために、異業種へ転職する際に活きる介護職としての強みとその伝え方について解説していきます!

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の他業種との関わりも多く様々な意見を収集
もし、まだ間に合うなら現場以外の介護系の職種も検討してみてください。
介護→異業種よりはハードルが低くストレスや工数もかかりません。

※参考:経験を活かせる現場以外の仕事5選+α【大穴は人材紹介です】

それでは参りましょう^^

介護から転職する際にアピールできる7つの強み


早速ですが下記のとおりです。

    その①:ストレスマネジメントができる
    その②:コミュニケーション能力がある
    その③:潜在ニーズを汲み取れる
    その④:情報処理速度が速い
    その⑤:協調性がある
    その⑥:体力がある
    その⑦:営業力

それぞれひとつずつ、順番に解説していきます。

介護職の強み(1):ストレスマネジメントができる

ストレスに対して耐性ができていること。
従順に働けることをやんわり伝えると「お!この人はしっかり働いてくれそうだな。」と思わせる事ができます。

ちょっとやそっとでは辞めない、続けていってくれそうだなとも思わせることができます。

その際に前の職場にストレスがあったというわけではなく、あくまで「介護職」だからこそのストレスを列挙してアピールすると良いです。

例えば認知症の方に対して「伝わらないストレス」や「罵詈雑言を浴びせられるストレス」などです。

介護職の強み(2):コミュニケーション能力がある

高齢者との関係構築はもちろん、サービスを円滑に進めるには同僚とのコミュニケーションや連携も必須ですよね。

報・連・相が体に染み付いているくらい言ってもいいかもしれません。

介護職の強み(3):潜在ニーズを汲み取れる

高齢者の中には、医療依存度が高く自らの意思を伝えることが困難な方もいますよね。

そういった方の仕草や表情なんかから何を求めているかがわかるのはかなり大きな強みです。

個人的にはここが1番だと思ってます。
他の業種でも中々このスキルを持っている人はいません。

介護職の強み(4):情報処理速度が速い

介護の現場は日々、想定外の事が起こりますよね。

なのでそういった時に臨機応変に、即座に対応できる能力は十分強みになります。

ユウ
ユウ
エピソードもたくさんありそうですしね。

介護職の強み(5):協調性がある

人としっかりと協力できることをアピールしましょう。

前述した「コミュニケーション能力」と少し重複する部分がありますが、ここで言う「協調性」は「私はトラブルを起こしませんよ」と伝えることです。

介護職の強み(6):体力がある

言わずもがなかもしれませんが、介護は基本体力勝負です。
健康的な体は仕事においても大きな利点になります。

しっかりとアピールしましょう。

介護職の強み(7):営業力

最後は変化球です。
「ん?」と思われる方も多いでしょう。

    介護職としての強みというよりは介護職だからこそ強みにしやすいスキルです。

詳しくは記事最後に解説します。

ユウ
ユウ
全て具体的なエピソードを交えるとより伝わりやすく、信頼性も高まります。

採用率を上げるためのシンプルな戦略

めちゃくちゃシンプルですが「熱意」を伝えましょう。
これが普遍的です。

どの職種においても。当たり前ですが見るからにやる気のない人は採用されませんよね。

    こと介護からの転職であれば、前述したとおり若干ハードルが高かったりします。

それを埋めてくるれる、誰でもアピールできるものが熱意、熱量です。

熱量の伝え方

結論は、リサーチです。
どれだけ転職する会社のことを調べているか、どれだけファンであるかを伝えましょう。

徹底的にリサーチして、なぜその会社に入りたいのか、自分の強みがどう活かせるのかまで落とし込める事ができればガツンと採用率が上がります。

介護から転職する際の自己prの例文

■自己pr:サンプル①

私はこれまで、訪問介護職員として5年間勤務いたしました。
たくさんの高齢者の方々やその家族と接する中で身につけた、コミュニケーション能力とストレスマネジメントのスキルが私の強みだと思っています。
延べ100人の利用者へサービスを提供してきました。
反対にコミュニケーションが難しい高齢者の方が潜在的に何を求めているのかを汲み取ることも日常的にして参りましたので、接客では多いに力を発揮できると思っております。

■自己pr:サンプル②

私の強みは前職の介護現場で身につけた、協調性と情報処理速度です。
日々想定外の事が起こる介護現場でその都度最善の選択をし、臨機応変に対応できるようになりました。
また、介護現場では1人の高齢者に対してたくさんのスタッフが関わっています。
報・連・相が身に付き、情報共有は細かいところまで、職場の雰囲気を明るくさせることも得意です。
また、介護の仕事をする過程でかなり体力もつきました。
肉体的にもそうですが、精神的にもタフになりましたので少々のことではストレスにすらならない自信があります。
ユウ
ユウ
主張→理由→具体例→再主張の順番で書くと伝わりやすいですよ。

よくある質問:転職回数は強みになる?

結論は、強みにはなりづらいです。

介護業界内では割と許容されているんですが、異業種となると回数が多いと難色を示すところが多いです。

転職を繰り返して何を学び何を得たのかを明確に説明することができれば面接官に刺さる事があるかもですが。

個人的には転職回数はそこまで気になりませんが、敢えて強みとして打ち出されると引いてしまうと思います。

自己prや強みを伝える時の注意点

ズバリ、経歴との整合性、一貫性を持たせる事です。
例えば強みに

「メンタルが強いです。」

とか書いていながら、職務経歴書を見ると転職回数が多かったり、そういった疾患にかかっていたことを書いていたりすると(もちろんかかること自体を否定しているわけではありません)当然面接官からの信頼を得るのは難しいです。

ユウ
ユウ
平たく言うと、バレバレの嘘をつくのは辞めましょうって事ですね。

ただ、自分1人では中々気づかない部分があったりするので、書き終わったら、第3者にチェックしてもらうのを強くおすすめします。

介護→異業種転職の現状


まだまだ低いのが現状です。
「この面接官は介護職を下に見ている‥。」と感じる人もいるみたいです。

準備期間を持つのもあり

冒頭からの繰り返しになりますが、ハードルが割と高いのでもしまだ余裕があるのであれば一旦準備するのもありです。

前述した「介護職の強み」を磨くのも良いですし、新たなスキルを身につけるのもひとつの手です。

全ての会社が欲しがるスキル

結論は、集客(営業)力です。
売上を伸ばす力。

「介護職では無理だよ‥。」という声が聞こえそうですが実はそうでもありません。

ズバリ、営業して実績を作りましょう。
営業が苦手な人でも介護業界は他の業界と比較するとそこまで難しくないです。

むしろ成果が出やすい。
ある程度の実績を作るとどんな職種に転職する時も強力なアピールになります。

営業力は普遍的な強みであり、全ての企業が欲する力です。

事実、僕は割とコミュ障ですが営業で実績を作ることに成功して昇格と昇給する事ができました。

「介護営業」に関しては下記の記事で網羅的に解説していますので興味のある方は是非チェックしてみてください。
※参考:介護営業完全ガイド

また、

「今のところではそんなことさせてくれないよ‥。」

とか

「とりあえず今の環境には耐えられない!」

という方はまず同じ業界内で移ってみることも視野に入れてみてもいいかもです。

下記の記事を参考にどうぞ。
※参考:介護系に強いおすすめ転職エージェント3選

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました