【現役面接官が解説】介護転職で落ちた理由はこれ!【正しい準備の仕方】

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
イケると思っていた介護施設への転職で落ちた‥。
なんで落ちたのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私も自分は大丈夫だと思っていたわ‥。
どんな人が求められているの?
ユウ
ユウ
受かると思っていたのに落とされるのは精神的にきますよね。

ということで今回は、

「介護業界への転職で落ちた理由がわからない人」
「しっかり準備して介護転職の成功率を上げたい人」

のために現役面接官の視点からどのような人材が採用されやすいかがわかるように解説していきます!

また、介護職から他職種へ転職する際の「採用率を上げるコツ」も記事中盤でサクッとお話しています。

本記事の信頼性

  • 未経験から介護を始めて10年目
  • 面接官として採用に携わっている
  • 大手転職サイトと接点があり市場に精通している

介護転職で落ちた理由はこれ


結論は、少し厳しい言い方になってしまいますが舐めていたからです。

介護は人手不足である業界に間違いはありませんが、誰でも100%採用されるというわけではありません。

実際にぼくも面接官として携わり何人も不採用としてきました。
他でも不採用だったと言う声はけっこう聞きます。

話を聞くとそのほとんどが何も対策をせず手ブラで臨んだとのことでした。

よくある間違い

「介護すら受からない‥。」とか「誰でも受かるんじゃないの?」とかよく聞きますが前述したとおり、しっかり落ちる人は落ちています。

企業としてもすぐ退職したり、職場を掻き乱したりするような人材を採用しようとは思いません。

返って工数がかかってデメリットになったり、利用者からクレームをもらったりする場合がありますからね。
当然ですがそんな未来が見えるような人は雇いません。

ですが、その他の試験のように横着せずしっかりと準備をすれば落とされる確率は大きく減りますので安心してください。

傾向と対策を怠らない

加えて言うと面接するときに「明らかにこの人介護を舐めてるな‥。」と思ったら面接官も介護職のプライドがあるので採用する確率は一気に減ります。

また細かい採用基準については各企業ごとに異なると思いますが本質の部分は同じですのでそこに対策を講じる事ができます。

以下からぼくの実際の体験談をもとに不採用になる理由を解説していきます。

ユウ
ユウ
逆に押さえておけば採用率がグンと上がります。なので「コツ」として紹介していきますね!

【面接編】採用率がグンと上がる5つのコツ

    その①:マナー
    その②:清潔感
    その③:やる気
    その④:協調性
    その⑤:リサーチ

上記のとおり。
対策すれば採用率がグンと上がりますが反対におざなりにすると冒頭でご説明したように落とされる理由になります。

それぞれ順番に解説していきます。

介護転職で面接官がみるところ(1):マナー

最低限の接遇、マナーは心得ておきましょう。
敬語やビジネスマナーもそうですが個人的には挨拶です。

指示があるまで着席しない、ノックの仕方、などなどです。
上手にこなさなくていいので丁寧に対応しましょう。

実務の研修がある場合
「動きやすい格好でお越しください。」と事前に通達がある場合にどんな服装で行けばいいか悩む人がいますが、明らかに介護実習をすることがわかっていますのでそれ相応の服を用意しておきましょう。

就業しようとしている企業のユニフォームを参考に色なんかも合わせると好印象かもしれません。

やさし君
やさし君
ポロシャツとかチノパンが多いよね。

介護転職で面接官がみるところ(2):清潔感があるか

第一印象につながる見た目ですね。
かなり重要です。
履歴書や志望動機よりも大きく採用に影響します。

ぼくは正直ここが良ければその場で採用しちゃったりします。
初めて会う人をまずどこで判断するかは言うまでもなく見た目です。

最大限できる限り清潔感を意識しましょう。
髭、ピアス、ネックレスをつけていく人はいないと思いますが、一度第三者にチェックしてもらった方が無難です。

介護転職で面接官がみるところ(3):やる気はあるか

ここからは面接がスタートした後にチェックしてくるところですね。
例え適当に応募してきたのだとしても態度に出すのは論外です。
覇気がなく暗くやる気のない人とは一緒に働きたくないですからね。

どうなりたいか、なぜここで働きたいかは最低限用意して声色や身振り手振りも使ってハキハキと対話するようにしましょう。

介護転職で面接官がみるところ(4):協調性はあるか

聞かれてもいないのにマシンガンのように自分語りをするのはやめましょう。
自分がどんなに優れていて何を思っているかも伝え方を間違うと、唯我独尊、つまり協調性を疑われてしまいます。

また、「人の話を聞かない」というイメージを持たれる可能性もあります。
前面接させてもらった人で、永遠と自分がやってきたスポーツのことを語る人がいました。

介護転職で面接官がみるところ(5):リサーチしているか

面接を受ける企業について最低限リサーチしているかも大切です。
すごい人は何の会社かわからずにきた人がいました。

嘘みたいですが本当なんです。
面接官が質問をしたときに答えられる人とそうでない人は採用率に大きな差があります。

また、少し話が変わりますが履歴書を「さっき書いてきたでしょ‥。」というくらいひどい状態で提出する人もいます。

利き腕と反対で書いたの?っていう感じです。
字を書くのが苦手ならテキストにしましょう。
そっちの方がよっぽど良いです。

ちなみにポジショントークで、かつコアではありますが「訪問入浴」という在宅介護サービスの理想の志望動機の書き方を下記の記事で解説していますので気になる人はチェックしてみてください。
»【現役面接官が語る】訪問入浴で採用率が上がる志望動機の書き方

やさし君
やさし君
なんか当たり前にことばっかりかも。
ユウ
ユウ
そうなんです。
でも舐めてかかるとどれも疎かにして望んでしまうんです。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
確かに相手の立場になって考えると適当になんかできないわね。

よくある質問:書類選考で落とされる


面接にたどり着く前に書類や事前情報で落とされる人もけっこういたりします。
理由のひとつは公開されていない年齢制限が設けられていることがあることです。

アピールはマスト

基準に関しては各企業で変動しますが年齢は高ければ高いほど、実績やアピールポイントが響かない限り採用の優先順位は落とされてしまいます。

なのでエントリーシートや履歴書を事前に送る場合はしっかりと自分を採用することで会社にどんなメリットがあるのかをアピールするようにしましょう。

介護職から他職種へ行く場合


介護職から他業界へ転職する際に「落ちた‥。」「何回やってもダメだ‥。」という声が上がっています。
正直に包み隠さず言うと介護職から他業界への転職成功率は低いのが現状だと思います。

なぜなら介護スのキル自体は汎用性が低いからです。

では一度介護職になるともう他の業界へはいけないのか?答えはそうではありません。
採用されやすくなる方法があります。

他業界へ転職するコツ

結論は、「営業で実績を作る」です。
営業が得意な人はどんな企業からも好かれます。

なぜなら会社に目に見えて利益をもたらしてくれる存在だからです。

つまり会社側からしたら採用するメリットが明確にあると言うことです。
しかも株式会社なら利益を上げてくれることより優先されるものはありません。

比較的簡単に実績は作れる

実績の作り方ですが、そこまで難しくありません。
営業に関して苦手意識が強い人もいるでしょうが他の企業よりも作りやすいです。

アピール方法は「利用者を何人増やした!」とか「ひと月に10件も依頼を獲得した!」などわかりやすいもので大丈夫。
僕も履歴書に「大学のサークルで部長を務め部員を数名から数十名まで増やした。」ということを記載しました。

介護営業で成果を出したい人は下記の記事にまとめていますのでよかったらご覧になってください。
»介護営業の完全ガイドマップ【転職求人から方法とコツまでまとめ】

面接に臨む前に準備しておくこと


冒頭でご紹介した「5つのコツ」と併せて転職するにあたり準備しておくことがあります。
それはまず、そもそも転職先選びを間違わないようにする事です。

転職した後のこともしっかりと考えておきましょう。
いざ就業してみると話が全然違って真っ黒だったりすることも少なくないみたいですからね。

やさし君
やさし君
でも就業する前から完璧に転職先のことを把握するのは不可能でしょ?
ユウ
ユウ
そのとおりです。
面接と同様に100%失敗しないと言うことはあり得ません。

しかしこちらも面接と同様に失敗する確率を減らすことはできます。

ズバリ、転職業界のプロの力を借りましょう。

プロの力を借りて転職を磐石なものにする

転職エージェントは転職市場に精通したいわば「転職のプロ」です。
それを無料で利用できるのですから活用しない手はないです。

転職エージェントに振り回されずに、使い方さえ事前に押さえておけば強力なサポートツールになります。

あなたも見極める側
一度面接で不採用を食らったりすると自暴自棄になってしまう人もいますが転職を希望するあなた自身もまた企業を選ぶ立場であることも忘れないでおいてください。

転職エージェントの旨味を最大限に活かして転職にかかる負担を削減して成功率も上げてしまいましょう。

ユウ
ユウ
転職エージェントの活用法については以下から解説していきますね。

転職エージェントの賢い使い方


結論は、転職エージェント側に主導権を握らせないことです。
相手も仕事なので、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えばエ前述したとおりエージェントはたくさんの企業情報を持っているので、自分が市場でどれくらいの価値があるかも図りつつ評判の良い企業をピックアップしたり。

その他、エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒して金銭的な負担も軽減したり。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました