【ブラック企業のリアルな声有】介護転職でホワイト企業に入るための3つの対策

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界に転職しようと思ってるんだけどホワイトなとこを探してるんだ。
てかそもそもホワイトなところってあるの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
どうやって見分ければいいのかな?リアルな経験者の声を聞いてみたい。
ユウ
ユウ
不安ですよね。
介護はブラックなイメージが定着していますもんね。

ということで今回は、

「介護業界にホワイトな企業はあるのか知りたい人」
「ブラック企業を回避したい人」

のために、実体験をベースにどの点を見ればホワイトか否かがわかるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いてるぼくは完全素人から介護職になり、9年間管理職・面接官として全国を飛び回り、社内社外のたくさんの職員を見てきました。
  • 大手転職サイト数社からのインタビュー経験もあり介護・転職奏法の業界について詳しいです。

介護業界にホワイトな企業はある?【転職しても大丈夫?】


あります。
介護の事業所や施設が100%全てブラックであるはずありません。

ホワイトな企業も割合的には少ないかもしれませんが確実に存在しています。
実際にぼくは今勤めている会社に関してホワイトな印象を持っています。

ぼくの会社については過去の話も含めて後述します。

ブラック企業が多いのは確か

とは言え、前述したとおりブラックな企業が多いのは確かです。
下記の画像は112名の介護職にアンケートを実施した仕事への満足度を表したグラフです。

引用:ケアパートナー株式会社

約6割近い人が満足していないことがわかりますね。

僕は転勤を繰り返し10年間でたくさんの地域の介護職員を見て、関わってきましたが客観的にグラフのとおりだと感じました。

半数以上は不満を持ってるイメージです。

10年で変わったこと【訪問入浴に携わる僕の例】

冒頭でお話ししたとおり、ぼくは今の会社(訪問入浴をメインジョブとする会社)には満足しています。

育休や有給もしっかり取れてほぼ毎日定時上がり。給料に関しても平均以上もらえています。
(役員でも何でもありません。)

ですが入社した当初の10年前からそうだったかと言うとそんなことありませんでした。
入社して数年は定時で帰れたことなんて一度もなく、パワハラもガンガン受けていました。

ですが徐々に徐々に変わっていき今に至ります。

ユウ
ユウ
ブラックな会社は介護に限らず淘汰されていくと思います。

介護職のリアルな声【ブラックな実態】

ブラックな声

ホワイトな声

事業所(施設)単位で全然違う

気をつけておいて欲しいのは同じ会社でも事業所や施設ごとに職場の環境が全然違うことがあるってことです。
特に派遣をしている人なら感じたことがあると思います。

事業所はある種、島みたいになっていて会社の方針を度外視した独自の文化やルールがあったりしますからね。
詳しい見極め方は次の項目で解説していきます。

ユウ
ユウ
ちなみに「ブラック企業」とググってみると違法な労働環境と人権を傷つけるハラスメントが定義の中にありました。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
労働基準法とかについてもある程度自分でも知っておく必要があるね。
やさし君
やさし君
自分の身は自分で守れるようになっておかなきゃだね。

介護のホワイト企業に転職するための3つの対策

    その①:上場企業を選ぶ
    その②:外から見る
    その③:中から見る

ブラックを回避してホワイトを見極める為に上記を事前にできるだけ細かくチェックしてみてください。

チェックする精度が上がれば上がるほどブラックを回避できる確率が上がります。

それぞれ順番に解説していきます。

介護ブラック企業を回避するための対策(1):上場企業を選ぶ

上場企業=労働環境の整備がしっかりとされている可能性が非常に高いです。
なぜならそうなっていないと上場できないからです。

または運営歴や資本金、従業員数を見て上場しそうな会社を予測して選ぶのもありですね。

もちろん場当たり的に整備されて上場した会社は取り消しになったりしますが。
上場しているか否かは最もわかりやすい判断基準だと思います。

業務マニュアルや指針がしっかりと作られていて職員全員に周知できている会社に勤めると新入社員として入っても働きやすいです。

絶えず求人を出しているところは?
人によっては「求人を絶えず出しているところはブラックだ!」と言いますが個人的には全てがそうだとは思いません。

介護業界は全体的に、そして慢性的に人材不足です。
もちろん潤っている企業もあります。

ただ前述したように上場を目指す途中だったり、事業を拡大させるために人材を集めていたりと一概にブラックである決定打とは言い切れません。

介護ブラック企業を回避するための対策(2):外から見る

続いて自分の目で実際にみてチェックする方法です。
選ぼうとしている会社を外から見てみましょう。

例えば深夜まで明かりが灯っている事業所は要注意です。
僕も家の近所にいつ見ても夜遅くまで電気がついている介護事業所があります。

そういうところは残業に対する意識がバグっちゃってる可能性があるので、そうだったら速攻でリストから外しましょう。

介護ブラック企業を回避するための対策(3):中から見る

外からチェックした後は、中を確認しましょう。
先ほどもご紹介したようにTwitter等のSNSを使うと便利です。

自分の会社の悪口を書く人は鍵アカウントにしている可能性もありますがそうでない人も結構いますので。

少しコアなやり方ですが施設等に行くと入り口に「スタッフ紹介」が掲示されていたリスのでそれでチェックしたり‥。

職場選びの成功率をさらに高めるためには


前述した対策を施しても職場選びに加えてさらに転職の成功率を高めるサポートをしてくれるのが転職エージェントです。

なぜならエージェントは転職のプロで、多くの企業の情報を持っているからです。さらに転職にかかる工数に関しても大きく削減することができます。

ただでさえ忙しい転職活動時期にカットすることのできる工数をかけるのは馬鹿らしいですよね。

やさし君
やさし君
でも転職エージェントってしつこかったりするイメーじがあるなぁ。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
悪い評判も結構聞くわよね。
ユウ
ユウ
おっしゃる通りなんですが、使い方次第で変わります。

下記より賢い使い方について解説していきます。

転職エージェントの賢い使い方

結論は、転職エージェント側に主導権を握らせないことです。
相手も仕事です。

エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えばエ前述したとおりエージェントはたくさんの企業情報を持っているので、自分が市場でどれくらいの価値があるかも図りつつ評判の良い企業をピックアップしたり。

その他、エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒して金銭的な負担も軽減したり。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞いて「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます^^

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました