介護の営業事務について網羅的に解説【仕事内容や特徴、メリット等】

介護業界の営業職
介護の営業事務に興味がある人:介護の営業事務って全く想像がつかないんだけどどんなことするの?特徴とか知りたいな。求人の選び方もわかったら良いな〜。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 営業事務が必要な介護サービス
  • 介護の営業事務の業務内容
  • 介護営業事務のメリットデメリット
  • 介護営業事務を募集している企業の選び方
ユウ:この記事を書いているぼくは、介護営業歴9年目。プレイヤーとして働きつつ、8年間営業事務の方に支えてもらってきました。1番近くで見てきてます。

この記事を読むと

  • 介護の営業事務の仕事内容がわかる
  • 求人での選び方がわかる

※3分でサクッと読めます。
8年間の見識をギュッと凝縮しました。

それではまいりましょう( ˆoˆ )/

そもそも営業事務とは?

    簡単に言うと、営業マンのサポート、支援、アシスタントみたいな感じです。
    一般的な事務職は総合的な業務をこなしますが、介護営業事務はより専門的で局地的な事務職になります。

営業事務が必要な介護サービス


まず求められる場所は福祉用具の事業所である場合が多いです。
ぼくも求人をいくつか見ましたがほぼほぼ福祉用具でした。

ぼくは福祉用具での営業も経験しておりまして下記の記事でコツをまとめていますので、気になる方はチェックしてみてくださいませ。
»福祉用具専門相談員のケアマネ営業【コツと求められるスキルも解説】

介護の営業事務の業務内容

前述したとおり、福祉用具での求人が多いので福祉用具を例にします。
けっこう細かく具体的にあげますね。

  • 接客
  • 発注
  • 電話対応
  • 在庫管理
  • 金銭管理
  • 必要書類の作成
  • 顧客情報の作成

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

接客

基本的には内勤なので来訪者への接客をします。
利用者やその家族、卸会社、取引先等です。

発注

営業マンから依頼を受けて必要な商品の発注作業をします。

電話対応

電話はめちゃくちゃ多いです。
前述した営業マンからもありますが、取引先や利用者からの直接の電話もあります。

たまにクレームにも対応しなければいけないことも。波がありますが忙しい日は電話が鳴り止まなかったりします。

在庫管理

福祉用具の事務所は基本的に有在庫です。

営業マンから依頼を受けたときにスムーズに納品までできるように常に把握しておきます。

営業マンにとってもここが疎かになると機会損失に繋がるので重要です。

納品支援

企業によって差異はありますが、たまに営業マンの代わりに納品を代行することもあります。

代行したとしても近場で、かつ商品が大きすぎないものが多いです。

必要書類の作成

福祉用具は特に書類が多いです。
役所に申請する書類や取引先、利用者に必要な書類等々多岐に渡ります。

例えば新規の契約に行く営業マンのために事前に準備してあげたり。

金銭管理

支払いを受けたときのお釣りや、コインパーキング代とうの精算です。

顧客情報の入力

顧客情報はデータとして保管します。

特に新規の利用者が来た場合は即座に入力します。
ちなみに特徴のひとつとして、女性の割合が多いです。

介護営業事務のメリットデメリット


メリット

  • その①:孤独にならない
  • その②:定時で上がれる
  • その③:専門的な知識が爆速で身に付く

深掘りしていきます。

孤独にならない

一般の事務と違う点は現場(営業マン)の人とかなり密接に連携するところです。
なので常に営業マンとタッグを組んでいる感じです。

頑張る営業マンと一緒になって働くスタイルはやりがいにもつながります。

定時で上がれる

現場の営業マンは顧客ありきなので先方の都合でついつい残業しがちですが、事務員はサクッと帰れます。

事務員さんの能力次第で効率的に業務を進めることができます。
定時退社が魅力で希望する人も少なく無いはず。

専門的な知識が爆速で身に付く

圧倒的な速さで従事する業界の知識が身につきます。
実際に現場で働く人に引けを取りません。

さらに裏側を知れたりするのでかなり詳しくなります。

補足:在宅勤務も可能なケースがある

コロナ禍でリモートワークをさせている会社もあります。

デメリット

  • その①:営業マン次第で仕事の量が変わる
  • その②:給与が低め

こちらも解説していきます。

営業マン次第で仕事の量が変わる

営業マンのレベルで仕事量が変化するのも事実です。

優劣をつけるのは良くありませんが、営業マンのスキルに差が着くのは当然です。
逆に優秀すぎても仕事をいっぱい振ってくるので忙しくなります(笑)

給与が低め

周知の事実ですがやはり事務員は給与が低め。
介護営業事務も例外ではありません。

介護営業事務を募集している企業の選び方


下記をチェックしてください。

  • キャリアアップ制度が確立されている
  • 営業マンの人数を確認する

順番に解説していきます。

キャリアアップ制度が確立されている

繰り返しになりますが事務員のネックは給与額です。

しかし会社によっては事務員にもしっかりと昇格や昇級のチャンスを設けているところがあります。
給与の低さをカバーするためにも上記はしっかり確認してください。

営業マンの人数を確認する

営業マンの人数に対する営業事務の配置人数を確認してください。
仕事の量に直結するからです。

ということで今回は以上です。
介護の営業事務は意外に求人にあまり載らないレア物件ですのでこまめにチェックしておいた方が良いです。

ぼくもいよいよ外に出たくなくなったら営業事務も良いなとひそかに思ってます。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました