介護営業の完全ガイドマップ【転職求人から方法とコツまでまとめ】

介護営業
介護の営業に興味がある人:介護の営業ってどんな感じなんだろう?結構求人とかも出てるのかな‥。きついのかな‥。わからないことだらけ。方法とかコツとかも知りたいな。

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 介護の営業職の転職市場
  • 介護の営業職の求人の見方
  • 介護事業所の営業の方法
  • 介護営業で結果を出すコツ

こんな感じで介護の営業に興味を持った方がどのフェーズにいても参考になるものをまとめました。

ユウ:この記事を書いているぼくは、介護業界で営業をして9年目。営業の部署の所長をしつつ、実績では全国トップに何度もなっています。

この記事を読めば、介護業界の営業職の探し方から攻略までが理解できるようになります。

知りたいところだけピンポイントでご覧くださいませ。
各見出しの下に参考記事を載せておきました。

※3分でサクッと読めます。
8年間の見識をギュッと凝縮しました。

それではまいりましょう( ˆoˆ )/

介護の営業職の転職市場

バリバリの営業マンだけではなくて、派遣や営業事務もあったり。
その辺をまとめた記事になります。

介護の営業職についての概要がまとまっている記事になります。
細分化すると下記のとおりです。

特に年収に関してはぼくのリアルな明細を載せています。

『介護営業ってどんなもんなんや?』と言う方にご覧になっていただけたらと思います。

介護の営業職の求人の見方

実際に求人をバーっと見てみましたが見ませんでした。
とは言え、営業に特化した介護サービスも実はありましてそこら辺も紹介しています。

また求人に応募した後の面接で使えるテクニックに関しては»介護の営業職の志望動機の書き方【3つのポイントをおさえればOK】にて詳しく解説しています。

介護の営業職の志望動機

ぼくは現役の面接官としても採用に携わっていますが、営業職の面接は現場スタッフの面接より若干厳し目に見ています。
(どちらが上か下かと言う話ではありません。)

実際に合格率は低かったりします。
なので対策は必須かと。

介護事業所の営業の方法

また、『営業する時間がないよ‥。』と言う方には»介護業界の代行営業についての記事も用意しています。

そこまでビビらなくてOK

介護営業はハードル高めに感じる人が多いですが、そこまでビビる必要はありません。なんせ自他ともに認めるコミュ障のぼくが結果を出せたくらいですから。(軽視してるわけではありませんが。)地道にコツコツすると結果が出やすい業界だと確信しています。

介護営業で結果を出すコツ

介護業界の営業の鍵はケアマネ攻略

結局介護業界で営業するには切っても切れない存在がケアマネジャーです。
ケアマネジャーの攻略無くして介護営業は結果が出ることはありません。

なぜなら介護業界ではエンドユーザー(利用者)ではなくケアマネジャーから仕事を振ってもらうことが圧倒的に多いからです。

ケアマネの営業に関しては細かくまとめた記事を用意していますので»ケアマネへの営業に関する悩みや疑問を網羅的にまとめて解説していくをご覧くださいませ。

また『1秒でも早く、1件でも多く実績が出したい!』と言う方は下記のnoteをどうぞ。
ぼくが全国でトップになるまでの8年間のノウハウを全て詰め込みました。

一冊あればケアマネ営業への不安がかなり解消されうと思いますので、お守りがわりにどうぞ。
飲み会に行くよりも安い値段にしています。

※一部を無料公開しています。
»無料で『ケアマネ営業完全攻略』を見てみる

ということで今回は以上です。

介護に営業は必須スキルになっています。
しかし、営業嫌いな人たちが多いのが現状ですので逆に極めることができたら大きな価値と権威性が生まれます。

専門職じゃないにしてもトライしてみて損はないので是非です( ˆoˆ )/

コメント

タイトルとURLをコピーしました