【最新版】介護の営業職の求人の相場から見つけ方までまとめて解説

介護業界の営業職
介護の営業職が気になる人:介護の営業職の求人を探しているんだけど、あんまり見つからないな‥。たまに見かけても本当にいいかどうか判断に困るし。ざっくりと介護の営業職の求人の実態を知っておきたいなり。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 介護営業職の求人の需要と現状
  • 介護営業職の求人条件について
ユウ:この記事を書いているぼくは、介護の営業職として働いて9年目。採用にも携わっていまして、面接官もしています。

この記事を読み終えたあとは、介護の営業職の求人の探し方や相場を理解することができます。

※3分でサクッと読めます。
8年間の見識をギュッと凝縮しました。

それではまいりましょう( ˆoˆ )/

介護業界の営業とは

概要を下記の記事にまとめたので、『イマイチまだちょっとわからぬ‥。』という方は覗いてみてください。

介護業界での営業の重要性【実態と課題をセットで解説する】

介護営業職の求人の需要と現状


介護の営業職はどんな感じなのか、解説していきます。

介護営業職は実は結構レア求人です

レアです。探してもそんなにたくさん出てこないのではないですか?

実際ぼくの会社も営業職の求人を出すスパンは短くピンポイントで出します。

そして採用が決まったらすぐ求人をストップさせます。
特に営業の専門職として求人を出すところは少ないです。

求人が多いのは福祉用具

営業をメインとした業務として求人を出すのは、介護業界では福祉用具の業者が圧倒的に多いですね。

仕事内容については下記の記事で解説しています。
福祉用具専門相談員のケアマネ営業【コツと求められるスキルも解説】
またこちらも福祉用具の業者に多い求人ですが、営業事務(もしくは営業支援)もあります。

営業マンのサポート的な業務をする職種です。
詳しく知りたい人は下記の記事よりどうぞ。
介護の営業事務について網羅的に解説【仕事内容や特徴、メリット等】

介護営業職の求人の見つけ方

上記のとおり、結構レアなので見つけるのに割と苦労します。
じっくりと待ちましょう。

『今すぐ探したいのだ!』ていう方に向けて探し方を。
結論は、下記のワードで探してみることです。

  • その①:相談員
  • その②:管理職
  • その③:コーディネーター

上記のとおり、『営業職』としては表記(募集)せず、複合的な業務の一部として営業がありますよっていうテイで求人を出しているところは結構多いです。

介護営業職の求人条件について


気になるところを網羅的に解説していきます。

年収

給与に関しては下記の記事で解説しています。
気になるところだと思うので是非チェックしてみてください。
【職種別に解説】介護の営業職の平均年収とランキング【50社比較】

雇用形態

正社員での募集が多いはずです。

ぼくの会社でも女性でパートとして営業の部署に所属していた人が数人いましたが、漏れなくいつの間にか正社員になってました。

業務委託ではなく、自社での営業マンとなると数字的な部分もシェアすることになるので正社員である場合が多いです。

土日休みが多い

介護職と言えば土曜日出勤等々のイメージがありますが、営業の専門職となると土日休みの日勤オンリーであることが多いはずです。

なぜなら営業ターゲット(ケアマネジャー)もそうだからです。

もちろん前述したとおり、会社によっては現場との兼務を条件としているところもあるので要チェックですね。
その他細かい仕事内容に関しては下記の記事でまとめています。
介護の営業職での仕事内容と適正について【新卒9年目のぼくが解説】

また、『これから求人に応募するぞ!』という方の為に介護の営業職で効果的な志望動機の書き方や伝え方について下記の記事で解説していますのでよかったら参考にどうぞ。
介護の営業職の志望動機の書き方【3つのポイントをおさえればOK】

まとめ:介護の営業職の求人は結構レア


冒頭からの繰り返しになりますが、介護の営業職の求人案件は結構レアです。
『どうしても介護の営業がしてみたい!』という方は、別のワードで探してみてください。

個人的におすすめは福祉用具。
福祉用具は就職先の選び方さえ間違わなければ十分楽しく営業ができると思います。

そうじゃない場合は気長に待ちつつ、コツコツ準備だけすすめておくことをおすすめ致しまする。

ということで今回は以上です。
ポジショントークに聞こえるかもしれませんが、介護の営業職はおすすめです。

割とハードルも低めですので是非チャレンジしてみてください(^o^)/

介護系に強い転職エージェントを紹介した記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました