【全てわかる】介護系転職エージェントの上手な活用方法と登録前の心得まとめ

【全てわかる】介護系転職エージェントの上手な活用方法と登録前の心得まとめ 転職エージェント

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護の転職エージェントを利用するつもりなんだけどなんだか不安。
上手な活用方法を教えて。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
予め起こり得る問題に対してしっかり準備しておきたいわ。
ユウ
ユウ
転職エージェントの利用は中々ハードルが高かったりしますよね。

ということで今回は、

「転職エージェントの利用に対して不安がある人」
「転職エージェントをうまく利用したい人」

のために、介護系の転職エージェントの利用について網羅的に解説していきます。

これから利用しようとしている人も今現在利用している人まで、様々な疑問が解決できるようになっています。
本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 介護職員の紹介会社と繋がりがある

ユーザー側とサービス提供側の両者の視点からお届けしていきます。

それでは参りましょう^^

かいご畑

【介護】転職エージェントに登録する前の2つの心得

【介護】転職エージェントに登録する前の2つの心得
下記のとおりです。

  • 企業>ユーザー
  • 回転率という指標

上記の2つのことを事前に心得ておくと転職エージェントに対するイライラの発生を抑えることができます。

利用にさいして余裕が生まれ、結果として円滑な転職活動にむすびつきます。

ひとつずつサクッと解説していきます。

【介護】転職エージェント登録前の心得(1):企業>ユーザー

まず厳しいことを言うようですが「傲慢さ」を捨てましょう。
具体的に言うと「お客様は神様だ!」という考え方ですね。

そもそもユーザーは厳密に言うとお客様ではないんですよね。
転職エージェントにとっての真のお客様は「企業」だからです。

なぜなら転職エージェントや紹介会社は企業から報酬を得ているからです。

いくらユーザーファーストのサービスが大切であろうが最終的に優先されるのは直接報酬を払っている企業です。

前述したとおり、傲慢さが強ければ強いほど転職エージェントの一挙手一投足にフラストレーションを溜めてしまう原因になります。

まずはこの点を把握しておきましょう。

【介護】転職エージェント登録前の心得(2):回転率という指標

転職エージェントは基本的にはあなたの転職を急かします。
理由は「回転率」を上げるためです。

1人の転職終結までにかかる期間を短くすればするほど転職エージェントの利益率は高まります。

転職エージェントもボランティアではなく利益を追求する会社ですので先程の件と併せてこの2つのことは念頭に置いておきましょう。
ユウ
ユウ
上記を踏まえた上で上手な5つの活用方法を解説していきます。

【介護】転職エージェントを最大限活用する5つの方法

  • その①:任せっきりにしない
  • その②:実績を確認する
  • その③:最初にかます
  • その④:遠慮をしない
  • その⑤:複数利用

それぞれ順番に解説していきます。

転職エージェントを使い倒す!方法(1):任せっきりにしない

「転職エージェントは何でもしれくれるから任せとけばいい!」はかなり危険な思考です。

依存しすぎるとフラストレーションが溜まっていくケースがかなり多いからです。

「全部お任せ!」ではなく、利用するという意識がベストです。

あくまで主体は利用者自身。
選ぶのも決めるのも自分です。

転職エージェントを使い倒す!方法(2):実績を確認する

続いてちょっと具体的な方法です。

    エージェントが紹介してきた求人をそのまま受け取るのではなく、自分なりにもできる限り調べましょう。

また利用している転職エージェントから就業した実績がないかしっかりと確認しましょう。

転職エージェントを使い倒す!方法(3):最初にかます

エージェント(アドバイザー)がついた最初にかましておくと主導権を握ることができます。

予め連絡の頻度や希望する条件をはっきりと伝え、少しでも満たさない場合は絶対に利用しないと強く言ってしまってOKです。

転職エージェントはたくさんありますからね。
下手に出ないことです。

とは言えあまりにも見下したりするような態度はNGですが。

「自分は軸を持っていてブレませんよ!」

ということを最初にアピールしておくことです。

転職エージェントを使い倒す!方法(4):遠慮をしない

「こんなにしてくれたから‥。」

とか

「悪いな‥。」

とか思う必要はありません。
遠慮をしていたら転職活動はスムースに進みません。

疑問に思ったことや、少しでも嫌だと思ったらこちらもはっきりと伝えましょう。

転職エージェントを使い倒す!方法(5):複数利用

リスクヘッジをしておきましょう。
複数利用がマストです。

一社に依存するとそれこそ言いなりになってしまう可能性がありますし、複数登録すると視野が広くなります。

とは言え多すぎると管理も大変になってくるので多くて2〜3つくらいでちょうど良いと思います。

介護系に強いおすすめ転職エージェントをチェックしにいく!

活用方法が分かっても、エージェントはロボットではなく人。
どうしても合う合わないがあります。

あなたに合わないエージェントにあたった時の対処法をそれぞれ解説していきます。

エージェントがどうしてもムカつく時のシンプルな2つの対処法

上記の記事でくわしく解説しています。

また、「こんなエージェントがいてムカつく!」というリアルな声や事例を集めました。

ムカつく理由も解説しています。

エージェントも人ですので合う合わないが必ずあります。
利用前にお目通ししていただくことをおすすめいたします。

転職エージェントがしつこい時の5つの対処法

下記のとおり。

    その①:サイト型に乗り換えてみる
    その②:担当者をチェンジする
    その③:担当者に伝える
    その④:条件を絞る
    その⑤:退会する

上記の記事でくわしく解説しています。

先程の「ムカつく!」と同様に転職エージェントをイメージづける要素のひとつが「しつこい」です。

先程と同様にトラブル事例もまとめて載せていますので参考にどうぞ。

ユウ
ユウ
転職エージェントに対するモヤモヤが解消されたら、最後に「選び方」を見ていきましょう。

介護系転職サイト・エージェントを選ぶ時の5つのコツ

下記のとおり。

    その①:求人数
    その②:付加価値
    その③:対応エリア
    その④:エージェントの質
    その⑤:リアルな口コミを自分で調査

上記の記事でくわしく解説しつつ、よくある質問への回答も行っています。

転職エージェントは上手に活用できれば無双ツールになります。
本記事が少しでもそのお手伝いになれば幸いです。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました