介護の人材派遣の営業とは?【やりがいときつい所と今後について】

介護業界の営業職
介護の人材派遣の営業に興味がある人:介護の人材派遣の営業ってどんなことするの?てかどんな感じ何だろう。きついのかな、やりがいはあるのかな、知りたいでござる。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 介護業界の人材派遣の営業とは
  • 介護の人材派遣営業のやりがいときついところ
  • 介護の人材派遣の今後について
ユウ:この記事を書いているぼくは、介護業界で管理職として働いています。派遣会社の営業マンと話す機会が多く、今回仲良くなった営業マンから実情を聞いてきました。企業側からの視点での考察もお届けしていきます。

この記事を読み終えたあとは、介護の派遣営業についてまるっと理解できます。

※3分でサクッと読めます。
8年間の見識をギュッと凝縮しました。

それではまいりましょう( ˆoˆ )/

介護業界の人材派遣の営業とは


求職者と介護系企業とをマッチングさせる仕事です。

求職者への働きかけ

  • 手順①:ヒアリング
  • 手順②:紹介
  • 手順③:アフターフォロー

ぞれぞれ順番に見てきましょう。

ヒアリング

希望の条件等を細かくヒアリングします。

しっかりと行わないとトラブルの原因につながります。
傾聴しつつ、しっかりと関係構築が必要ですね。

紹介

希望の条件に合う企業を紹介します。

意向を汲み取りつつ乱暴な紹介はせず提案していくスキルが必要ですね。

アフターフォロー

就職した後もしっかりとフォローが必要です。
サポートや相談に乗るといった感じ。

時には企業に言い出せないことも代弁することも。

介護系企業への働きかけ(営業)

  • その①:アポイント
  • その②:飛び込み営業
  • その③:ルート営業

こちらも深掘りしてきます。

アポイント

テレアポやDMを使って介護施設などにコンタクトを取ります。

飛び込み営業

アポと同時並行で新規開拓の飛び込み営業も。

ルート営業

取引がある企業に対しても定期的なアプローチをかけます。
運営状況やスタッフ増員の意向を敏感に察知する必要があります。

企業によっては上記の2者へのアプローチを分けているところもあるかもですが、ほとんどは双方に関わることが多いみたいです。

介護人材派遣営業の年収

固定給+インセンティブでおおよそ400〜600万円くらい。

介護の人材派遣営業のやりがいときついところ

やりがい
下記のとおり。

  • その①:企業のトップレベルとのコネクションができる
  • その②:インセンティブ制度
  • その③:感謝される

順番に解説していきます。

企業のトップレベルとのコネクションができる

営業先が決済権を持つ人がメインなので上層部とのコネクションができます。

そのまま自分自身の転職に繋がる場合もあります。
関係構築できれば多くのことを学ぶ機会が生まれるかと。

インセンティブ制度

冒頭のとおり、人材派遣の営業は成約単価も高くインセンティブ制度を導入しているところが多いです。

成果報酬型の仕事は、大きなやりがいのひとつです。

頑張って成果を出した分だけお金がもらえるのは単純に嬉しいですよね。
流れ作業が嫌いな人にはおすすめです。

感謝される

きちんと職員と企業のニーズにマッチさせることができれば双方から感謝されます。

人の役に立てているという実感は自己肯定感にもつながりますよね。

きついところ
下記の4つがあげられます。

  • その①:差別化が難しい
  • その②:門前払いも多い
  • その③:スタッフの管理
  • その④:業務の量が多い

こちらも順番に解説していきます。

差別化が難しい

モノやサービスを売っているわけでは無いので差別化が難しいです。
つまり営業も中々に難しい。

強みや謳い文句は営業する上で大きなアドバンテージとなるので、それが生み出しづらいのはきついところですね。

門前払いも多い

後述しますが介護の人材派遣会社の数はかなりたくさんあります。

なので介護施設や介護事業所にはしょっちゅう営業が来るので門前払いされることが結構数あるそうです。

精神的にきついですね。
ここに耐えられるか否かが重要でしょうね。

スタッフの管理

施設や企業への営業だけではなく、職員との関係構築も重要。
人の管理は結構骨が折れますよね。

まさに千差万別でいつも同じやり方や接し方が通用するはずもなく。

急なドタキャンやクレームも上がってくるそうです。

業務の量が多い

冒頭でもお話ししたとおり、業務が結構多岐に渡るので慣れるまではきついかもしれませんね。

その分がむしゃらにやれば成長速度も早いでしょうが。

就職を検討している人はサポート体制が十分なのかしっかりと確認する必要がありそうですね。

介護の人材派遣の今後について


結論は、縮小していくと思います。
理由は既に飽和状態だから。

需要の低下予想

また、今はほとんどの介護系の企業が求人に関して外部(派遣会社や求人サイト)に依存している傾向がありますが、コストも結構かかりますので各会社独自の集客方法を練っているはず。

実際にインターネットを使用した発信活動等での集客成功例もチラホラ見ます。

なので就職を検討している方はできるだけ大手を探すことをおすすめします。
ベンチャーとかだと少し様子を見る期間が必要かと思います。

ということで今回は以上です。
繰り返しになりますが、介護派遣の営業をしてみたいと考えているのなら大手を中心に探していくのがマストだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました