【チェックシート付き】介護転職初日に持っていくものと当日の流れ【体験談も有】

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界に初めて転職するんだけど初日ってどんなことするの?不安だ。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私は2回目の転職なんだけどいつも何か忘れちゃうのよね。何を持っていけばいいんだっけ?
ユウ
ユウ
何事も初めての瞬間は緊張しますよね。

ということで今回は、

「介護転職初日をスマートに乗り越えたい人」
「できる限り不安を消し去りたい人」

のために、転職初日の流れと準備しておいた方がいいものを解説しつつ、みんなの体験談も紹介していきます。

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている

【介護転職初日】出勤前のチェックシート


早速ですが下記のチェックシートをご活用ください^^

初出勤日に持っていくもの15選
□印鑑
□写真
□仕事着
□マスク
□スマホ
□筆記用具
□年金手帳
□健康診断書
□源泉徴収票
□マイナンバー
□各種資格者証
□クリアファイル
□雇用保険受給資格者証
□通帳又はキャッシュカード
□住民票記載事項の証明書

上記のとおりです。
一応サクッと解説しておきます。

初出勤日に持っていくもの(1):印鑑

シャチハタ以外が望ましいです。

また朱肉やマットも持っていった方が良いです。
おすすめなマットがありまして。

これなんですが、確か東急ハンズで買いました。

マットとしても下敷きとしても使えて非常に優秀です。
印鑑がなくなりつつある世の中ですがまだまだ介護業界には残っています。

初出勤日に持っていくもの(2):写真

社員証に必要な場合があるので、要求されている人はお忘れなく。

初出勤日に持っていくもの(3):仕事着

支給されているものがあればそれを。

ユウ
ユウ
また、もし現場に入る機会がありそうなら汗をかいた時の下着の替えや意外と靴下が濡れたりするので予備があると良いです。

初日に現場がなくてもロッカー等に置いておいても良いですね。

初出勤日に持っていくもの(4):マスク

今の時代のスタンダードですね。
マスクケースや除菌グッズと一緒に。

初出勤日に持っていくもの(5):スマホ

これは忘れないでしょうが一応。

初出勤日に持っていくもの(6):筆記用具

ボールペンとメモ帳がマストです。
後述しますがメモ帳はかなり大切です。

初出勤日に持っていくもの(7):年金手帳

ほとんどの会社で要求されているはず。

初出勤日に持っていくもの(8):健康診断書

会社の経費で直近に受けた人は領収証もお忘れなく。

初出勤日に持っていくもの(9):源泉徴収票

こちらも必要書類ですね。ない場合は事前に再発行してもらっておきましょう。

初出勤日に持っていくもの(10):マイナンバー

今はほとんどカードになっているはずですが、まだ発行してもらってない人は個人番号通知書ですね。

初出勤日に持っていくもの(11):各種資格者証

業務に必要な資格や、手当がつく資格の証明証もお忘れなく。

初出勤日に持っていくもの(12):クリアファイル

以外にあると便利です。
書類を渡された時に綺麗に保管できますからね。

初出勤日に持っていくもの(13):雇用保険受給資格者証

お忘れなく。

初出勤日に持っていくもの(14):通帳・キャッシュカード

お給料の振り込みに必要ですよね。

初出勤日に持っていくもの(15):住民票記載事項の証明書

こちらも初日に要求されている場合はお忘れなく。

補足:身なりも整えておく

初日はあなたへの第一印象が決まる場面ですから身なりには細心の注意を払って望むようにしましょう。

特に男性の場合髪型は重要ですので必ず整えておきましょうね。

【介護転職】初日にする3つのこと

    その①:挨拶まわり
    その②:オリエンテーション
    その③:体験・見学

上記のとおりです。
それぞれ順番に深堀りしていきます。

介護転職初日にすること(1):挨拶まわり

言わずもがなですが挨拶はマストなのである程度対策していく必要があります。

下記の記事で例文も紹介していますので参考にどうぞ。
※参考:入社時に嫌われない!正しい挨拶の仕方【丸暗記OKです】

利用者よりも同僚を覚える
介護と言えば「利用者の名前をまず覚えるのが先決!」と考える方もいるかもしれませんが、そこは普通の企業と同様に同僚の顔と名前から覚えていってください。

利用者よりも当然長く深く付き合っていく存在ですから。

介護転職初日にすること(2):オリエンテーション

ほとんどの企業は初日はオリエンテーションで終わるはずです。

初日から速攻現場に入らせるところは少しブラックの匂いがするので要注意です。

「メモる」はマスト
オリエンテーションに限らずですが、先輩や上司同僚に至るまで初日はとにかくメモりましょう。
その際にスマホではなくメモ帳を使うのがポイントです。

IT化がすすむ昨今ですが介護業界に限らずまだまだアナログなところが多いですし、定着しています。

スマホでメモると嫌悪感を抱かれます。

    話を聴きながらふむふむとうなづきながらメモることはある種パフォーマンスになり、評価を一定程度担保する行為になります。

介護転職初日にすること(3):体験・見学

前述したとおり、ほとんどはオリエンテーションまでだとは思いますがワンチャン見学や実際に業務に入ったりすることがあるかもしれません。

【介護転職】初日の感想まとめ

プラスな声

マイナスな声

初日から辞めたくなる例も
悲しい現実ですがツイートにもあるように、初日から「辞めたい‥。」と転職を決意する人も存在しています。
介護業界では転職を繰り返す例も少なくありません。

ガチャみたいなもので入社する前から100%ホワイトで自分に合っているかどうかを確認するのは不可能だからです。

成功率を高めることはできますが。

保険をかけておく

なので、万が一の時のために保険をかけておくことをおすすめします。
すぐに動けるし無駄な労力を極力削ぎ落とすことができます。

転職がいかに疲れるかは身にしみて感じていることとお察しします。

登録だけしておいていざと言うときのために条件設定だけして寝かせておけばOKです。

転職エージェントは複数登録がマスト
    もしかしたら今回の転職ですでに転職エージェントを利用した方がいるかもですが、もし1社だけしか使っていなかったのならもう1〜2社くらい登録しましょう。

若干高い条件で設定だけしておくとチャンスが来た時も慌てずにすみます。

介護系に強い転職エージェントは下記の記事で紹介していますので参考にどうぞ。
※参考:介護系に強いおすすめ転職エージェント3選

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました