【保存版】介護転職の完全ロードマップ【全てまとめた無料のガイドブック】

介護転職

こんにちは、ユウ(@yuyuhoimin)です。
介護業界で働いて10年目、管理職をしつつ外部研修の講師をやったりしています。

今回は、介護転職の基礎知識からベテランまで使えるリアルな情報とノウハウをまとめた『介護転職の完全ロードマップ』を無料公開します。

介護転職の完全ロードマップとは?


介護をしたことがない全くの未経験社から、すでに働いているけど転職したい方向けのまとめページです。

    ロード①:働き方を決める
    ロード②:転職ノウハウを習得する
    ロード③:転職エージェントを決める

上記の3部構成となっております。

この記事を上から順番に読んでいくことで介護転職の基礎とテクニックを網羅的に習得することができ、今よりも良い環境(人間関係など)と待遇(年収アップ)に近づきます。

ちなみに低賃金と言われる介護職ですが、平均以上の給料をもらっている介護職員は確実に存在します。

ぼくもそのうちのひとりです。

介護業界の悲しい現実

ぼくが介護業界に携わって10年の間に日本全国さまざまな介護施設や事業所に訪問してきましたが、

「正直ここではたらくのはきついな‥。」

というようなところから

「ここで働いてみたい!」

というところまで千差万別でした。

ブラックなところとホワイトなところが完全に二極化していたんですね。
そして悲しいことに割合的にはブラックなところの方が多かったです。

この事実から、少しでもホワイトなところに当たる人が増えるように本記事を作成しました。

本記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、

  • 面接官として実際に人事に携わっている
  • 総フォロワー4500名からリアルな声を収集
  • 求人サイト・紹介会社からヒアリングを実施
メディア掲載歴

※本記事は一気にすべて読む必要はありません。
3つの各フェーズごと、必要時に必要な箇所をチェックしてください。

すぐにチェックできるようにブックマークしておくことをおすすめ致します。

特に転職エージェントに関しては群雄割拠の時代ですので最新情報が入りしだい、本記事も併せて更新していきます。

それでは下記よりご覧くださいませ。

【ロード①】働き方を決める

上記が全体像をまとめた記事になります。

まずは介護業界での転職に関するさまざまな不安を解消しましょう。

先にネタバレしておくと、無資格でも、高年齢でも、未経験でもそこまで大きく採用率を下げたり悪影響を及ぼしたりしません。

まずはそれを理解した上で読みすすめて行ってください。

  • 勤務形態
  • 年齢の不安
  • 選択肢を広げる
  • ライフスタイル毎の不安

上記の介護業界での転職の方向性や、疑問を解決するための記事を4本見ていきましょう。

【介護転職】勤務形態に関するよくある質問まとめ【業界10年目が解説】
「介護職に転職したいんだけど、自分にあった勤務形態で働けるか不安だ。」←こんな悩みに答えます。本記事では介護歴10年目の筆者が、介護職の働き方に関するよくある質問をピックアップして網羅的に解説しています。

【中高年が有利?】介護転職の年代別攻略法まとめ【年齢制限はありません】
「介護業界に転職しようと思ってるんだけど年齢制限とかってあるのかな?中高年にはもう厳しい?」←こんな悩みに答えます。本記事では介護歴10年目の筆者が、介護職員の年齢に関する問題から、各年代の介護転職の際の注意点やポイントを解説しています。

【介護転職】経験を活かせる現場以外の仕事7選【大穴は人材紹介です】
「介護の経験を活かせる現場以外の職種ってどんなのがあるんだろう?人材紹介会社の人って介護経験有りの人結構多い気がするけどどんな感じ?」←こんな悩みに答えます。本記事では介護歴10年の筆者が、おすすめの職種を6つ厳選しつつ、当事者に聞き取りをしたリアルな情報を紹介しています。転職を検討している人は必見です。

【業界10年目が解説】介護転職におけるリアルな12の不安まとめ
「介護転職したいんだけど色んな不安があって中々足が動かない‥。」←こんな悩みにお答えします。本記事では介護業界に勤めて10年目の筆者が、介護転職に関する様々な悩みをまとめて解説しています。

【ロード②】転職ノウハウを習得する

上記が全体像をまとめた記事になります。

次に介護転職を成功に近づけるためのノウハウを習得していきましょう。

習得と言うと難しく聞こえますが要は「知っておく」ということです。

こと転職に関しては細かい情報やテクニックを知っているのと知らないのとでは想像以上に差がつきます。

また、前述したように介護業界にはまだまだブラックな企業が多いので準備せずに挑むのは無謀です。

武器を持たずに戦場に行くようなもの。
情報は武器になります。

  • 転職先の見極め方やベストなタイミング
  • 採用率や待遇を良くするテクニック
  • 面接突破方法と初出勤までの流れ

上記のポイントを把握するための記事を3本見ていきましょう。

【介護転職の準備】働きたい職場を見つけた後に読む記事【転職活動の流れ】
「良さげな介護の職場を見つけたから、準備しようと思ってる。どんな感じで転職活動を進めていけばいいかわからない。」←こんな悩みに答えます。本記事では介護歴10年で面接官もしている筆者が、希望先が決まったあとの動き方について網羅的に解説しています。

【介護転職を成功させるための正しい8つのコツ】現役面接官が解説!
「介護職として転職してもう数回目‥。今のところも自分には合わなかったなー。今度こそ転職を成功させたい!」←こんな悩みに答えます。本記事では介護歴10年で面接官としても人事に携わっている筆者が、介護転職の成功率をガツンと上げる3つのコツを順を追って解説しています。介護転職で悩んでいる人は必見です。

【介護転職】未経験者が絶対に知っておくべき5つの事【無資格でOK】
「介護業界に転職しようと思ってるんだけど未経験・無資格でも大丈夫なのかな?わからないことが多すぎる。」←こんな悩みに答えます。本記事では介護歴10年目の筆者が介護の仕事が自分に向いているかどうかわかるように網羅的に、かつ赤裸々に実体験から介護業界のリアルをお届けしてます。介護業界に興味がある人は必見の内容になっています。

【ロード③】転職エージェントを決める

上記が全体像をまとめた記事になります。

最後に介護転職では鉄板ともいえる転職エージェントについての理解を深めて120%活用できるようになりましょう。

転職エージェントを制するものは転職を制すです。

転職エージェントに関してはネット上で賛否両論わかれるところですが、確実に利用した方が良いです。マストです。

その辺の理由や攻略方法もセットで解説します。

  • 介護系転職エージェントの活用方法とQA
  • 人気・特典・質ごとに分けたランキング
  • 最も利用されているエージェント5社を比較

上記の3つを理解してあなたに合った最適な転職エージェントをピックアップして使い倒しましょう。

くどいようですが『転職エージェントを制するものは転職を制す』です。

【全てわかる】介護系転職エージェントの上手な活用方法と登録前の心得まとめ
「介護の転職エージェントを利用するつもりなんだけどなんだか不安。上手な活用方法を教えて。」←こんな悩みに答えます。本記事では介護歴10年目の筆者が介護系の転職エージェントの利用について効率的に活用するための方法を網羅的に解説していきます。

介護転職サイト・エージェントランキング15選!人気・特典・アドバイザーの評判別に分けて紹介
「介護で転職を考えているんだけど、サイトやエージェントがたくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない‥。カテゴリー別でランキングが整理されていると助かるわ。多すぎても見るの面倒くさいし‥。」←こんな悩みに答えます。本記事では介護業界で働いて10年目で大手求人サイトとも関わりがある筆者が、利用者が気になる観点別に分けてランキング形式で紹介しています。介護業界での転職を考えている人は必見です。

【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ
「介護系でおすすめの転職サイト、転職エージェントを教えて欲しい。自分に合ったサービスを選びたい。」←こんな悩みを解決します。本記事では介護業界で9年以上働いている筆者がおすすめの介護転職サイト・エージェントを比較して選び方まで紹介しています。介護業界で働いてみたい、又は今の職場から抜け出したいと思っている人は必見です。

まとめ


最後まで読んでいただきありがとうございました。
このロードマップを完成させるまでに約1年くらいかかりました。

冒頭でもおはなしさせて頂いたとおり、ぼく自信じっさいに面接官として人事にたずさわりたくさんの転職希望者とかかわってきました。

かたわら、たくさんのリアルな声も集めつつ、多くの求人サイトや紹介会社の担当者からヒアリングしながらこのロードマップをコツコツ作り上げていきました。

    また、仕事がら日本全国たくさんの施設や事業所を見てきましたがその経験からわかったのは、介護業界にもホワイトな企業は確実に存在しているということです。

最近ではブラックな企業は淘汰されつつ良質な企業も増え出している印象です。

なので諦めずこのロードマップをご活用ください。
このロードマップがあなたのより良い転職の一助になれば幸いです。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました