訪問入浴のヘルパーは辛い?内容や給料やりがいをまとめて解説する

仕事内容
訪問入浴で働こうかと思っている人:訪問入浴のヘルパーってどんな仕事?何か特殊な技術が必要だったりするのかなぁ。私でもできるかな?

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 訪問入浴のヘルパーとは?
  • 訪問入浴ヘルパーの具体的な仕事手順
  • 訪問入浴ヘルパーの給料は?
  • 訪問入浴ヘルパーのやりがいときついところ
ユウ:この記事を書いているぼくは、訪問入浴に携わって9年目。

この記事を読めば、訪問入浴のヘルパーがどんな仕事なのか、その全貌がわかるようになりますので是非最後までお付き合いくださいませ。

※3分でサクッと読めます。
8年間の見識をギュッと凝縮しました。

それではまいりましょう( ˆoˆ )/

訪問入浴のヘルパーとは?


ズバリ、お母さんです。
サッカーで言うならミッドフィルダーです。

3二人で動く訪問入浴チームの潤滑油的な役割があるからです。

ヘルパーが裏方としてチームを回し、ある時はリーダーにもなったり。

訪問入浴サービスにおける要のような存在です。

オペレーターと看護師を繋ぐ架け橋

オペレーターと看護師どちらにも接する機会が多いです。

後述しますが時には看護師に指示を出したり、
オペレーターのサポートをしたり。前述したとおり、さながらお母さん何です。

必要なスキル

オペレーターもそうですが、始めるにあたって介護福祉士やヘルパー1級などの資格や経験は一切必要ありません。

ちなみにオペレーターの仕事内容については»訪問入浴のオペレーターの給料や求人、特徴まとめ【女性もできる】にて詳しく解説しています。

最近のトレンドを見ていると割と若い女性が入ってくることが多いかも。

訪問入浴ヘルパーの具体的な仕事手順

  • 手順①:申し送り
  • 手順②:搬入
  • 手順③:準備
  • 手順④:移乗介助
  • 手順⑤:シャンプー
  • 手順⑥:洗体
  • 手順⑦:移乗介護
  • 手順⑧:片付け

上記のとおり。
ひとつずつそれぞれ順番に解説していきます。

手順①:申し送り

事業所や朝礼でも申し送りはしますが、車内でも細かな申し送りがありまして、それを中心的に行うのがヘルパーです。

オペレーターは運転しているのでそこまで会話に集中できない。

看護師は多くの会社が派遣を利用していますので初めてくる派遣の看護師に申し送りや作業の手順を教えたりします。

手順②:搬入

オペレーターほど重たい荷物は持ちませんが、細々した物品やリネン類を入浴車から自宅まで運びます。

手順③:準備

浴槽設置のサポートや、着替えの確認から適温のお湯作りをします。

この時はオペレーターは外にいることが多く、看護師はバイタル等の確認をしたりしています。

手順④:移乗介助

オペレーターがメインですがサポート的にヘルパーも移乗介助に加わります。

手順⑤:シャンプー

個人的にはヘルパーの1番の腕の見せ所だと思っています。

オペレーターでも看護師でもなくヘルパーが担当する会社が多いです。

シャンプー受けてる時の利用者の表情はとても満足気でついつい長くなりがちなので気を付けましょう。

手順⑥:洗体

看護師と一緒に半身ずつしっかりと洗体していきます。

手順⑦:移乗介護

入湯時と同様にベッドに戻る時にも当然移乗介助が入ります。

手順⑧:片付け

オペレーターと浴槽を出したり、ホースを渡したり、使用した浴槽を洗ったり、ちょこっと看護師のサポートで着衣介助をサポートしに行ったり。

    冒頭のとおりまさにサッカーのミッドフィルダーみたいな感じでフレキシブルに動きます。
訪問入浴の動画
【全部わかる】プロが寝たきりの人を入浴介助【訪問入浴】【高層マンションでの対応方法】

百聞は一見に如かずと言うことで動画を作りました。
解説つきなのでわかりやすいと思います。

訪問入浴ヘルパーの給料は?

結論は3人の中では1番低いです。

看護師はそもそも高いですし、オペレーターも運転や力仕事の割合が大きいので高め。

でもある意味1番大変な仕事とも思うけどなぁ‥。上がらないの?
実際に不貞腐れる人も結構いますよ。確かにそう思いますよね。

キャリアアップも可能

僕は8年間いろんな土地で訪問入浴の事業所を見てきましたが、女性での管理者や所長などの役職者も結構いますよ。

キャリアアップは全然狙えます。

割合で言うとまだまだ男性の役職者の方が圧倒的に多いですが、そもそも管理職につきたいと思う女性ヘルパーが少ないと言う実態もあります。

なので給料アップを目指すなら資格取得で手当てを狙うか、やる気のある人はキャリアアップを狙ってみるのもアリです。

訪問入浴ヘルパーのやりがいときついところ


働く前にやりがいと辛いところを確認しておきましょう。

訪問入浴ヘルパーの辛いところ

まずはつらいところから。

結論は、メンバーによっては負担がかなり大きくなることがあることです。

冒頭でもお話ししたとおり、お母さん的な存在と言ったのはこの意味も含まれています。

看護師は派遣で、オペレーターは新人という状況だとヘルパーがオペレーターの手伝いもしつつ、看護師にも指示を出しつつで結構忙しくなります。

給料の話に戻りますが割に合わないと感じる人も多いでしょう。
ただ逆に他2人のメンバーが強ければヘルパーは急に楽になります。

なのでヘルパーによっては一緒に車に乗る人を選びたがり。(笑)

訪問入浴ヘルパーのやりがい

こちらも結論から先に言うと、3人の中で『利用者と1番近い存在になることができる!』です。
1番利用者といる時間が長いですし、1番利用者のことを知るようになります。

『あなたが来てくれるから嬉しい。』

と言う利用者からの言葉は何ものにも変えがたいですし、覚えてもらえると単純に嬉しいですからね。

そうなりすぎるのも注意が必要なんですけどね。

ということで今回は以上です。

訪問入浴のヘルパーは3人の中で給料こそ1番低いですがアップさせる方法もありますしやりがいもたくさん。

黒子役ができる人、裏回しが得意な人はまじで向いてると思いますのでぜひ検討して見てください( ˆoˆ )/

おわり。

人気記事【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました