【面接官が解説】3つの転職対策!ブランク有りが介護職に戻るのは難しい?

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
前に介護職として働いていたんだけど退職して2年くらいブランクができちゃった。
もう一度介護職として復帰するのって難しかったりするのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
リアルな現状や注意点、コツなんかがあれば知っておきたいわ。
ユウ
ユウ
ブランクがあると不安になりますよね。
特に仕事は人生において多くの時間を占めるのでなるべく失敗したくないですよね。

ということで今回は、

「ブランクがあっても介護職に戻れるか不安な人」
「復帰する際に気をつけることが知りたい人」

のために面接官の見識をフルに活かしつつ、リアルな現状と具体的な3つの対策方法を解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いてるぼくは完全素人から介護職になり、9年間管理職・面接官として全国を飛び回り、社内社外のたくさんの職員を見てきました。
  • 大手転職サイト数社からのインタビュー経験もあり介護・転職奏法の業界について詳しいです。

ブランクがあると介護職に戻るのは難しい?


結論は、そこまでマイナスにはなりません。
むしろ条件次第ではキャリアアップしやすくなる可能性もあります。

面接官としてブランクがる人を採用し、経過を見ていて実感しています。

なぜマイナスにならない?

ブランクがある理由や背景、伝え方によって必ずしもそうであるとは言えませんが逆にそれらを対策して望めば前述したようにむしろ有利に働くことさえあります。

特に中高年の方の復帰は昇格の速度が尋常じゃないくらい早かったりします。
実際にぼくの会社でも出戻りでハンパないスピードで出席していった人がいます。

下記の記事の中でも解説していますので興味のある方は是非チェックしてみてください。
»【介護転職での正しいキャリアアップの方法とモデル】10年目が解説!

繰返しになりますが工夫(対策)次第で全然変わってきます。
鍵となるのが転職する瞬間です。

ここのフェーズでいかにアピールできるかは、もう既にご存知の方も多いようにとても重要です。

以下より対策方法を解説していきます。

ブランク明け介護士の3つの注意点

    その①:体づくり
    その②:知識のアップデート
    その③:面接対策

上記のとおり。
「心・技・体」での準備をしましょう。
それぞれ順番に解説していきます。

【体】転職(復帰)時のポイント(1):体づくり

介護はまさに体が資本の仕事ですので体力作りは少しだけでもいいのでやっておきましょう。

マジで馬鹿にできないのです。
なので「はいはい」と思わず軽い筋トレやウォーキングなどの運動をしておくことをおすすめします。

ユウ
ユウ
僕も30歳を超えだしてから体の節々が痛かったり、体が重かったりしているので毎週整体に通い、週に2〜3回は軽い筋トレとストレッチをしています。

【心】転職(復帰)時のポイント(2):知識のアップデート

特に介護保険制度ですね。
これはもう生き物です。

随時整備と変更をしていくものなので自分が関わる仕事に関する制度等はググっておいたり、先輩に聞いておくほうがいいです。

「ああ、これはこうだよね!」と慢心していたら痛い目にあうことも。
とは言え限度もあると思うので可能な限りでOKです。

SNS等でそういった情報を定期的に発信している人を見つけるのもいいですね。

【技】転職(復帰)時のポイント(3):面接対策

ここが最重要でして、心配な人も多いのではないでしょうか?
実際に僕も採用か不採用かを決めるのは履歴書ではなく面接での印象です。
ブランクについて質問されることもあると思います。

他の記事では志望動機の書き方とかを提案していますが本記事では本質だけサクッとお伝えします。

結論は「ブランクの期間に何を得たのか」を伝えることができれば大きく採用に近づきます。
何を得て今はどのような状態であるかを明確に伝えるようにしましょう。

例えば育児が理由でブランクを作った場合は「育児をする中で自分の家族にどういったケアをして欲しいかなどを改めて知り、実感しました。より一層介護に活かせるし、活かしたいと思ったからです。」などですね。

ブランクの理由や期間は個人的にはあまり気にしません。
もちろんアピールできる理由があれば伝えたほうがいいです。

転職で失敗しないために

前述した対策を施しても職場選びに失敗してしまっては元も子もありません。
最初の一歩を間違わないようにすることも大切です。

実際に介護業界は全体的に人材不足です。
つまり引く手数多です。
なので妥協して職場を選んでしまうとブラックだったりします。

せっかく準備した工程を無駄にしないためにもできるだけ失敗のリスクを減らすようにしたいところです。

転職エージェントを活用する

職場選びの失敗リスクを減らしてくれるツール(サービス)が転職エージェントです。
なぜならエージェントは転職のプロだからです。
企業の情報をできる限り細かく聞きましょう。

エージェントによっては施設の内部事情をかなり詳しく知ることができるサービスを用意しているところもあります。

さらに個人で転職活動をするのと比較すると圧倒的に工数が削減できコスパがいいです。

ただでさえ忙しい転職活動時期に省くことのできる工数をかけるのは馬鹿らしいですよね。

やさし君
やさし君
でも転職エージェントってしつこかったりするイメーじがあるなぁ。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
悪い評判も結構聞くわよね。
ユウ
ユウ
おっしゃる通りです。
ただ、メリットがあるのも事実です!

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。

そして転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞いて「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用して転職を有利に進めましょう。
下記より賢い使い方について解説していきます。

転職エージェントの賢い使い方


結論は、転職エージェント側に主導権を握らせないことです。
よく聞く転職エージェントへの不満や批評はそのしつこさにあったりします。

相手も仕事ですのでエージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
あくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えばエージェントは転職のプロですので市場や相場についての知識が豊富ですので自分の自己分析や市場での人材価値を知ることができます。

そのたエージェントによっては様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。
転職エージェントは最初の方は情報収集ツールとして使うのがベストです。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

動き出した人から変わっていきます^^

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました