転職エージェントがむかつくし信用できない!逆手にとって利用する方法

転職エージェント

こんにちは。
サラリーマン9年目の管理職で、大手転職サイトとも接点のあるユウです。
面接官として採用にも携わっています。

やさし君
やさし君
今転職エージェントを使っているんだけど、もうまじでむかつく!なんとかなんないの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
なんか営業マン色がもろに出てて信用できないのよねー。
ユウ
ユウ
わかります。ぼくも何社か利用したことがありますが合わないエージェントは本当に合わないですよね。嫌気がさすくらい‥。

ということで今回は

「転職エージェントがむかついてしょうがなく、どうにかして欲しい人」
「転職エージェントにどこか不安を感じ、なかなか拭えておらず利用に踏み切れない人」

のために転職エージェントがなぜムカついたり、信用できないのか原因と一緒に転職エージェントをストレスフリーに活用できるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いてるぼくは、サラリーマン10年目。
  • また面接官として採用にも携わっており大手求人サイト2社にインタビューされた経験もあり転職業界についても詳しいです。

転職エージェントのむかつく事例

上記以外にもたくさんありましたが多かったものをまとめると‥

  • 上から目線で威圧的、横柄
  • 連絡がしつこすぎてうざい
  • 希望条件に全然あっていない

上記のような感じでした。

悪い評判は特に目立つ

転職エージェントに限らず悪い評判は特に目立つものです。

なぜなら良いものやサービスを発見したら「周りに広めず自分だけのものにしたい‥。」もしくは「親しい人にだけ伝えたい‥。」と思うのが心情だからです。

良い評判は封印され悪い評判が拡散されていきます。

ユウ
ユウ
とは言え、むかつくエージェントがいるのは事実です。自分が万が一当たった時に備えて攻略法を知っておく必要があります。

本記事でしっかりと解説していきますね。

攻略法を知る前にまずなぜむかつくと感じるエージェントが現れてしまうか、原因から見ていきましょう。

なぜあんなにむかつくのか?

答えは転職エージェントのビジネスモデルにあります。
転職エージェントを無料で使えるのは紹介先の企業から報酬を得ているからです。

当然転職エージェントも会社ですので利益を上げていかなければなりません。
つまり紹介数(就業実績)を積み上げていく必要があるんですね。

それを完全に担うのがエージェント(アドバイザー)というわけです。

ユーザーを見ておらず自分の成績しか見ていない

エージェントの成績は就業実績数によって変わるため、自分の数字のことしか頭になくて利用者を蔑ろにしてしまうことがあるんですね。

逆に信頼を落として実績が下がることも知らずに‥。

ただ気が弱い、もしくは流されるままに転職を決めてしまう人が一定数いるので気づかずに実績数(数と速度)だけにしか頭にないエージェントが増えてきてしまうのです。

詳しくは後述しますが、反対に言えば気をしっかり持って、流されないようにすればエージェントも変わってきます。

補足:企業側から急かされていることも

もうひとつの理由として企業側から急かされているパターンもあります。
利用者との板挟みですね。どちらの発言や要望を優先するかは当然前者。

収益源である報酬をもらう企業の要望の方がエージェントにとっては重要な場合が多いです。

【サクッと解説】むかつく時のシンプルな2つの対処法

  • その①:速攻でチェンジ
  • その②:速攻で退会

上記のとおりです。
ポイントは「速攻」というところです。
フレストレーションを溜めておく必要はありません。

モヤモヤイライラする時間は無駄すぎますし、必要ありません。
そんな時間があったら速攻で切りましょう。

和解する必要はないし時間ももったいない

「なんとかこちらの意図を伝えたい。」「わかってもらいたい。」と思って話し合いをするのは時間の無駄です。

ただでさえ忙しい転職活動中にそんな時間はないはずです。
もう少しきつい言い方をすると時すでに遅しです。

こちらも後述しますが転職エージェントは最初が肝心です。

アフターフォローも期待できない

転職エージェントの中にはアフターフォローも充実していてかなり親身になってくれるところがあります。
しかしむかつくと感じるエージェントはそれも期待できません。

なので繰返しになりますが、むかつくと感じたら速攻でチェンジ、もしくは退会です。
長引けば長引くほどストレスが溜まっていきますので。

それでも利用しないのは損

転職エージェントを利用して「こんなにむかつくならもういいや‥。」と思うこともあるでしょう。
しかしここで諦めて転職エージェントを活用しないのはかなりもったいないです。

なぜなら転職エージェントは上手に活用することができればこれ以上ない転職サポートツールになるからです。

ここで重要なのは「サービス」ではなく「ツール」として認識してしまうことです。

良質なエージェントとマッチすると‥

  • その①:今の自分の市場価値を測れる
  • その②:工数カット
  • その③:コスト0

上記のようなメリットが生まれます。
それぞれ順番に解説していきます。

転職エージェントを利用するメリット(1):今の自分の市場価値を測れる

良質なエージェントと巡り会うことができれば、今の自分の適正な市場価値を知ることができます。

どのレベルの企業に求めれらて、どの企業には必要とされていないか。

自分の市場価値を適正に見極めて、不足しているなと感じればスキルアップや資格取得に舵を切ることができますよね。

専門性が高く市場に精通したエージェントを選びましょう。

転職エージェントを利用するメリット(2):工数カット

現行の多くの転職エージェントは面談の相談や、履歴書の添削、面接の同行などさまざまなサポートが付きます。

個人で転職活動をする場合は、まず企業を調べて自分でアポを取って‥と多くの工数がかかってしまいますよね。

特に就業中の人はかなり忙しくなってしまいます。
この部分は絶対に活用した方がいいエージェントの特性です。

面接先を自分で決めてそこからサポートだけ受けるのもある意味で賢い使い方だと思います。

転職エージェントを利用するメリット(3):コスト0

無料は最強です。
何よりもコストがかからないのはかなり大きいです。

「ここまでやってもらって申し訳ないな‥。」とか思う必要は全くありません。
しっかりと使い倒して下さい。

遠慮していたらそれこそ流されて自分が痛い目を見ることになってしまいます。

ユウ
ユウ
総じて、転職の成功率が上がるメリットばかりですね。

転職エージェントを最大限活用する方法

  • その①:任せっきりにしない
  • その②:実績を確認する
  • その③:最初にかます
  • その④:遠慮をしない
  • その⑤:複数利用

上記のとおり。

詳しくは下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。
※参考:転職エージェントの上手な活用方法と登録前の心得まとめ

ユウ
ユウ
前述したとおり、冷たく聞こえるかもしれませんが転職エージェントはあくまであなたの転職の成功率を上げるサポートツールです。

よくある質問

ハローワークとはどう違うの?

ハローワークには求人掲載の基準が無いため、膨大な数の求人があります。
また求人をストップさせている企業も中には混じっていたりするみたいです。

エージェントはお金をもらってやっているので無料でやっているところと比較して、サービスの質自体は高くて当たり前ですよね。

ユウ
ユウ
たまにエージェントがハローワーク経由で進めている企業のことを聞いてくる事例があるみたいですが、重複紹介を防ぐためですので心配ないと思いますよ。

就業を邪魔してきたりすることはありません。

下記の記事で詳しく解説しています。
※参考:介護転職はハローワークとサイトどっちで利用した方が良い?正解は◯◯一択です

転職エージェントがどうしても信用できない

どうしても信用できない場合は、エージェント型ではなく「サイト型」を利用してみるのもひとつの手です。

サポートは薄くなりますがその分ストレスを感じにくく自分主体で転職活動を行うことができます。

むかつきはしないけどしつこい時の対処法は?

転職エージェント=しつこいっていうイメージが強いですよね。
下記の記事で詳しく解説しています。

本記事と重複する部分もありますがさらに細かく紹介していますので、転職エージェントがしつこくて困っている人は是非ご覧くださいませ。
»【無視してOK?】転職エージェントがしつこい時の5つの対処法と理由

エージェントはガシャと一緒


本当に自分に合う企業が一発で当たって一発で就業できるのは超ラッキーです。
それこそエージェントの質がかなり高いと言えるでしょう。
ただ、それは稀です。

就業も1回面接に落ちるくらいが個人的にはちょうど良いと思っています。

落ちてもエージェントは就業させるまで頑張ってくれますし、ちょこっとハードル高めに設定するくらいがいいです。

企業との縁もエージェントとの縁も巡り合わせです。
1回でマッチするのはかなり運が良い人です。
最初からそう思っておくとかなり気持ちが楽になるはずです。

無心になって自分とマッチする担当者や企業と巡り会うまでめげずにトライです。
繰り返していくうちに精度が上がっていきます。

当たるまで回し続けよう

スマホゲームのガシャのように当たるまで無心で回し続けましょう。
無駄な工数や感情をできるだけ削ぎ落として当たるまで。

なので転職エージェントの登録だけはできるだけ早めにしておいた方がいいです。
いつ当たるか分かりませんからね。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました