旦那が介護業界に転職するのは応援すべき?不安の解消法とよくある2つの悩み

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
旦那が介護職に転職するって言うんだけど色々と不安がある‥。できればやめて欲しいな。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私の旦那も介護士なんだけど転職を繰り返してて‥。なんて声をかけてあげればいいんだろう?
ユウ
ユウ
とてもたくさんの人が同様の悩みを抱えているようです。

ということで今回は、

「介護職に不安がある妻」
「頻繁に繰り返される転職を止めたい妻」

のために、よくある質問や不安、悩みをピックアップして実情や解決方法を解説していきます。      

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 保育士の妻と0歳の長男と3人暮らしで生活している

旦那の介護転職は応援すべき?


結論は、応援しても良いと思います。
応援するだけの価値と将来性が実は備わっているからです。

現にぼくは現在32歳で介護系の会社に10年勤めていますが、収入も環境も世間の平均と照らし合わせても引けを取らない、なんなら少し良い位の生活ができています。

冒頭のとおり、妻と子がいますが今の段階では困っていません。

以下からよくある不安を明確化しつつ具体的な解決方法まで解説していきます。

【妻目線】夫の介護転職につきまとう3つの不安

    その①:収入
    その②:体力
    その③:労働環境

上記のとおりです。
総じて将来性に不安を感じる主婦の方が多いです。

それぞれ順番に解決策とセットで解説していきます。

旦那の介護転職につきまとう不安(1):収入

夫婦2人で生活していくなら何の問題もないかと。
ただ、お子さんが入ってくるとなると話は変わりますよね。

先に明るいお知らせから言うと、ぼく以外にも周りの同僚等も当然子持ちの男性はたくさんいます。

多い人だと3人の子供を育てている人も。正直ぼくも就職した最初の方は少し不安でした。
ユウ
ユウ
「みんなどうしてるんだろう?」とめちゃくちゃ聞き回った記憶があります(笑)

そして繰り返しになりますが、普通に育てることができている事実にホッと安心したのも覚えています。

介護職と言っても基本的には会社員、サラリーマンですから勤める会社によるところが大きいです。

解決策

ベースの給料を上げるには資格を取ることも有効です。
後述する将来の働き方にも繋がってくるのでせめて介護福祉士までは取っておきたいところ。

もし旦那さんが持っていないようなら促しましょう。

    ちなみにぼくの会社では先日の改正の影響で介護福祉士の資格を持つベテランの月給が10万円近く上昇しましたよ。

詳しくは下記の記事で解説しています。
※参考:介護職の正しい年収アップ方法

旦那の介護転職につきまとう不安(2):体力

続いて体力問題ですね。

介護=きつい肉体労働なイメージがあるのでここを不安視されるのは至極当然かもしれません。

年齢が高くなるにつれて奥さんの不安も大きくなるでしょう。
一概に大丈夫ですとは言えませんが、対策はできます。

解決策

一口に介護と言っても実はその働き方は多様でして、現場以外で働くことも可能です。

    その中には当然専門的な知識や資格が必要となる職種もありますが、無資格未経験でもできる仕事もあります。

それらを目指して計画的に介護業界に参入すると不安はやわらぎます。
また、本当に現場じゃなきゃダメなのかも確認してみてもいいかもしれません。

下記の記事で紹介しているので是非チェックしてみてください。
※参考:介護経験を活かせる現場以外の仕事5選

旦那の介護転職につきまとう不安(3):労働環境

いわゆる”ブラックなところ”に務めてしまわないかの心配ですね。
ハードな夜勤等を想像される方も少なくないかもしれません。

結論は、職場次第としか言いようがありません。

ただお伝えしておきたいのはブラックな職場だけではなくホワイトなところも確実に存在していると言うことです。

選び方を間違わないように精度を上げていきましょう。
精度の上げ方については後述します。

ユウ
ユウ
後半では上記以外でよく寄せられるAB2つのパターンの悩みを紹介しつつ、同様に解決策を提案していきます。

パターンA:社会的評価


介護業界に携わる者としては悲しい現実ですが、介護士の社会的な評価は決して高いとは言えません。

事実、何度も痛感することがありました。
旦那が介護士ということに対して、

「恥ずかしい‥。」
「どうしても周りの目が気になってしまう‥。」
「できればやめて欲しい‥。」

という思いを抱く主婦の方も少なくないです。
その人の価値観なのでどうしようもないですが、変化させる方法はあります。

実際に介護職として働いてみる

主婦の方の中には、「旦那に影響されて‥。」という理由で実際に自分も介護の仕事を始めたという人もいます。

どうしても介護が嫌な人は別ですが、少しでも理解したいという方には強くおすすめします。

介護職同士の結婚は多い

前述したとおり、社会的な評価が低い介護職。
なので結婚相手に選ぶ人も多くはないというのが現実です。

そのせいかは分かりませんが、介護職員どうしの結婚は非常に多いです。

    統計は取っていませんが、ぼくの周りではもう異常なくらい社内恋愛、社内結婚するケースが多いです。

訪問入浴という職種ならではかもしれませんが、見渡せば者に結婚者と言っても過言ではないくらいです。

結局は価値観とお互いを理解できるかどうかだと思うので同じ仕事をしているというのは結構ポイントが高いのかもしれません。
※参考:訪問入浴の職員は社内結婚する人がかなり多い件について

パターンB:繰り返してしまう


介護職として転職を繰り返してしまうパターンです。
主婦の方が抱く思いとしては

「頻繁に転職するほどきついのかしら?」
「もうちょっと頑張れないの?イライラする!」

など。

要因としては本当に中々良い職場に巡り会えないか、理想が高くクセになってしまっているかです。

後者の方が改善に労力がいるのは明白ですね。

繰り返しを止める

介護職として転職を繰り返してしまうのを止める方法は、じっくりと時間と労力をかけて探すことにつきます。

ノリやその場の流れや感情で決めるのではなく、じっくりと。

また旦那さんに1人で決めさせるのではなく、できれば奥さんも一緒になって探してあげてください。

そうすることで転職に失敗するリスクを大きく下げることができます。
さらに転職エージェントを上手に活用するとさらに転職の成功率が高まります。

ユウ
ユウ
最後に介護系に強いおすすめの転職サイト(エージェント)を厳選して3つ紹介します。
    前述した、職場の選び方の精度を上げるのも転職エージェントを活用することでできるようになります。

エージェントの力を思う存分に使い倒してホワイトな企業を見つけてください。
全て無料なので使わない手はないです。

介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

  • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
  • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
  • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

上記のとおりです。
繰り返しになりますが、大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。

多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました