e介護転職はデメリットだらけって本当?口コミからわかった真相を辛口解説!

転職エージェント

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
「e介護転職」って有名みたいだけど利用しても本当に大丈夫かな?デメリットとかないのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
実際に利用した人たちの口コミも知りたいわね。
ユウ
ユウ
口コミをまとめていたら真相が見えてきました。

ということで今回は、

「e介護転職にデメリットがないか確認したい人」
「口コミや評判を知りたい人」

のために、実際に利用した人たちの口コミや評判をまとめてわかった正直な感想を書きます。

利用して後悔しないように、また納得できたら利用を検討してみてください。

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 数社の求人メディア担当者と繋がりがある

【総評】e介護転職に関する悪評は事実なのか?

結論から言うとデメリットだらけって言うのは本当ではありませんでした。
利用者数やメリットも多く有名なのもうなづけます。

ただし、評判どおりデメリットがいっさい無いわけではありませんでした。
人によっては利用を控えた方が良いケースもあります。

以下から良いも悪いも赤裸々に解説していきます。

【e介護転職】運営会社が最悪?

全然そんなことはありませんでした。
むしろ良質な企業だと言えます。

以下、会社情報です。

運営会社:株式会社ベストパーソン
設立:1999年
資本金:6,800万円

広島から始まって今は東京に本社があり、大阪にも支店があるみたいですね。

運営会社自体も介護福祉業界に携わっているので安心感があります。
»公式HPを見てみる

ユウ
ユウ
同様に「e看護師転職」というサイトも運営しているみたいですね。
「転職サイト」としては2大巨頭
「転職エージェント」は星の数ほど存在し各社付加価値をうちだしてしのぎを削っていますが、こと「転職サイト」に関しては今回のe介護転職と『介護求人ナビ』の2つが圧倒的な存在感を放っていますね。
e介護転職の特徴
  • 求人数がとにかく多い
  • ショートムービーが話題
  • アプリをリリースしている

上記のとおり。
サクッと解説していきます。

e介護転職の特徴(1):求人数がとにかく多い

約70,000件あるみたいです。
日本全国を網羅しているので地方にいても安心ですね。

首都圏しか取り扱っていない転職サイトやエージェントもありますからね。
また、介護業界大手の求人も豊富に取り扱っているようです。

企業からの信頼度もうかがえます。

e介護転職の特徴(2):ショートムービーが話題

e介護転職の特徴(3):アプリをリリースしている

アプリもリリースされていて、直接応募が可能です。

また、各掲載企業の担当者が随時情報を最新のものに更新しているとのこと。

ユウ
ユウ
そっちの方が安心できますね。

【e介護転職】サービス内容が最悪?

こちらも十分な内容でした。
しっかりと時流に合わせたサービスを提供しています。

e介護転職の3つの付加価値サービス
  • 見学希望が出せる
  • web面接ができる
  • スカウト機能がある

上記のとおり。
こちらも深堀りしていきます。

e介護転職の付加価値サービス(1):見学希望が出せる

サイト内に事前に見学希望を出すことができる機能が実装されています。

サイト型は利用していると無機質でどこか不安になりがちですが、この機能があると安心ですね。

もちろん転職自体の成功率も大きく上昇しますね。

e介護転職の付加価値サービス(2):web面接ができる

コロナ禍でリモートワークが浸透きている昨今に合わせた機能ですね。

ユウ
ユウ
ちなみに僕が勤める会社もリモートでガンガン面接してます。

e介護転職の付加価値サービス(3):スカウト機能がある

自分で動かずに企業側からスカウトが来るのを待つシステムです。

自分から応募するのと比較して圧倒的に採用率が高いのと、何よりただ待つだけでいいので労力を必要としません。

e介護転職の3つのデメリット

    その①:退会が面倒くさい
    その②:コンサルタントがいない
    その③:人によってはサイト操作が難しい

上記のとおり。
しっかりとデメリットも見ていきましょう。

それぞれ順番に解説していきます。

e介護転職のデメリット(1):退会が面倒くさい

電話でサクッと退会できないのが難点。

pcや前述したアプリからログイン→マイページ→メニューの順で進み退会の手続きをします。

また一度退会すると次回以降のログインには再登録が必要なのでそこも手間ですね。

e介護転職のデメリット(2):コンサルタントがいない

意外と知らずに利用している人もいるみたいです。
コンサルタントがつくのは「エージェント型」ですね。

当然ですがコンサルタントがいないので全て自分で転職活動をすすめていかなければなりません。

面接同行や履歴書の添削等々の付加価値サービスはありません。

ユウ
ユウ
コンサルタントがうざいと思っている人にはマッチしますね。

e介護転職のデメリット(3):人によってはサイト操作が難しい

条件設定などかなり細かく求人検索ができるみたいです。

玄人にとってはかなり使いやすく好評を得ているんですが、逆に細かすぎて使い勝手が悪く感じるケースも多々見受けられます。

そこがストレスになると転職活動自体のすすむ速度にも影響してきますね。

e介護転職の口コミ・評判まとめ

e介護転職の良い口コミ

e介護転職を使って当たりの職場を引けた。
周辺職の求人もあったのが良かった。最初は施設職員を希望してたけど介護タクシーの運転手になった。
スカウト機能があるとこ探してて見つけたので利用してみたが、問題なくスムースに決まってストレスがなかった。
私にはガツガツくるエージェント型よりこっちの方が良かったな〜。
ハロワよりは圧倒的に良いな。
待遇が良い求人が多かった気がするよ。
個人的には検索希望が細かく設定できて良かったと思う。
写真の掲載が多かったので職場の雰囲気を事前にイメージできるのは良かった。

e介護転職の悪い口コミ

キャリアアップは見込めないサイトだな‥。
サイト自体は綺麗だけど、介護業界未経験な私からしたらそれでも全然わからなかった。
非公開求人がないのがなんか物足りない‥。
求人が見にくい。わかりづらい。
募集枠埋まってるところをいつまでも載せてるから余計な工数かかっちゃったじゃん。
字が小さすぎて見えない!
応募して連絡を待っていたら他の人を採用したと言われた。理由も聞けずモヤモヤ。
情報集めのしにくいサイトだった!
結局、他の転職エージェントから決めた。

【結論】e介護転職は利用するべき?

e介護転職がおすすめな人

下記のような人は利用すべきです。

  • ゆっくり時間をかけて転職先を探したい
  • 誰にも介入されず1人で転職活動したい
  • Iターン・Uターン転職を考えている

転職を検討したらとりあえず登録して寝かせておくのもアリだと思います。
求人数が多く全国を網羅しているのでIターン・Uターンにも最適です。

また、後述しますが追加で「エージェント型」も併用するとさらに転職の成功率が高まります。

e介護転職がおすすめできない人

続いておすすめできない人は下記のような人たちです。

  • 転職を急いでいる
  • 転職が初めてで何かと不安
  • 繰り返しになりますが、上記の注意点は転職エージェントとの併用で解消することができます。

    転職サイト・エージェントは複数利用がマスト

    くどいようですが大切なので繰り返します。
    基本的に転職サイトやエージェントは複数登録が鉄板です。

      複数登録することによってより多くの求人を探すことができますし、比較検討することもできます。

    より転職の成功率が高まります。

    またe介護転職のような「サイト型」と併せて「エージェント型」もひとつ登録しておきましょう。

    とは言え多すぎると管理が大変になって逆に負担になってしまうのでe介護転職と併せてあとひとつかふたつくらいがちょうど良いです。

    e介護転職と併用したい転職エージェント3選

    • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
    • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
    • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

    上記のとおりです。

    下記の記事で上記の3エージェントを含めておすすめの転職エージェントを紹介していますので気になる方はチェックしてみてください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました