親の介護のために転職するのはアリ?【おすすめの転職先は〇〇職です】

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
親の介護のために転職を考えてるんだけど、大丈夫かなぁ?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
転職するとしたらどんなところがいいのかしら?
ユウ
ユウ
「介護離職」というワードは一時期トレンドにもなりましたよね。

ということで今回は、

「親の介護のために転職するべきかどうか迷っている人」
「転職するとしたらどんなところがいいのか知りたい人」

のために、リアルな在宅介護の実情と介護と仕事が両立しやすい転職先を紹介していきます。

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 在宅介護をする家族を全国で数百世帯以上見てきた

親の介護のために転職するのはアリ?


全然アリです。
なぜなら介護は想像以上にハードだからです。

転職で解消できるなら迷わずするべきです。

生活における仕事の割合が高ければ高いほど、当然ですが両立は難しくなってきます。

例えば今から子供が1人増えて育児を開始するとなると想像しやすいと思います。

そして介護は育児よりもハードなケースが多いです。
育児をするときはまだ自分自身の年齢も若かったですが、体力は年々衰えますからね。

判断は急ぎ過ぎない

とは言え、判断は急ぎすぎないようにしてください。
まずは今の職場で融通が効かないか確認することが先決です。

ここをすっ飛ばして急に転職する人がいますが、一旦落ち着きましょう。タイミングや転職先の基準等がブレると本末転倒です。

今の仕事が気に入っているなら尚更です。

入所・入居という選択肢

また、自分自身が転職をする前に老人ホーム等の施設への入所も一度は検討してみてください。

意外と忘れがちだったり抵抗ある人が多いです。

家から近い老人ホームを検索する

それでなくても、介護保険制度等の理解や勉強は必須です。
よりストレスなく、より効率的に、機会損失を無くすことに繋がります。

僕も介護業界に入って多くの家族と接してきましたが、当たり前ですがほとんど介護保険等の知識を持つ人はいないです。

かくいう僕もこの仕事に着くまでは知ろうともしませんでした。ただ、それが普通だと思います。

介護と仕事を両立させる難易度

正直かなり高いです。

実際に在宅介護サービスを提供する中で様々な利用者さんと関わってきましたが皆さんご苦労なさってます。

僕は祖母を介護する両親を見て痛感しました。

    そして介護の仕事をしているからこそわかることやアドバイスができて本当に良かったと思っています。
そんな僕の両親は最近「終活」を始めました。
「お前に苦労させたくない。」と言われた時は泣きそうになりました。

親を介護するリアルな声

介護離職の実情

下記のグラフをご覧ください。

出典:ヒトシア

全体的に言うと上昇傾向であることがわかるかと思います。
特に近年では男性の介護離職も増えてきています。

要因としては介護市場が飽和状態にあるからだと個人的には思います。

一昔前は空きがあった介護施設も今はパンパンで待機者がいるところも珍しくありません。

働きても足りていないのが現状です。

なので少し言い方が悪くなってしまいますが、介護離職をせざるを得ない状況の方が増えてきたのもまた事実です。

介護離職した結果

  • 正社員になれない‥
  • 収入がガクンと減った‥
  • 上記のような声も多数上がっています。
    ただ、これらは選ぶ業種や職場によって大きく変動します。

    なので介護離職を検討している人は、転職先の選び方には大いに拘ってください。

    ユウ
    ユウ
    以下からおすすめの職種をご紹介します。

    おすすめの転職先


    結論は、ポジショントークになってしまいますが「介護職」です。

    前述したデメリットが無く、むしろ介護との両立にうってつけだと思います。

    介護職がおすすめな3つの理由
      その①:実生活に活かせる
      その②:採用率が圧倒的に高い
      その③:スキルが積み上がっていく

    上記のとおりです。
    それぞれ順番に解説していきます。

    介護職がおすすめな理由(1):実生活に活かせる

    言わずもがなですが、実生活にモロに活かすことができます。

    仕事でお金をもらいながら勉強できるのはかなり大きなメリットになりますよね。

    介護職がおすすめな理由(2):採用率が圧倒的に高い

    介護離職の実情としては前述したとおり、正社員での採用が難しかったりします。
    しかしこと介護業界で言うとそもそも採用率が高いです。

    加えて前職の退職理由が
    「親の介護のため。」

    志望動機を
    「介護のスキルや知識を本気で学びたいので御社を‥。」

    的な感じで言えばさらに採用率がガツンと上がります。

    ユウ
    ユウ
    ちなみに僕の周りでは中途で入ってきた人の方が役職につく確率や速度がはるかに高いです。

    資格を取得して手当がついたり、役職がつくと当然収入も上がります。

    介護職がおすすめな理由(3):スキルが積み上がっていく

    いわゆる、「手に職」と言うやつですね。

      万が一転職に失敗したとしても培った介護のスキルは次の転職を有利にしてくれます。

    大きな心の支えになります。

    よくある質問:でも年齢的に‥

    親の介護が必要な人は、だいたい中高年くらいの場合が多いです。
    年齢やそれに伴う体力的なハードルを懸念する人も多いでしょう。

    介護は肉体労働なイメージが一般的ですからね。
    ただ実は一口に介護と言っても様々な種類の仕事があります。

    ガッツリケアに入らない
    「福祉用具専門相談員」や
    「介護タクシー」等があります。

    実際に現場に入らなくとも学べることはかなりありますので個人的におすすめです。

    下記の記事で詳しく紹介しているので是非チェックしてみてください。
    ※参考:【介護転職】現場以外の仕事5選+α

    職場選びは慎重に


    介護職への転職をおすすめしておいてなんですが、この業界にはいわゆるブラックと呼ばれるところが多いです。

    転職に失敗しないためにも転職のプロ(エージェント)の活用はマストです。

    資格支援制度や各種サポートが全て無料で受けられるので使わない手は無いです。

    介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

    • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
    • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
    • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

    上記のとおりです。
    大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。

    多すぎると管理も大変ですからね。

    上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
    ※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

    おわり。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました