【体験談あり】ケアマネのベストな転職時期は◯月!転職先の選び方も解説

【体験談あり】ケアマネのベストな転職時期は◯月!転職先の選び方も解説 転職ノウハウ

こんにちは。
ユウ(@yuyuhoimin)です。
介護業界で働いて10年目、管理職をしています。

やさし君
やさし君
今度ケアマネの試験を受けようと思ってて、受かったら今のところを辞めて転職したいんだよね。ケアマネの最適な転職時期っていつなのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私は今ケアマネとして働いているんだけど、今のところから早く抜け出したい‥。
ユウ
ユウ
転職や退職の時期は今いる会社のことも考えなきゃで迷いますよね。

ということで今回は、

「これからケアマネになりたいと思ってる人」
「今の職場から脱出する最適な時期が知りたいケアマネ」

のために、ケアマネが転職するのに最も適した時期と、失敗しない転職先の選び方を解説していきます。

    この記事を書いている僕はケアマネ専門の営業マンとして、全国各地のケアマネと接してきました。
    LINEやSNS等でも繋がっていて、普段かなりコアな話をしています。

ケアマネに営業をしているぼくですが逆にケアマネから営業の相談を受けることもあります。

ケアマネとのDMのやりとり

近い存在でいて、なおかつ第三者的な視点から客観的に解説していければと思います。

ちなみにケアマネではなく、介護職全般に言えるベストな転職時期に関しては下記の記事で解説しています。

微妙に違うので気になる方はチェックして見てください。
※参考:介護職のベストな転職時期は〇月!円満退職するコツと避けるべきタイミング

ユウ
ユウ
それでは参りましょう!

【結論】ケアマネのベストな転職時期は◯月!

ケアマネのベストな転職時期は6月

結論は、6月です。

なぜならライバルが少なくなり、需要が高まるポイントだからです。

さらに言うと6月こそが今の職場に迷惑を極力かけず、なおかつ良い職場を見つけやすくなる月になります。

以下から詳しく解説していきます。

忙しい時期を避ける:円満退職

まずは職場に迷惑をかけない時期に関して見ていきましょう。

会社にかかる負担を極力減らして心置きなくスッキリと退職できるように。

もし今働いている地域内や付近での転職を考えている人は尚更こだわった方が良いです。

なぜなら悪い噂は広まるのが早いからです。

ユウ
ユウ
ぼくも営業していて、ケアマネが近場の別法人に転職しているのをもう何回も見てきました。

「てへぺろ。」

みたいな感じでまた挨拶してくれて、同じ名前の別の名刺をもらったり。

全体的な介護の会社とケアマネの求人に関する動きが下記のとおりです。

年間チェックシート
    1月:ケアマネの志願者及び求人が増え出す
    2月:引き続き求人多く、会社は人員を精査する時期
    3月:次年度の計画を決め出す時期
    4月:ケアマネに限らずどこの会社も忙しい
    5月:全体的に新人の育成で忙しい
    6月:少し落ち着くタイミングでベスト!!!
    7月:ボーナスをもらって退職する人多数
    8月:基本的に繁忙期である場合が多い
    9月:ベター!(ライバルは多い)
    10月:ベター!(ライバルは多い)

    11月:ケアマネ試験の合格発表が始まる時期、求人増え出す
    12月:ボーナスをもらって退職する人多数

ベストは6月ですが、難しい場合は求人数が増えライバルが多くなりますが9・10月あたりでも良いかと。

ライバルが少ない時期を選ぶ:転職成功率UP

先ほども少し触れましたが、どうせ転職するなら良いところに就職したいですよね。

そして当然良いところは倍率も高かったり、求人が出なかったりします。

なので転職自体の成功率を上げるためにも求人の数(ライバル)は視野に入れておくべきです。

下のグラフをご覧ください。

ケアマネの求人数推移
(※データは2018年のもの)
参考:マイナビ介護

先程の『年間チェックシート』でもお伝えしたとおり、求人が増加する波が2つ存在します。

会社が採用枠を広げているので入りやすそうに思うかもしれませんが実はそうでもありません。

例えば1月から3月にかけては前年の末にケアマネ試験に合格した人たちが動き出します。

8・9月の増加はちょうどボーナスを貰った後に、

「年内に転職して落ち着いて年を越したい。」

というニーズを持った人たちが動き出します。

なので狙うのは求人が増え出すタイミング(需要も高くライバルもそこまでいない)6月あたりがベストだと思います。

    ※グラフでは6月の求人数が突出してますが本来は5月あたりから緩やかに伸びていく傾向があります。

体験談:ケアマネが転職する時とした後

成功例

失敗例

やさし君
やさし君
やりがい感じてる人や、楽になったと感じてる人が多いね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
会社が約束を守ってくれなかった人もいるわね‥。
ユウ
ユウ
激務か否か、もしくは会社との約束事もそうですが会社選びはガチで重要です。

ケアマネの失敗しない転職先の選び方

ケアマネの失敗しない転職先の選び方

転職時期が決まったら次は転職で失敗しないように、企業選びはじっくりしましょう。

衝動的に退職してもリスクが増えるだけなのでおすすめしません。

しっかりと時期を見据え計画的に動いて失敗するリスクを極限まで下げていきましょう。

選び方に関しては下記のとおりです。

    その①:人数をチェック
    その②:上場しているか?
    その③:表情は晴れやかか?

それぞれ順番に解説していきます。

ケアマネの失敗しない転職先の選び方(1):人数をチェック

まずは転職先に現在何名のケアマネが在籍しているかをチェックしましょう。

1人だと気楽で良さそうと考える人もいますが個人的には反対です。

なぜなら(特に大手で)1人だとケアマネ以外の仕事も兼務でさせられる可能性が高いからです。

そこには身体的な負担に加え、続けていくうちに迷いが生まれてしまいます。

ユウ
ユウ
実際にそういうケアマネさんをたくさん見てきました‥。

逆にケアマネの数が一定数担保されていればそれだけ会社がきちんと見てくれている可能性が高いです。

例えば居宅介護支援事業所を擁する会社であれば自社のサービスに振ることばかりを考えてケアマネを蔑ろにするところも少なくありませんので。

ケアマネの失敗しない転職先の選び方(2):上場しているか?

介護系の企業ではそこまで数は多くありませんが、上場しているか否かも重要な選定基準です。

数が少ないので「できれば」程度で把握しておいてください。
上場企業は労務に関しても下手なことはできません。

なのでブラックである確率が非常に低いです。

そして上場しているような会社に入るためにもしっかりと転職の対策や準備をする期間を設けておくことが吉です。

ケアマネの失敗しない転職先の選び方(3):表情は晴れやかか?

最後にダメおしで表情を確認しましょう。

直接見るのは難しいのでホームページで確認しましょう。

そもそもケアマネの部署がきちんと会社のホームページで掲載されていないところは黄色信号だと思うのではなから除外してもいいでしょう。

しっかりと顔写真が掲載されておりその表情を確認しましょう。

ケアマネが転職するまでの流れ

ケアマネが転職するまでの流れ

転職時期を決めて、転職先の選び方がわかったところで最後に実際に転職するまでの流れを解説していきます。

把握して心に余裕を持って転職活動に当たってください。

    ①:転職エージェントに登録
    ②:上司に報告
    ③:引き継ぎ
    ④:利用者と事業者に挨拶
    ⑤:エージェントに最終チェック

上記のとおりです。
こちらもひとつずつ深堀りしていきます。

ケアマネが転職するまでの流れ(1):転職エージェントに登録

まずは転職先選びをスムーズにするためにも転職エージェントに登録しましょう。

転職活動にかかる負担を軽減してくれて、なおかつ採用率を高めるサポートをしてくれます。

何より転職活動は何かとハードなので力を借りましょう。

介護系に強い転職エージェントは下記のとおりです。

介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選
  • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
  • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
  • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。
多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

もしくは信頼できる友人や知人からの紹介でも可です。

とにかく最初に転職先を決めて既成事実を作ってしまいましょう。
次の段階である「上司への報告」がスムーズに遂行できます。

時期としては早いに越したことはないのでいますぐしましょう。

ケアマネが転職するまでの流れ(2):上司に報告

おそらく多くの方が引き止められるでしょうが、揺らいで一時的にストップしてもまたいずれやめたくなる時が来ます。

会社の体制や本質自体はそんなに簡単に変わりませんので。

強い決意を持って報告しましょう。
時期としては6月退職だと仮定すると3ヶ月前の3月くらいがベストかと。

ちょうど次年度の計画を決める時期でもあるので決める前に伝えておかないと会社に迷惑ですからね。

繰り返しますが大切なのは「転職先が決まってから報告する」ことです。

ケアマネが転職するまでの流れ(3):引き継ぎ

上司に報告する3月は、ちょうど新入社員も決まりやすい時期です。

しっかりと引き継ぐべき人に引き継ぎましょう。
ここも疎かにしないようにしましょう。

ケアマネが転職するまでの流れ(4):利用者と事業者に挨拶

利用者及びその家族と利用していたサービス事業所及び関係者に挨拶をします。

利用者には引き継ぎも兼ねてもちろんですが、サービス事業者にはFAXやメールでもOKです。

ユウ
ユウ
取引もなくただ営業に来ていただけの僕にわざわざ挨拶くれる人もいまして、めちゃくちゃ嬉しかったです。

ケアマネが転職するまでの流れ(5):エージェントに最終チェック

一通り転職の準備が終わったら、エージェントに最終確認をしておわりです。

ケアマネに限らずですが、心地よい環境で本当に自分がしたい仕事ができるかどうかは完全に職場次第です。

    自分自身で準備を怠らず、しっかりと計画的に動いて働きやすい環境を手に入れてください。

あなたの転職の成功を願って。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました