ケアジョブはしつこいって本当?口コミからわかった真相を辛口解説!

転職エージェント

こんにちは。
介護業界で働いて9年目の管理職で全国各地の介護現場のリアルを実際に見てきたユウです。

やさし君
やさし君
ケアジョブってしつこいって聞いたんだけど本当なの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
利用者の口コミを見てみたいわ。
ユウ
ユウ
ケアジョブは確かにググってみようとすると、しつこいって予測検索が出てきますよね。
転職サイトはたくさんありすぎてどれが良いのかわからなくなりますし‥。

ということで今回は

「ケアジョブの真相が気になる人」
「登録した後に後悔したくない人」

のために口コミをまとめたり他社と比較しつつ、ケアジョブが自分に合っているかどうかわかるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いてるぼくは、9年間管理職として全国各地を回り社内・社外のたくさんの介護事業所を見てきました。
  • また面接官として採用にも携わっており大手求人サイト2社にインタビューされた経験もあり転職業界についても詳しいです。

ケアジョブがしつこいのは本当なのか?


結論は、相対的に見るとそんなことはないようでした。
後述しますが転職エージェント=連絡がしつこいという認識がすでに広がっています。

確かに口コミを見ると中には「連絡がしつこかった!」というものがありましたが、他の転職エージェントと比較すると逆に少なかったです。

転職エージェント=しつこいという共通認識

ケアジョブだけではなく、もっと言うと介護系の転職エージェントに限らずそもそも転職エージェント=しつこいという認識が世の中には広がっています。

なぜなら少なからずしつこいアドバイザーは存在するからです。
さらに悪い評判はやたら目立って見えてしまいますからね。

転職エージェントはユーザーを就職させて初めて報酬が得られます。
転職成功実績がそのまま会社の実績となりますし、担当者の成績にも直結してきます。

なのでアドバイザーの中には転職の実績についつい躍起になってしまいユーザーのことを見れなくなってしまう人がいるからです。

しつこいという評判はかなり少ない

冒頭でお話しした通り、Googleで「ケアジョブ」と打ってスペースを上げると予測ワードに「しつこい」と出てしまうのはユーザーが「他の転職エージェントはしつこかったけど、ケアジョブはどうかな?」と思って検索する人が多いので結果的に予測ワードとして出てしまうのでしょう。

繰り返しになりますが、ケアジョブは「しつこい」というイメージが蔓延する転職エージェントの中では逆にそういった口コミは少なかったです。

やさし君
やさし君
へー!そうだったのか!
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
確かに転職エージェント=しつこいものってイメージついちゃってるかも。
ユウ
ユウ
それで言うとケアジョブは逆にそこまでガツガツしていないみたいですね。

ケアジョブは信頼できる会社なのか?


大手で人気のある「かいご畑」や「きらケア」「マイナビ介護」と比較すると認知度はやや低め。
気になるのは「信頼できる会社なのかどうか?」というところですよね。

ということで以下からケアジョブについての会社概要等を紹介していきます。

ケアジョブの基本情報



運営会社:株式会社メディカルジョブセンター
設立:2009年6月25日
資本金:1,000万円

10年以上前から運営していますね。
主な事業内容は人材紹介・人材派遣で転職サイトとしては申し分ないですね。

厚労省の認可

また2019年に厚生労働省の委託事業として「職業紹介優良事業所制度」の認定を受けていますね。

そして翌年の2020年に厚生労働大臣の許可もバッチリ取得しています。

ケアジョブの特徴


続いてケアジョブの特徴を見ていきましょう。
他の転職サイトとどこが違うのか利用するに値するのか。

求人数

まず転職エージェントにとって欠かせない項目の求人数ですがかなり多かったです。

公開求人数が73,000件でなんと非公開求人はおどろきの160,000万件で全体の70%を占めています。

圧倒的で他の転職サイトからかけ離れています。大きな特徴ですね。

非公開求人とは
その名のとおり、公には知られたくない求人案件のことです。
なぜ非公開にするかというと同業他社に知られたくなかったり、応募の殺到をさけて人材を厳選するためです。

ユウ
ユウ
なのでレア案件ということですね。

転職成功実績

正社員:49.5%
パート:41.2%
契約社員:9.3%

正社員として就く人が多いですね。

就職先実績

デイサービス:29.4%
グループホーム:20.5%
特別養護老人ホーム:14.4%

上記がトップ3でして、その他にも老健やサ高住、訪問介護、有料老人ホーム、小多機、病院などもあります。

ユーザーの高い満足度

2019年に20代から50代の人を対象に行った「利用したい介護転職支援サービス」のアンケートで見事1位になっています。

また同年に行ったユーザーの満足度調査でも「満足度96.2%」だったみたいです。
(2019年1月1〜4日、ゼネラルリサーチ調べ)

有資格者特化型エージェント

そして最大の特徴がある種デメリットにもなり得る人もいるかもですが、「超介護専門サービス」であるということです。
どういうことかと言うと介護に関する資格を持った人じゃないと利用できないみたいなんです。

なので介護が完全未経験者にとっては縁がないですが、逆に経験者にとってはかなりありがたいサービスになっています。
広く浅くより狭く深くの方が該当する人たちは嬉しいですよね。

ケアジョブを利用するために必要な資格

  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • ケアマネジャー
  • 介護福祉士

上記のいずれかを取得している必要があります。

やさし君
やさし君
まずは安心して大丈夫そうだね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
割と攻めた会社だね。
ユウ
ユウ
合う人には合いそうですよね。

ケアジョブのデメリット

  • その①:対応可能エリアが狭い
  • その②:無資格の人は利用できない
  • その③:コンサルタントに当たり外れがある

上記のとおりでして、それぞれ解説していきます。

ケアジョブのデメリット(1):対応可能エリアが狭い

利用者を厳選しているのと同様に対応するエリアも狭いです。
下記の6大都市です。

北海道
東京都
兵庫県
広島県
岡山県
福岡県

ユウ
ユウ
ちなみに本社は北海道みたいです。

逆に圧倒的な求人数がこの6都市に集約されていると考えると希望する希望地域がマッチする人にとってはありがたいですね。

また沿革を見ていても徐々に拡大傾向にあるので今後はさらに対応エリアが増えていくでしょう。

ケアジョブのデメリット(2):無資格の人は利用できない

前述したとおり、介護経験者をターゲット都しているので「これから新しく介護の仕事を初めてみたい!」という人は残念ながら利用することができません。

ただ初任者研修くらいであればすぐ獲得できるのでどうしても利用したい人は取得をしに行っても良いかもしれません。
介護を仕事としてやっていくのであれば自ずと取得する資格ですからね。

ケアジョブのデメリット(3):コンサルタントに当たり外れがある

冒頭でもお話ししましたが、ケアジョブに限らずほとんどの転職エージェントが抱える問題ですね。
利用者も人間であればアドバイザーもまた人間ですので合う合わないはどうしても出てくるでしょう。

事前にわかっているとそこまで精神的な負荷もかかりませんし、「この人合わないな‥。」と思ったら即効で担当を変えてもらいましょう。
長くなればなるほど言い出しにくくなってしまいますからね。

ケアジョブの口コミ・評判まとめ

やさし君
やさし君
気になるのは実際に使った人の感想だよね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
そうそう。そこが知りたいのよね。
ユウ
ユウ
それではまず悪い口コミから見ていきましょう!

悪い口コミ

なんか急かされる感じがした‥。
希望と違う求人ばかり進められたんだけど‥。
意外に紹介された求人数が少なかった。
しつこくはないけどなんかあっさりしてたなぁ‥。
仕事中に連絡して来られるのは困る。

やはりアドバイザーに関するコメントが多かったですね。
逆に言うとそこさえクリアできればかなり有効的に利用できると思います。

良い口コミ

続いて良い口コミをまとめました。

求人検索希望がわかりやすく細分化されていて使いやすかった。
女性コンサルタントがいて安心した。
日勤の求人が他のサイトより多くて希望にマッチした。
面接まで同行してもらえてとても助かった。
速攻で次の職場が決まって満足。

悪い口コミと同様にアドバイザーに関する評価と利便性を評価するコメントが多かったです。

よくある質問


下記のとおりです。

  • その①:断れなくて困ってるんだけどブロックしてもOK?
  • その②:コンサルタントはチェンジしてもOK?
  • その③:退会方法を教えて!

こちらもそれぞれ順番に解説していきます。

ケアジョブによくある質問(1):断れなくて困ってるんだけどブロックしてもOK?

何も言わずにブロックはやめましょう。
きちんと伝えておきましょう。

連絡の方法や頻度の見直しを提案するか、サクッと退会するか。
前述したとおり合う合わないがありますから退会することに申し訳なさを感じることはありません。

ケアジョブによくある質問(2):コンサルタントはチェンジしてもOK?

もちろんOKです。

この時に「何が合わなかったのか?」「どこが嫌だったのか?」をしっかりと言葉に落とし込んで伝えることで次の担当とマッチする可能性が高まります。

何回もチェンジしていてはユーザー側も疲れますし気が滅入りますよね。

ケアジョブによくある質問(3):退会方法を教えて!

アドバイザーに直接電話して伝えるか、フリーダイアルでもOKです。
フォームからの連絡はできないみたいですね。

フリーダイアル

0120206014

ここも前述したとおり、理由や経緯をスッと答えられるように予め準備しておくことをお勧めします。

ケアジョブを利用して転職するまでの流れ


簡単3ステップです。

  • 手順①:1分で登録
  • 手順②:担当者の連絡を待つ
  • 手順③:求人の紹介を待つ

サクサクと見ていきましょう。

ケアジョブの利用手順ステップ(1):1分で登録

まずは持っている資格を選択して

続いて希望する働き方を選択。

続いて転職時期を選択。

住んでる地域を選択して(番地までは必要なし。)

生年月日を選択。

名前を入力。

最後に電話番号を入力して完了。

ユウ
ユウ
1分もかかりませんでした。

ケアジョブの利用手順ステップ(2):担当者の連絡を待つ

アドバイザーから連絡が来るので希望する条件を予めまとめておきましょう。

この段階でアドバイザーが合う合わないを見極めるくらいの感じでも良いかもしれません。

また連絡の形態や頻度についてもこの段階で希望があれば伝えておきましょう。
あとあと面倒くさくならないように。

ケアジョブの利用手順ステップ(3):求人の紹介を待つ

あとは条件に合う求人を探してきてくれるまで待つだけ。
紹介された案件はしっかりを目を通し疑問点は臆せずぶつけましょう。

その後面接日の調整やサポート、就業先への見学を経て面接です。

ケアジョブはどんな人が使うべき?


これまでのケアジョブの特徴や他社との比較を踏まえておすすめな人は下記のとおりです。

  • 有資格者
  • 大手が苦手な人
  • 正社員を目指している人
  • 対応可能エリアに希望する人
  • ゆっくりと転職活動をしたい人

ひとつずつ深堀していきます。

ケアジョブがおすすめな人(1):有資格者

有資格者の人はマストで登録しておくべき転職サイトですね。
経験者に特化しているということはある程度は高いハードルを望んでも良さそうです。

ケアジョブがおすすめな人(2):大手が苦手な人

いわゆる「広く浅く」求人を展開している転職サイトにまどろっこしさを感じる人にもおすすめです。

余計な求人を最初からカットし最短ルートで見つけることができるでしょう。

ケアジョブがおすすめな人(3):正社員を目指している人

前述したとおり、正社員で就職した実績が約半分を占めているので正社員を狙っている人には適正ですね。

実績が物語っています。

ケアジョブがおすすめな人(4):対応可能エリアに希望する人

「有資格者」と同様にケアジョブが展開するエリアに就業を希望する方もマストで登録しておくべきです。

とても濃ゆく求人を探すことができるでしょう。

ケアジョブがおすすめな人(5):ゆっくりと転職活動をしたい人

ケアジョブの特徴のひとつである「非公開求人」の多さから市場に出回っていない自分に合った、かつレアな案件が来るまでじっくり待てる人。

転職を思い立って瞬間から登録し、地道に好案件を待てる人にもおすすめです。

ケアジョブのメリットまとめ

ケアジョブのメリットをまとめると下記のとおりです。

  • 圧倒的な求人数
  • 利用者満足度が高い
  • 介護職に特化していてる
  • 厚労省の認可があるので安心
  • 連絡は他社と比較してそこまでしつこくない

最初から使う人が限られてくるので汎用性という面ではイマイチかもしれませんが希望地や有資格者はマストで登録すべき転職サイトだと思います。

転職サイトのネックであるアドバイザーのしつこさもそこまでないみたいですし。
»ケアジョブに無料登録する

転職サイトは複数登録がマスト

転職サイトはもう1〜2個くらい登録しておきましょう。
さらに安心できるし選択肢が広ががります。
比較もできるし最悪合わなければ退会すればOKなので。

介護系に強い転職サイトを下記の記事でまとめましたので参考にどうぞ。
»【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

コメント

タイトルとURLをコピーしました