介護から他業種への転職はアリ?後悔しない為に知っておきたい第3の道

不安

こんにちは。介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
今介護職として働いているんだけど、他業種に転職しようか悩んでいるんだよね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
このまま転職して大丈夫かしら?
ユウ
ユウ
未知の世界に飛び込むのは怖いですよね。
それでなくても転職は勇気がいりますし。

ということで今回は、

「介護職から異業種への転職を検討している人」
「本当に転職しても大丈夫か不安な人」

のために転職で失敗や後悔をしないように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

介護職から他業種への転職はアリ?


結論は、『ちょっと待ってください』です。
なぜなら介護であって介護でない『第3の道』が残されているからです。

また『場所』を変えることによって今抱えている悩みが解決するかもしれません。

事実、ぼくは新卒からずっと10年同じ会社にいます。

異業種へ行く前に検討して欲しい介護の職種3選

  • 営業職
  • 事務職
  • ケアマネ

上記のとおりです。
上記の3つは介護であって介護職でない職種の代表例です。

まず異業種に行く前に上記への部署移動もしくは転職を検討してみてください。
詳しい理由については異業種との比較をしながらこのあと解説していきます。

ちなみに僕は訪問入浴の現場から営業職になったクチです。

利用者とも触れ合えるし、現場の時ほど体を使わないしでちょうどいい塩梅で仕事しています。

訪問入浴が気になる方は下記の記事をご覧ください。
»【3分でわかる】訪問入浴とは?【概要から歴史までサクッと解説!】

もしどうしても他業種に行きたいなら

もし「どうしても介護をやめて異他業種に行きたいんだ!」という人がいるならまずは「実績」を作ることだけでも挑戦してみてください。

実績があると他業種への転職も有利になり採用されやすくなりますので。

こちらも詳しくは後述しています。

第3の道のメリット

    その①:やりがいがある
    その②:経験値が溜まっている
    その③:将来に役立つスキルが手に入る

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

第3の道のメリット(1):やりがいがある

介護系の職種を選ぶメリットはやりがいが持てるところです。
介護から他業種に行ってやりがいが無くなり廃人のようになった人を何人も見てきました。

特に介護が好きで、もしくわやりたくて始めた人はモチベーションを下げることなく次の仕事に着くことが可能です。

この『やりがい』が綺麗事に聞こえるかもしれませんが、仕事をする上でかなり大切。
つまらない仕事をしていても満たされませんし、成果も出しにくい。

第3の道のメリット(2):経験値が溜まっている

いわゆる『強くてニューゲーム』状態で仕事をすることが可能です。

介護に関する知識や技術はそのまま次の仕事に活かすことができます。か
なり大きなポイントです。

第3の道のメリット(3):将来に役立つスキルが手に入る

介護自体は将来の自分ないし、身近な人の為になる可能性が非常に高いです。

介護保険制度やサービスの種類や内容を知っているだけで全然違います。

他業種へ行くメリット

    その①:気持ちがスッキリする
    その②:新たなスキルが手に入る
    その③:ブラックから抜け出せる

上記のとおり。
比較しながら解説していきます。

他業種へ行くメリット(1):気持ちがスッキリする

介護から離れることで心機一転気持ちがスッキリするでしょう。
どれほど辛かったかで度合いが変わってきますね。

特に思い入れや動機もない場合はサクッと他業種に行ってもいいかもしれません。

他業種へ行くメリット(2):新たなスキルが手に入る

全く新たな技術や知識を得ることができますね。

いろんなことに挑戦したいという気持ちが強い人にはいいかもしれません。

他業種へ行くメリット(3):ブラックから抜け出せる

確率論で言えば介護業界はブラックな会社の方が比較的多いので、(こちらも職種によりますが)他業種に移ることによってブラック労働から抜け出せる可能性が高いです。

第3の道のデメリット

続いてデメリットです。
第3の道、つまり介護というカテゴリーとしては変わらず、そのまま継続していくことによる弊害が下記のとおり。

同様に介護職を辞めたい理由TOP3でもあります。

  • 収入
  • 腰痛
  • 人間関係

上記です。
ひとつずつ見ていきましょう。

介護職として継続するデメリット(1):収入

他業種と比較しても介護職員の平均給与は低いです。
お給料は言わずもがな仕事をする上でとても大切な要素。

将来の不安にも繋がりますね。

ただ、現代では派遣や非常勤の介護職として働きつつ副業で収入を補填する人も増えてきています。

また会社によりますが給料が良い介護の会社も確実に存在します。
ぼくの年収は650万円くらいなのでまあまあかなと。

探してみる価値はあります。

介護職として継続するデメリット(2):腰痛

ガッツリ現場の介護職員として継続していく場合は腰痛問題がついて回ります。
ただ何度も繰り返して申し訳ないのですが、職種次第です。

まさに冒頭でご紹介した3つの職業がそうです。
下記の記事で深堀りして解説しています。

また介護職との因果関係について言及していますので興味のある方は是非チェックしてみて下さいませ。
»腰痛持ちにおすすめな介護系の転職先3選!最も腰痛リスクの高い介護サービス従事者が解説!

介護職として継続するデメリット(3):人間関係

介護職を辞めたいと思う理由のひとつが人間関係です。

代表的なのは『お局問題』ですよね。
実際にかなりの数の話を聞いてきました。

ただ社内での部署移動であれば人間関係もひきづる可能性がありますが、別の会社で働く場合は解消されそうです。

他業種へ行くデメリット

  • 採用率は低め
  • 労力がかかる
  • ハズレくじを引くかも
  • 上記のとおり。
    こちらも深堀りして解説していきます。

    他業種へ行くデメリット(1):採用率は低め

    他業種に行くと決意してる人にとっては由々しき問題です。
    介護→他業種への採用率は低いことが明らかになっています。

    理由は介護に限ったことではありませんがその専門性です。
    言い換えると汎用性の低さに起因します。

    基本的に会社は利益を求めるので利益に直結しないスキルは言ってしまエバ必要ありません。

    なので介護職から他業種へ転職する場合は、転職先に対して自分はどんなメリットを与えることができるかを確認してから望む方が賢明です。

    他業種へ行くデメリット(2):労力がかかる

    言わずもがなですが、全く未開の地へ行くわけですから、かなりの労力がかかります。
    精神的にも肉体的にも。

    そもそも転職活動自体、仕事と並行して行う場合が多いですので。

    他業種へ行くデメリット(3):ハズレくじを引くかも

    全く知らない業種だからこそ、前述したようにリサーチに時間がかかるしそもそも選び方がわからない場合が多いです。

    そうなると当然ハズレくじを引く確率が高くなるわけでそこで再度転職について頭を悩ませる必要が出てくるわけです。

    他業種へ行く前にワンクッションはさむ


    ここまで解説してきてとおり、他業種への転職はどちらかと言うとリスクの方が高いように感じます。
    少しでも失敗する確率を下げてからでも遅くありません。

    最終的なジャッジはまず冒頭からご紹介している『第3の道』を経由、ワンクッションかましてからでもいいかと。

    介護であって介護でない職種への転職

    優先すべきは務めている会社内での部署移動です。
    そちらの方がよりリスクがないですからね。

    ただ、もし今勤めている会社内に第3の道がない場合は転職活動しつつ探すしかありません。

    介護転職で失敗しないために

    繰り返しになりますが転職エージェントを最大限に活用しましょう。

    やさし君
    やさし君
    と言っても不評が気になるしな〜。
    ゆうこちゃん
    ゆうこちゃん
    そうよね〜。しつこいってよく聞くし‥。
    ユウ
    ユウ
    使い方次第です。下記よりサクッと解説していきます。

    転職エージェントの賢い使い方

    下記の2つを抑えておけばOKです。

    • 主導権を握らせない
    • 複数登録で比較

    サクッと解説していきます。

    主導権を握らせない
    前述したとおり、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
    なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

    例えば資格取得支援制度やお祝い金制度など。
    エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。

    複数登録で比較
    より転職の成功率を高めるために複数利用はマストです。
    視野が広くなるのと機会損失を減らすことができます。

    ただ登録し過ぎると管理が大変なので2〜3くらいがベストです。

    転職エージェントの選び方

    とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

    是非ご覧になってみてください。
    »【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

    転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
    転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

    上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
    動き出した人から変わっていきます。

    おわり。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました