【コピペOK】介護で転職回数が多い人の志望動機の書き方と例文【現役面接官が解説】

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
僕ってけっこう転職回数が多いんだけど、志望動機ってなんて書けばいいの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
てかやっぱり回数多いと不利かしら?実際のイメージも気になる。
ユウ
ユウ
志望動機とかっていざ書こうとするとなかなかバシッと決まるのが思いつかないですよね。面倒くさいですし。

ということで今回は、

「転職回数に不安を抱く人」
「どんな感じで志望動機を書けばいいかサクッと知りたい人」

のために、介護業界の転職市場の実態と採用率がガツンと上がる志望動機の例文を、ポイント解説しながら紹介していきます。

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事、面接にも携わっている
ユウ
ユウ
例文だけサクッとコピペしたい人は【目次】から【パターン別例文10選】にビュンと飛んでください!

【介護転職】回数が多いと不利?


面接官をしている立場から言うと、意外とそうでも無いが回答です。

というか面接をしててわかりましたが、転職を繰り返している人はけっこう多いです。
もちろんそんな人達を何人も採用してきました。

他の業界では大きなイメージダウンかもしれませんが、介護業界はそこまでだと思います。

ただ短期間に数十回とか明らかに異常だなと思ってしまうのは例外です。

そこらへんのボーダー、転職の回数に関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてどうぞ。
※参考:介護転職は◯回まではOK

逆に活かせるとポイント高い

個人的にはむしろたくさん経験しているので信頼度が増すこともあります。

    逆にしっかりと活かすことができれば採用率はガツンと上がります。

とは言え、あくまで個人の感想です。

面接官は私だけではないですからもしかしたら人によってはマイナスとして捉えることがあるかもしれません。

しっかりと対策をして臨むようにしましょう。
以下から解説していきます。

転職回数が多い人に抱く3つの不安【解消する書き方と回答例】

3つの不安が下記のとおりです。

    その①:すぐ辞めないか
    その②:トラブルを起こさないか
    その③:負のオーラを纏っていないか

面接官が持つ上記の3つの不安を解消してあげることでグンと採用に近づきます。

それぞれひとつずつ順番に回答例と併せて解説していきます。

転職回数が多い人に抱く不安(1):すぐ辞めないか

1番い抱かれやすい不安です。
すぐ辞められては困りますからね。

回答例・解消する書き方
貴社で最後まで勤めたいと思っております。

これでOK。単純に長く続ける意思を表明できれば大丈夫です。

転職回数が多い人に抱く不安(2):トラブルを起こさないか

「何か人間性に問題があって、辞めさせられたのではないか‥。雇っても大丈夫か?」という不安です。

スタッフ間もそうですが、利用者やその家族、関係者とのトラブルは避けたいですからね。

回答例・解消する書き方
前職は円満に退社し、前職の方から今でも連絡がくることがあります。

こんな感じでOKです。

転職回数が多い人に抱く不安(3):負のオーラを纏っていないか

人事担当者や面接官等の管理職の人はスタッフ間に負のオーラが伝染するのを恐れます。

前職の愚痴や不満は退職理由にあげないようにしましょう。

回答例・解消する書き方
前職では大きく成長することができました。

これでOK。
前向きな姿勢をアピールするようにしましょう。

ここまでご説明したのは、基本的に聞かれたら答えるスタンスでOKです。
わざわざ自分から言う必要はありません。

履歴書の志望動機やPRポイント等にサラッと書くくらいで大丈夫です。

よくある質問:嘘つけない‥

ぶっちゃけると今の日本の面接システムでは、嘘をつかないまでも言い方を良い様に変えたり、多少盛ることは必要です。

真意は当人(あなた)しかわかりません。

嘘も方便とまでは言いませんが、これらはテクニックであり必要な準備、対策なのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

実際前向きに転職を繰り返す人はほんのわずかでしょう。
もちろん面接官もわかっています。

その上でどう転換してどうアピールしているかで

「お!この子はすごいな!」

とか

「上手いな!」
「しっかり準備してるな!」

と思うのです。
履歴書の内容も字も適当に書いてきた人より遥かに採用率が上がるのは一目瞭然です。

ユウ
ユウ
たまに見ますよ。さっき寝起きに書いてきたでしょ?って感じの履歴書。当然不採用にします。

転職回数が多いのを活かす伝え方とポイント


ポイントは「経験値」にフォーカスすることです。
回数が多い=たくさんの場数を踏んだということですので。

そこを最大限に活かして伝えましょう。
前職の業種別にサクッと伝え方をご紹介します。

同業種から転職する場合

たくさん見てきた中で、今から受けるところが1番良さそうだと思ったことを伝えましょう。
それも具体的にどういうところがかを伝えられればGOODです。

またそれこそ経験値が豊富なので自分が即戦力であるということも併せて伝えましょう。

異業種から転職する場合

介護業界未経験者のケースですね。

前職のどんなところを活かすことができるのかと、介護を選んだきっかけをわかりやすく伝えましょう。

混合している場合

介護も経験しているし、他の業種も経験していて介護にまた戻ってくるケースです。

このパターンの人は「やっぱり介護がしたい!」と思ったことを伝えて、そう思った理由を明白にしておきましょう。

アグレッシブに伝えることができればできるほど採用担当者の心を唸らせます。

ユウ
ユウ
具体的な私なりの例文を以下から紹介していきますね!

【転職回数が多い人の志望動機】パターン別例文7選

例文①:同業種からの転職(1)

〜日勤を志望する場合〜

私が貴社を志望した動機は職員の方々の笑顔です。
先日貴社の偶然貴社の前を通った時に制服を着た貴社のスタッフの方々がとてもイキイキとした笑顔で働かれていた姿を見て、是非私も働いて見たいと思いました。
前職やこれまで働いてきた施設では、夜勤帯で勤務することが多く残念ながら笑顔あふれる職場というわけにはいきませんでした。
是非貴社の笑顔と活気あふれる職場で働いてみたいです。

例文②:同業種からの転職(2)

〜大手を志望する場合〜

私が貴社を志望した動機は魅力的な研修制度の存在です。
貴社のホームペーにて拝見させて頂いた研修制度であれば私の以前からの希望であったスキルアップが叶うと思ったからです。
これまでいくつかの職場で働かせて頂きましたが、なかなか整った研修制度がある環境に巡り会うことはできませんでした。
貴社でさらに経験を積み、これまでの経験も含めて活かせるように頑張りたいと思っています。

例文③:同業種からの転職(3)

〜訪問入浴の会社を志望する場合〜

私が貴社を志望した動機は入浴介助が大好きだからです。
これまで施設やデイサービス等々で働いてきましたが、どの現場でも利用者に1番喜んでいただける入浴介助に1番やりがいを感じていました。なので入浴専門サービスの訪問入浴に力を入れてらっしゃる貴社で働かせて頂きたいと思いました。

例文④:同業種からの転職(4)

〜デイサービスを志望する場合〜

私が貴社を志望した動機はこれまでの経験を活かせるからと思ったからです。
特に1番得意だったのが、貴社も力を入れているレクリエーションの企画や提供です。
多くの利用者さんに喜んでいただけましたし、何より私自身やっていてとても楽しかったです。
レクリエーションの提供回数や触れ合ってきた利用者さんの数では誰にも負けません。
是非、貴社のためにこれまでの経験やスキルを使わせてください。

例文⑤:異業種からの転職(1)

〜ベンチャーを志望する場合〜

私はこれまで、色々な会社で働いてきました。その中で1番時間を割き、身になったスキルが営業力です。貴社の今後の躍進に微力ながらお力添えできると思いました。介護自体は未経験ですが、貴社で学ばせて頂きながら利用者の家族や、関係者等々へのコミュニケーションや関係構築の面でもお役に立てる部分があるかと思い応募させて頂きました。また、私の両親のことを考えた時に介護の知識や技術は必須だと思いこちらの業界を希望させて頂きました。

例文⑥:異業種からの転職(2)

〜大手を志望する場合Part2〜

私はこれまで飲食を中心に、たくさんの職場で働いてきました。その中で培ってきたコミュニケーション能力や接客術は介護でも活かせると思い志望させて頂きました。以前学生の頃ボランティアで福祉施設で高齢者の方々のお世話をさせて頂いたことを最近ふと思い出し働いてみたいと思いました。
また、業界大手である貴社であれば多くを学ばせていただけるとも思いました。

例文⑦:同・異業どちらも経験済からの転職

〜老舗を志望する場合〜

私はこれまで介護を含めてたくさんの仕事を経験してきましたが、その上でやはり介護の仕事をしたいと改めて感じたので、老舗である貴社を志望いたしました。たくさんの職種で働きながら常に頭の片隅に介護があり、「このスキルは介護にどう活かせるか?」を考えていました。例えば清掃員として働いていた時は、利用者さんの居室を誰よりも綺麗にすることができる感じていました。介護も他の仕事も経験した私だからこそできることがあると思います。
ユウ
ユウ
特に文章を書くときは「結論→理由→具体例→再主張」の順番で書くと伝わりやすいですよ!

ダメ押し:プロに添削してもらう


もしまだ間に合う人は是非プロに添削してもらってください。
より精度が高まり、さらに採用されやすくなります。

具体的に言うと転職エージェントの活用です。

    良質なエージェントは履歴書の添削に限らず面接の同行や、交渉までしてくれるところがあります。

しかも全て無料です。

複数登録がマスト

ひとつの転職エージェントでは、もしかしたら希望する会社の求人を取り扱っていないかもしれないので基本的には複数登録しておくことをおすすめします。

またすでに転職エージェントを活用して面接日が決まっている人でも1社しか登録していない場合は、もうひとつくらい登録しておくことをオススメします。

万が一の時の備えになりますからね。

保険にもなる

繰り返しになりますが、万が一の時のために今から登録だけしておくと気持ちもかなり安定します。

    転職エージェントに登録して「今すぐは考えていない」という意思と「少し高めの希望条件」を設定しておいてください。

もしまた転職したくなった時に、無駄な工程をカットしてスムーズに動けるようになります。

前述した「履歴書の添削」等の付加価値に定評がある転職エージェントは下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。
※参考:介護系に強いおすすめ転職エージェント3選

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました