【介護転職】勤務形態に関するよくある質問まとめ【業界10年目が解説】

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護職に転職したいんだけど、自分にあった勤務形態で働けるか不安だ。
少しブラックなイメージもあったりするのでそこんところしっかりチェックしておきたい。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私も子供ができて働き方を見直さなくちゃいけないのよね。
ユウ
ユウ
勤務形態は生活に直結することなのでかなり重要ですよね。

ということで今回は、

「介護職として自分が希望する働き方があるのか確認したい人」
「ライフスタイルの変化によって働き方を見直したい人」

のために、介護職の働き方に関するよくある質問をピックアップして網羅的に解説していきますので、様々な疑問が解決できるようになっています。

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
ユウ
ユウ
4500名(SNS総フォロワー)の福祉職の方々と日々情報交換もしています。

かいご畑

それでは参りましょう^^

【介護転職】自分に合った勤務形態を


働き方に関してある種、限定的にとらえられがちな介護職ですが全然そんなことはありません。

むしろ働き方に関する選択肢は多い方です。

なので本記事を参考にしっかりと自分に合った勤務形態選ぶようにしてください。

待遇は勤務先によっての差が激しい

勤務形態は多種多様ですが、待遇に関しては勤務先によるところが大きいです。

なので自分に合った働き方を見つけたからと言って完全に安心してきって油断しないようにしてください。

その上で精査しないとブラックなところに当たってしまいます。

ブラックなところをできるだけ避ける方法は記事最後に解説しています。

よくある質問①:夜勤なしで働きたい

上記の記事で詳細がわかります。

「介護=夜勤」という先入観を持つ人もいますが、夜勤がそもそもない日中の仕事もあります。

上記の記事ではその中でも最も給与の高い職種を紹介しています。
夜勤でガッツリ稼ごうと思ってる人も一読の価値ありです。

  • 夜勤がない介護の仕事5社の年収比較
  • 夜勤がないメリットとデメリット

上記のトピックスについて深堀りしています。

やさし君
やさし君
体力があるうちは夜勤の方がむしろ働きやすかったりするかも。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私はもう疲れたわ(笑)
ユウ
ユウ
後ほど紹介する「派遣」として働くことと掛け合わせることによって想像以上にストレスフリーで働くことも可能です。

よくある質問②:パートとして働きたい

上記の記事で詳細がわかります。
こちらも介護職の代名詞とも言える勤務形態ですね。

特に「訪問介護」なんかは中高年の女性が割合的には多いのです。

  • パートのそもそもの需要
  • 介護パートの仕事内容
  • 給料と待遇について
  • 立場間格差について
  • 5つのメリット
  • デメリット

上記のトピックスを深堀りして解説しています。

気になる派遣との違いや有給、ボーナスについても解説しています。

よくある質問③:正社員になりたい

上記の記事で詳細がわかります。

特に男性が多いと思いますが最近では40代から50代で目指す方もかなり増えている印象です。
  • 介護の正社員の将来性
  • パートや派遣との違い
  • 正社員になる難易度

上記のトピックスを深堀りして解説しています。

コロナ禍やIT化が進み職がなくなるこのご時世で志望者は増加しつづけています。

狙うなら早めの行動をおすすめします。

やさし君
やさし君
正社員になるのってやっぱりある程度難しいかったりするのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
正社員の方が逆にきつそうに見える時があるわ。どっちがいいのかしらね。
ユウ
ユウ
会社次第ですね。。。

よくある質問④:土日休みなところで働きたい

上記の記事で詳細がわかります。

求人で「土日休み」で検索をかけるとなかなかヒットしなかったりしますが確実に存在しますので安心してください。

  • 土日休みの介護の仕事5選
  • 失敗しない職場の探し方
  • 給料について

上記のトピックスを深堀りして解説しています。

ちなみに僕も完全週休2日制の会社で働いています。

よくある質問⑤:派遣として働きたい

上記の記事で詳細がわかります。
手軽に始めやすいのが派遣です。

ひと昔前だと派遣を下にみる風潮がありましたが最近ではだいぶ改善されています。

また、介護における派遣は働き方として賢い選択肢のひとつであるとも思います。

人によってはベストマッチする働き方です。

  • 派遣で働く上での2つの注意点
  • 派遣として働く5つのメリット
  • おすすめの派遣会社2選
  • 派遣と直接雇用の違い
  • 派遣介護士の声

上記のトピックスを深堀りして解説しています。

ちなみに僕が今から介護の仕事を始めるなら派遣でスタートすると思います。

やさし君
やさし君
派遣か〜。考えてなかったけどちょっとこの機会にチェックしてみようかな。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私はじつは派遣狙いなのよね。
ユウ
ユウ
繰り返しになりますが、むしろアツい働き方のひとつです。

転職活動は1人でしない


転職活動はぜひエージェントを活用して進めていってください。

冒頭でお話しした「ブラックな会社を避ける最適解」がエージェントと二人三脚で転職活動をすることです。

転職活動にかかる工数や時間を圧倒的に削減することができます。
またかれらは市場に精通したプロたちなので合格率ももちろん上がります。

    さまざまなサービスが無料で使えるのでしょうじき使わない手はないです。

転職活動は1人でしようとするとけっこうハードです。

複数登録がマスト

ひとつの転職エージェントでは、もしかしたら希望する会社の求人を取り扱っていないかもしれないので基本的には複数登録しておくことをおすすめします。

    またすでに転職エージェントを活用して面接日が決まっている人でも1社しか登録していない場合は、もうひとつくらい登録しておくことをオススメします。

万が一の時の備えになりますし、エージェントとの相性もあるので。

介護系に強い転職エージェントは下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。
※参考:介護系に強いおすすめ転職エージェント3選

本記事があなたの転職活動をサポートできれば幸いです^^

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました