介護職のベストな転職時期は?正解は〇月!避けるべきタイミングも解説

転職ノウハウ

こんにちは。介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
転職を考えているんだけどベストな時期っていつなの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
トラブルなくスムーズに転職できるタイミングが知りたいわ。
ユウ
ユウ
会社に退職の申し出をしたり、新天地でうまくやっていけるかなど転職には色んな心配事が出てきますよね。

ということで今回は、

「介護職のベストな転職時期が知りたい人」
「トラブルなく綺麗に転職したい人」

のために実際に採用や人事にも携わってきた知見と、会社目線のリアルな視点から解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

【結論】介護職のベストな転職時期


結論は「2月」です。
これが10年以上会社への出入りを絶えず観察して身をもって体感してきて出た結論です。

ネット上では様々な記事がありますがおそらく2月をピンポイントでおすすめするものは無かったと思います。

以下から理由を解説してきます。

なぜ2月なのか?

答えは1年の中で最も穏やかに退職と就職することが可能だからです。
転職活動には体力的にも精神的にも大きな負担がかかります。

2月はそれらが最も軽減される月になります。
詳しくは後述しますが、繁忙期や定番とされる人が出入りする時期に転職するとかなりハードです。

受け入れ側もあなた自身も上記の時期は忙しく通常よりも負担がかかることになります。

できるだけ年始に近い方がベスト

前述した繁忙期や人の入れ替わりがあるのは1年の後半に集中しています。
なので逆説的に年始に近い方がベストなタイミングだと言えます。

ただ1月は世間的にも少しバタバタしている月なので少し落ち着いた2月がベストなのです。

最初が肝心

転職には当然ですが「退職」と「就業」の2つのフェーズがあります。
とにかく退職したくてそっちにばかり気がいくと、反対により良い就業のチャンスを逃しかねません。

そして就業を成功させるかどうかを担うのが最初にあなたが職場に感じる印象です。
なのでより良いスタートにもガッツリこだわるべきです。

繰り返しになりますが忙しい時期はなるべくさけて双方ができるだけストレスが無い時期に転職するのがベストです。

年間の転職タイミングチェックシート

    1月:ボーナス後で退職増加し求人増加
    2月:ベスト!!!!
    3月:年度末で退職増加し求人増加
    4月:新卒採用の時期
    5月:GWでプチ繁忙期になる
    6月:ボーナス前で慌ただしくなる
    7月:ボーナス時期で人の入れ替わりが激しい
    8月:ボーナス後で退職増加し求人増加
    9月:ベター!
    10月:退職者が増える傾向にあり求人応募数が増える
    11月:繁忙期とボーナスが近くなり会社が慌ただしくなる
    12月:ボーナス時期・繁忙期・年末で忙し過ぎ
ユウ
ユウ
繁忙期はサービスの種類によっても異なりますが、一般的には家族のサポートが薄くなりがちなお盆やお正月に介護サービスの需要が高まる傾向にあります。
やさし君
やさし君
あと2月に入ったらギリ新卒の子にマウント取れるね(笑)
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
それ以外に重要かも。

よくある質問

よくボーナスをもらった後に速攻で辞めようとする人がいますが同じことを考えている人がたくさんいるので求人の倍率も高くなります。

何を優先して考えるかによりますが、どうせ転職するなら成功させたいですよね。
舌の根も乾かないうちにまたすぐ転職なんてことは避けたいはずです。

採用率は度外視してOK

できるだけ採用率が高い時期に転職した方がいいという声もありますが度外視してOKです。

なぜなら介護業界は年間を通して他の業種より採用率が高いからです。
求人もどの時期に見ても必ずどこかしらから出ています。

ユウ
ユウ
まだまだ人材不足な業界ですからね。

採用される確率を上げるよりも、採用された後のことを考える方が肝要です。

避けるべきタイミング


逆に転職を避けた方がいいタイミングは、繰り返しになりますが「繁忙期と人の入れ替わりがある時期」です。

具体的には1月、3月、4月、8月、10月、12月です。
これらはおすすめできません。

先程ご紹介したチェックシートの内容を含めて深堀りしていきます。

人の入れ替わりがある時期

ボーナス後で退職者が多くなったり、その分会社も求人をいつもより多くなります。
採用率が上がるかもしれませんが、良質な企業では倍率も高くなります。

また多くの新人が入ることになるため意識せずともどこか競争意識が芽生えたり、比較されて精神をすり減らすことになります。

繁忙期

会社が人材の確保より利益の確保にフォーカスするタイミング。
基本的に株式会社は利益を求めるのでこのタイミングを疎かにするところはありません。

同様に育成や教育も。また世間的にもイベントごとがある時期なので忙しさは加速します。

この時期に入社するといきなり会社のMAXのキツさを経験することになるのでおすすめできません。

ユウ
ユウ
逆に乗り越えることができれば強いですが。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
最初からきついのはやっぱちょっとやだな‥

補足:半年でバックレるのはアリ?

意外と多い質問でして、下記の記事で解説しています。

円満に退職する3つの方法

    その①:決めてから報告
    その②:会社の規則を確認
    その③:限界までガマンしない

上記のとおりです。
それぞれ順番にひとつずつ解説していきます。

円満に退職する方法(1):決めてから報告

次の転職先ややりたいことが固まってから会社に報告するようにしましょう。
なぜなら大半の上司や同僚が転職の相談をしたら引き止めてくるからです。

決心が鈍りダラダラと続けることになりかねません。
そして引き止めた人があなたの悩みを解決できる可能性はめちゃくちゃ低いです。

そんなに簡単に解決できたらそもそも転職など考えません。
スパッとさっぱり決めてから話してください。

ユウ
ユウ
もちろんですが僕は転職肯定派。
これまで何人もの去っていく背中を見てきました。

円満に退職する方法(2):会社の規則を確認

あくまでも就業中はその会社のルールに準じる必要があります。

トラブルの原因にもなりかねないので転職を考えたら就業規則を確認しましょう。
退職の申し出をする期間等をしっかりチェックです。

円満に退職する方法(3):限界までガマンしない

限界までストレスを溜めるのは辞めましょう。
転職する際の判断を鈍らせます。
また会社ともこじれる可能性があります。

転職活動をするだけならリスクは無いので思いたったらパンクしないうちにゆっくりでいいので計画を進めていきましょう。

また計画することがある種の安心材料になることもあります。

奥の手の退職代行

どうしても退職の意向を伝えづらかったりする場合は有料ですが»退職代行サービスを活用しましょう。

ぼくの会社のグループ会社に最近入ってきた新卒の子がこのサービスを利用して退職しました。

ユウ
ユウ
なんでも春のキャンペーンで安かったとか。

なる早準備が転職成功率を上げる


繰り返しになりますが転職を考えたらできるだけ早めに準備し、計画的に進めていってください。
急な退職はトラブルの原因にもなりますし、限られた時間の中で焦って選ぶと妥協しがちです。

あなた自身の転職の失敗リスクが高くなります。
転職で勢いでするものではなくしっかりと準備して行うものです。

準備や計画のサポートとして転職エージェントの利用をおすすめします。
あまり好きではない人もいるかもですが使い方次第です。

というより活用しないのはかなりもったいないです。
転職エージェントを利用して求人市場全体像を把握しつつ、より良い職場を探し出してください。

転職エージェントの賢い使い方

下記の2つを抑えておけばOKです。

  • 主導権を握らせない
  • 複数登録で比較

サクッと解説していきます。

主導権を握らせない

前述したとおり、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えば資格取得支援制度やお祝い金制度など。
エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。

複数登録で比較

より転職の成功率を高めるために複数利用はマストです。
視野が広くなるのと機会損失を減らすことができます。

ただ登録し過ぎると管理が大変なので2〜3くらいがベストです。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

繰り返しになりますが転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました