【介護転職】履歴書の書き方完全マニュアル【資格、文字、添削、提出方法等まとめ】

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護職に転職するんだけど履歴書の書き方が全くわからない。というか面倒くさい‥。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
資格とか文字とか提出方法とかわからないこと多すぎて萎える。それに添削とかって誰に頼めばいいんだろう?
ユウ
ユウ
何も見ずに1から書こうとするとめちゃくちゃ疲れますよね。

ということで今回は、

「何から手をつけていいかわからない人」
「履歴書で失敗したくない人」

のために、介護転職における履歴書の書き方や注意点を各項目ごとに解説していきます。

本記事では網羅的に書いているので履歴書作成における様々な疑問が解決できます。
ユウ
ユウ
履歴書でライバルにガツンと差をつけられるように解説していきますね!
本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 介護職員への研修やセミナー講師としても活動
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている

【介護転職】履歴書に「資格」はどこまで書けばOK?


基本的には介護に関わる資格は全て書いてOKです。
ただあまりにも多すぎると若干引かれる可能性もなきにしもあらずです。

なので重複するような資格を所有している場合は最上位のものひとつだけでOKです。

重複は書かなくてOK

例えば介護福祉士の資格を取得している場合は、当然初任者研修と実務者研修も修了していることになりますので敢えて書かなくてOKです。

介護系の資格一覧
介護支援専門員
認定介護福祉士
 L介護福祉士
  L初任者研修
  L実務者研修
喀痰吸引等研修
レクリエーション介護士
介護予防運動指導員
福祉用具専門相談員
 L福祉住環境コーディネーター1・2級
介護事務<
ユウ
ユウ
意外と募集要項には記載がないけど「喀痰吸引等研修」を欲しているところも多いですよ。訪問介護とか。

その他、業務に必要な資格ももちろん記載してください。
運転免許は鉄板で必要だったりするところが多いです。

その他の近い資格
  • 看護師
  • 社会福祉士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 精神保健福祉士
  • 認知症介護実践研修
  • 認定特定行為業務従事者認定証
  • メンタルヘルスマネジメント検定三種
  • などなど。

    ユウ
    ユウ
    資格を書くときは必ず略称ではなく「正式名称」で書きましょうね!

    【介護転職】履歴書の文字は手書き?PC?


    できれば手書きで時間をかけて綺麗に書くことをおすすめします。
    そちらの方が熱意が伝わりやすいです。

    実際に僕も履歴書を見たときにしっかりとした字でめいいっぱい記載があるとそれだけで引き込まれます。

    PCを使った方が良い場合

    ただ、中には本当にやばいくらい字が汚い人がいます。

    いくら時間をかけて丁寧に書いてもひどいケースが。そういう人に限ってあまり自覚がなかったりするので第三者に確認してもらいましょう。

    どうしても綺麗に書けない場合はPCでも全然ありです。
    最優先事項は「読めること」ですので。

    【介護転職】履歴書の提出方法と封筒の書き方

    用意する封筒と注意点

      色:白色
      サイズ:A4サイズ
      注意点:切手の有無

    上記の3点をチェックして用意してください。

    ビジネス用の封筒で履歴書を折り曲げてかさばらないようにA4サイズで、当然向こうに料金がかからなうようにします。

    ユウ
    ユウ
    クリアファイルに入れてから封筒に入れるとより印象がアップします!

    封筒への記載時の3つの注意事項

    • 密封マーク「〆」
    • 「履歴書在中」
    • 住所に「-」は使用しない

    履歴書在中の記載に関しては印鑑があれば1番いいです。

    なければ赤ペンで左下に記載し、周りを定規等を使って綺麗に四角で囲みましょう。

    【介護転職】職務経歴書の書き方

    上記の記事で詳しく解説しています。

    職務経歴書に関しては比較的頭を悩ませずに終わると思いますが、印象をよくするレイアウトや構成も解説していますので軽くでも見ておくと採用率も上がるかと思います。

    【介護転職】志望動機の書き方

    上記の記事で網羅的に解説しています。

    【ベテラン勢】転職回数が多い人の場合

    上記の記事で解説しています。
    パターン別に例文を7つ紹介しています。

    また面接官の転職回数が多い人への印象を赤裸々に紹介しつつ、その上でどう対応したらいいかまで解説しています。

    【ビギナー勢】介護未経験者の場合

    上記の記事でパターンや状況別に5つのサンプルを用いて解説しています。

    また、未経験者だからこそ使えるコツやポイントもありますので該当する方はチェックしてみてください。

    【介護転職】自己prの書き方

    上記の記事で詳しく解説しています。
    例文や自己prを書く際のポイントやコツがわかります。

    ちなみに自己pr作成時のポイントは5つありまして下記の通りです。

      その①:PREP法で書く
      その②:エピソードを交える
      その③:欲しい人材を把握する
      その④:書きたいことは書かない
      その⑤:第3者にチェックしてもらう
      上記の記事で深堀りしています。

    【番外編】介護から転職する際の強み

    上記の記事で詳しく解説しています。
    介護職→異業種への転職時にご活用ください。

    また、改めて介護職の強みを振り返って確認したい人も参考にどうぞ。
    先ほど同様に、他業種へ転職する際の自己pr例文も載せております。

    ちなみに介護職から転職する際にアピールできる7つの強みが下記の通りです。

      その①:ストレスマネジメントができる
      その②:コミュニケーション能力がある
      その③:潜在ニーズを汲み取れる
      その④:情報処理速度が速い
      その⑤:協調性がある
      その⑥:体力がある
      その⑦:営業力

    先ほどの記事で深堀りしています。

    【介護転職】履歴書の添削(最終チェック)はできるだけプロにしてもらう


    もしまだ間に合うなら、できれば履歴書の添削はプロ(転職エージェント)にしましょう。
    圧倒的に市場に詳しく精通していますし、クオリティが高いです。

      良質な転職エージェントは履歴書の添削に限らず面接の同行や、交渉までしてくれるところがあります。

    しかも全て無料です。

    より転職活動が楽になりますし、採用率も上がります。
    使わない手はないです。

    複数登録がマスト

    ひとつの転職エージェントでは、もしかしたら希望する会社の求人を取り扱っていないかもしれないので基本的には複数登録しておくことをおすすめします。

    またすでに転職エージェントを活用して面接日が決まっている人でも1社しか登録していない場合は、もうひとつくらい登録しておくことをオススメします。

    万が一の時の備えになりますし、エージェントとの相性もあるので。

    保険にもなる

    万が一の時のために今から登録だけしておくと気持ちもかなり安定します。

    転職エージェントに登録して「今すぐは考えていない」という意思と「少し高めの希望条件」を設定しておいてください。

    あとは寝かせていてOKです。
    もしまた転職したくなった時に、無駄な工程をカットしてスムーズに動けるようになります。

    前述した「履歴書の添削」等の付加価値に定評がある転職エージェントは下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。
    ※参考:介護系に強いおすすめ転職エージェント3選

    おわり。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました