介護転職で資格を持っておく3つのメリットを10年目の業界人が解説【体験談も有】

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界に転職を考えてるんだけど何か資格が必要だったりするの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
どんな資格があってどうやって取ればいいのかしら?
ユウ
ユウ
お2人の様な悩みを持つ方って結構多いんです。
介護って「THE 専門職」って感じしますもんね。

ということで今回は、

「介護業界への敷居の高さが知りたい人」
「資格の取り方が知りたい人」

のために、資格を持つことによって生まれるメリットと、転職活動中の効率的な取得方法がわかるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

【介護転職】そもそも資格は必要なの?


結論から言うと、転職前に資格を取得しておく必要はありません。
ないけど「取っておく方がメリットがある」という感じです。

仕事しながら取る人もたくさんいますし。

ユウ
ユウ
ちなみに僕も介護業界に飛び込んだ10年前は資格を持ち合わせていませんでしたよ。

ただ細かく見ていくと資格が必要な職種もあります。
しかしほぼほぼ無くてもOKですので、まずは安心してください。

以下からサクッと資格が必要な介護の仕事と、ポピュラーな資格をご紹介していきます。

資格が必要な介護の仕事


こちらも結論から言うと「ケアマネジャー」と言う仕事です。
これのみと言っても過言ではありません。

    病院のSWの地域版というか、もっと平たく言うと利用者の自宅を駆け回る相談員みたいな感じです。

ケアマネのなり方やそれ以外の介護系の資格を使った仕事に関しては後述します。

ケアマネジャー以外の介護職員としての仕事は「資格保持」を条件とするものはありません。

仕事の内容によっては必要

ちょっとわかりづらいかもですが、介護の仕事をする上で資格は必要ありませんが細かい「サービス内容」によっては必要となる場合があります。

例えば吸引機を使用した「痰の吸引」とかですね。

主要な資格5選

    その①:初任者研修
    その②:実務者研修
    その③:介護福祉士
    その④:認定介護福祉士
    その⑤:介護支援専門員

上記のとおり。
順を追って取得していくようなイメージです。

そして下に行くにつれて難易度が上がっていきます。
それぞれ順番に解説していきます。

介護職の主要な資格(1):初任者研修

以前は「ヘルパー2級」と呼ばれていた資格です。
介護職として働く人が最初に目指す資格ですね。
研修を受けるタイプの資格です。

初任者研修を取るには

だいたい3ヶ月くらい(130時間)で取得できます。
もちろん介護経験は必要ありません。

介護職の主要な資格(2):実務者研修

以前は「ヘルパー1級」と呼ばれていた資格です。
初任者研修の上位互換みたいな感じですね。

実務者研修を取るには

初任者研修と同様に、現場経験は不必要で取得まではだいたい初任者研修を修了している状態で2ヶ月くらいを見ておけばOKです。

修了してない場合でも取得できますがだいたい450時間くらいかかります。

ユウ
ユウ
初任者研修も実務者研修も研修を実施しているスクールに通って受講します。

ちなみにどちらも試験はありません。

介護職の主要な資格(3):介護福祉士

前述した「初任者」と「実務者」は比較的楽に取れます。

少し難易度が上がり最初の難関となるのが「介護福祉士」の資格でして、多くの人が取得を目指す最もポピュラーな資格です。

一種のステータスでもあります。
先程の2つの資格と違って誰でも受けれるわけではなく条件があります。

介護福祉士の受験条件

実務経験3年以上と実務者研修を修了していること。
上記の状態で筆記と実技の試験に合格すること。

ちなみに国家資格です。
この資格を持っていると介護職員として「箔」がつきます。

介護職の主要な資格(4):認定介護福祉士

介護福祉士の上位互換な資格です。
こちらは「民間」の資格となります。

割と最近(2015年)にできた資格です。
なので純粋な介護職員としては最上位の資格になりますね。

ドラクエで言う「勇者」みたいな感じです。
(わからない人すいません‥。)

ただ現段階では本資格を取得している人とそうでない人の給与等に差が出るまでには至っていないケースがほとんどらしいです。

これからですね。

認定介護福祉士を取るには

介護福祉士として実務経験5年以上で、600時間の研修を受ける。
期間にするとだいたい1年から1年半くらい。

介護職の主要な資格(5):介護支援専門員

冒頭でもご説明したケアマネジャーの別名です。
一応5番目に置いていますが少し亜種というか‥。

現場からは少し離れた位置になるので単純に「介護福祉士より上!」と言うわけではありません。

が、ほとんどのケアマネジャーは介護福祉士の資格を持っているのでこの位置に置きました。

ユウ
ユウ
ちなみにケアマネの資格を取ったら独立する人も少なくないですし、転職時の選択肢の幅は大きく広がることになります。

介護支援専門員を取るには

実務経験5年以上と900日以上の業務日数。

上記を満たした状態で年一回開催される試験に合格すること。

僕の周りでもケアマネの試験を受ける人は大勢いますがあまり合格率は高くありません。

介護福祉士もそうですがチャンスは年に一回ですからね。
また働きながらの勉強も簡単ではありません。

番外編:福祉系の職業に必要な資格

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 介護事務

上記の中の資格を聞いたことがある人も多いかと思います。

これらは介護っぽいんですけどギリ介護ではない職種で必要となる資格です。

強いて言えば「介護事務」くらいですかね。

ユウ
ユウ
ちなみに僕は社会福祉士の資格を持っていますが介護現では必要なく、取っただけで活用できておりません(泣)

おすすめは「事前に取ること」


先ほども「介護支援専門員(ケアマネジャー)」の合格率が低い話をしましたが、走りながら取るときついですからね。

できれば取れる資格は転職活動中に取ってしまうことをお勧めします。
転職前に取っておくと良い理由は後ほど解説します。

介護職員にアンケート

先日下記のツイートをしました。


ご覧いただいてわかる通り、事前に取得している人が圧倒的に多いですね。

やさし君
やさし君
みんな仕事を始める前に取ってるんだねー。
ユウ
ユウ
はい。前述した初任者研修と実務者研修まで取っておくのがベターですね。

よくある質問まとめ

介護系以外の資格が必要になることってある?

職種によっては必要になることがあります。
例えば僕が従事している「訪問入浴介護」と言う職種では運転免許が必要なポジションがあったり。

ちなみに訪問入浴に関しては下記の記事で解説しています。
»【3分でわかる】訪問入浴とは?【概要から歴史までサクッと解説!】

ある会社は初任者すっ飛ばして実務者だけサポートしてくれるんだけど?

順序的には初任者→実務者ですが決まりはありません。
初任者を受けていなくても実務者を受けることはできます。

また会社が実務者だけサポートするのは即戦力として使いたいからです。

業務の中には前述したとおり、実務者の資格がなければ実施できない行為もあるので。

履歴書には持ってる資格全部書いた方がいいの?

書いた方がいいと思います。

ハローワークの「介護職就職支援金貸付事業」じゃダメなの?

介護職就職支援金貸付事業とは?

    未経験でこれから介護業界で働く人に対して最大で20万円を支援(貸付)する2021年4月より開始する新制度。
    指定の職業訓練(初任者研修等)を修了した後に2年間継続して働ければ、支援金の返済の必要がなくなり全額免除になる。

最大20万円は魅力的ですが、ハローワークを経由する必要があるのと、2年の縛りがあるので個人的にはお勧めしません。

この制度に頼らなくても、継続勤務の縛りなく資格取得を支援してくれるサポートもあるので。
詳しくは後述します。

また自治体によって実施しているところとそうでないところがあります。

資格の取り方は個人?会社?

どちらでもありません。
おすすめは「プロの力を借りる」です。
詳しくは記事最後に後述します。

また、会社でのサポート制度は上級資格である「介護福祉士」や「介護支援専門員」を取得する時に活用すればOKです。

この二つは経験がないと受験資格すらないので働きつつ会社の力を借りましょう。

ただそれより下位資格である「初任者」と「実務者」はできるだけ転職前に取っておきましょう。
以下から転職前に取っておくことのメリットを解説していきます。

【介護】転職前に資格を持つ3つのメリット

    その①:手当
    その②:不安軽減
    その③:昇格しやすい

上記のとおり。
こちらも深堀りしていきます。

転職前に資格を持つメリット(1):手当

資格を保有していると「手当」が付くケースがほとんどです。
中にはつかない会社もあるでしょうが‥。

せこいと思われるかもしれませんがどうせ手当がつくなら最初からついていた方が取りっぱぐれがないです。

先程のツイートを見てもわかるとおり「何も持っていない」人はごく僅かです。

ほとんどの人が取得します。
どうせ取得するなら早めに取得しておきましょう。

転職前に資格を持つメリット(2):不安軽減

個人的には手当よりも重要なメリットだと思います。

介護に限らず未経験(無資格)で仕事を始めるのはかなり不安です。

ユウ
ユウ
僕もそうでした。
本当に大丈夫かな‥と思っていました。

資格は目に見えるので自信になりやすいですし、実質介護に間るす基礎的な知識等は取得しているので最初にガツンとかかる負担や労力を大きく減らすことができます。

転職前に資格を持つメリット(3):昇格しやすい

入社時のポジションが高いので昇格までのスピードがない人に比べて早いです。
また、役職者として就職できるチャンスも広がります。

制度的に見ても管理者や役職者の人選に関して、資格の保有が絶対条件なケースがありますからね。

ユウ
ユウ
また、必然的にできることが増えるので会社からも重宝されますよ。

【介護転職】資格の効率的な取得方法


結論は、「転職エージェントの活用」です。
冒頭でご紹介した「初任者研修」や「実務者研修」でも個人でスクールに通って取ろうとしたら十万円以上かかることもザラです。

転職エージェントの中には資格取得を完全無料でサポートしてくれるサービスを用意してあるところがあるので、これを活用しない手はないです。

下記の記事では「資格取得サポート」のサービスがあるおすすめの介護分野専門の転職エージェントを紹介していますので是非チェックしてみてください。
»【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

資格取得もできるだけ早い段階で取得しておくと転職活動にかかるストレスもかなり排除できます。

動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました