介護転職で採用率が上がる志望動機の書き方をパターン別に現役面接官が解説

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護転職する時の志望動機ってどんな感じに書けばいいの?正直立派な動機じゃないんだよね‥。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
できるだけ自分に近い状況の例文やサンプルがあったら嬉しいな。サクッとコピペしたい‥。
ユウ
ユウ
同じように悩む人がかなり多いです。

ということで今回は、

「介護転職における志望動機の書き方が知りたい人」
「自分に合った例文をサクッとコピペしたい人」

のために、人事採用担当者にとっての志望動機の価値を暴露した上で、採用したくなる志望動機の書き方がわかるように解説してサンプルもご提案していきます!

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事に携わっている
※もしまだ間に合うなら是非転職のプロである転職エージェントに添削してもらってください。

それが1番楽で手っ取り早いです。
無料で行えるので使わない手はないです。

介護系に強いおすすめの転職エージェントを見る

ユウ
ユウ
前半に経験者or未経験者に大別して解説、後半に書き方のポイントを解説していきますね。

それでは参りましょう^^

その①:介護未経験者の志望動機の書き方

「新卒」と「異業種からの転職」にそれぞれ分けて紹介しています。

介護未経験者の志望動機の作り方

結論は、きっかけを明白にしつつ伸び代を見せることです。
未経験者しか持っていない「将来性」を存分にアピールしましょう。

介護業界は未経験で入ってくる人の方が多いです。
少なくともぼくが面接してきた統計では。気にせずガンガンいきましょう。

また先ほどご紹介した記事に「NGワード」も載せているので併せてチェックしてみてください。

その②:転職回数が多い(ベテラン)の志望動機の書き方

例の如く急いでいる方はサクッと飛んでコピペしちゃってください。

それぞれ「同業種から」と「異業種から」別に解説しています。

ベテラン介護士の志望動機の書き方

最初に、「転職回数が多いと不利になるの?」と不安になる方が多いので回答しておきます。

結論はほぼ関係ありません。

    僕が面接をしていてもほぼ気になりませんし、転職回数が多い人でもガシガシ採用していっています。

むしろ逆に活かすこともできますからね。
とは言え、面接官も人ですから担当者によってはよく思わない人もいます。

転職回数が多い人に抱かれやすい負のイメージを一つ一つ消していけばOKです。

具体的には下記のとおり。

  • すぐ辞めないか
  • トラブルを起こさないか
  • 負のオーラを纏っていないか

上記の具体的な書き方も先ほどご紹介した記事の中で解説していますので併せてチェックしてみてください。

その③:訪問入浴の志望動機の書き方

しかも以外にニーズが高いので同様に、フォーカスした記事を作りましたので上記を参考にどうぞ。

同様に例文と、書き方の『型』も紹介しています。

介護転職における志望動機の価値


結論は、そこまで高くありません。もっと言うと正直そこまで見られていません。
内容はかなり似通った場合が多いです。

本質的なところまで掘り下げていくとだいたい下記の3つに集約されます。

みんなの本当の志望動機
  • 福利厚生が整っているから
  • 給料が少し良いから
  • 家から近いから

もう本当に上記が多いです。

どうしても本質的な動機が同じである場合が多いので、似かよった内容になってしまいますがそこは気にしなくて大丈夫です。

志望動機<メリット

志望動機はだいたい一緒になることを面接官は熟知しているので、それよりもあなたが会社にとって有益な存在になるかどうかの方が重要視します。

介護業界で言えば、

フレキシブルに働いてくれるか
長く働いていく意思があること
即戦力になること
集客力はあるか

などを志望動機の中にサラッと織り交ぜると「おっ!」となります。

介護転職時の志望動機の書き方


結論は、シンプルにかつロジカルに書くことです。

前述したとおり、みんなほぼ似た内容を書いてくるので採用担当もある程度答えがわかった状態、予想を立てている状態で読み進めるのでまどろっこしく書かれているとイライラしてしまいます。

論理的な文章の書き方
結論→理由→具体例→再主張

上記をテンプレとして使ってください。
かなり伝わりやすい、わかりやすい文章になるかと思います。

冒頭でご紹介した記事の中の例文を活用しつつ、上記のテンプレを使って自分なりにアレンジできると最強です。

志望動機を書く時のコツ

結論は、ポジティブに変換することです。
前述したとおり、介護転職における本質的な志望理由は集約されることが多いです。

ただ、あなたも感じているとおりこのまま直球で言うとあまり受けが良くならないです。

なのでできるだけポジティブに変換させましょう。
例えば

福利厚生が整っているから→貴社のような大手で自分の力を試してみたいと思ったから
家から近いから→より集中して仕事に打ち込みたいと思ったから

直球が信頼される場合も

採用担当者によっては、スパッと直球で言われた方が信頼してくれる場合もあるでしょう。

ただ確率で言うと変換して綺麗に言ってくれる方を高く評価する場合の方が圧倒的に多いです。

なので文面では綺麗に書きつつ、実際に質問されたら様子を見つつ、ある程度ぶっちゃけるというスタンスがベターかと思います。

注意すること

当たり前ですが、ネガティブな文面は絶対に避けてくださいね。
特に前職を誹謗中傷するような内容は御法度です。

できれば自分で書き上げたら誰かにチェックしてもらいましょう。

ダメ押し:プロに添削してもらう


冒頭からの繰り返しになりますがもし、まだ間に合うならダメ押しで是非プロに添削してもらってください。

特に未経験者には強くお勧めします。
より精度が高まり、さらに採用されやすくなります。

具体的に言うとこちらも繰り返しで申し訳ないですが転職エージェントの活用です。

    良質なエージェントは履歴書の添削に限らず面接の同行や、交渉までしてくれるところがあります。

しかも全て無料です。

複数登録がマスト

ひとつの転職エージェントでは、もしかしたら希望する会社の求人を取り扱っていないかもしれないので基本的には複数登録しておくことをおすすめします。

またすでに転職エージェントを活用して面接日が決まっている人でも1社しか登録していない場合は、もうひとつくらい登録しておくことをオススメします。

万が一の時の備えになるからです。

保険にもなる

繰り返しになりますが、万が一の時のために今から登録だけしておくと気持ちもかなり安定します。

転職エージェントに登録して「今すぐは考えていない」という意思と「少し高めの希望条件」を設定しておいてください。

もしまた転職したくなった時に、無駄な工程をカットしてスムーズに動けるようになります。

前述した「履歴書の添削」等の付加価値に定評がある転職エージェントは下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。
※参考:介護系に強いおすすめ転職エージェント3選

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました