介護転職はハローワークとサイトどっちで利用した方が良い?正解は◯◯一択です

未経験者

こんにちは。介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界へ転職したいんだけどハローワークで探しちゃって大丈夫?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
転職サイトやエージェントと比較してどうなのかしら?
ユウ
ユウ
ハローワークは「公的機関」という理由から安心感が生まれて、とりあえず利用する人がけっこういますよね。

ということで今回は、

「介護転職でハローワークを使うことに不安を感じている人」
「介護業界への転職で失敗したくない人」

のためにハローワークが本当におすすめできるかを他の媒体と比較しつつ解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

【結論】介護転職でハローワークに依存するのは悪手


介護転職において、ハローワークのみを利用して転職活動を行うのはおすすめできません。
なぜならハローワークには公的機関ゆえのデメリットが複数個あるからです。

それらはあなたの転職活動にストレスを与えたり、成功率を下げてしまう可能性があります。

介護転職は割と大変

介護業界は他の職種と比較しても求人数も多く選定が大変です。

効率的に転職活動を行わないと思わぬストレスや工数をかけてしまうことになりかねません。

ハローワーク(職業安定所)<転職エージェント

おすすめは転職サイト・エージェントを活用することです。
どうしてもハローワークを利用したい人は転職エージェントと併用してリスクヘッジをするようにしてください。

以下からハローワークをおすすめすることができない決定的な理由を転職サイト・エージェントと比較しながら解説していきます。

ハローワークよりサイトをおすすめする3つの理由【比較しつつ解説】

    その①:熱意が無い
    その②:専門性が低い
    その③:利便性が悪い

上記のとおりです。
それぞれ順番にひとつずつ転職サイトと比較しつつ解説していきます。

ハローワークよりサイトがおすすめな理由(1):熱意が無い

ハローワークと転職サイト(エージェント)の決定的な違いのひとつが熱意です。
ハロワで転職先を紹介していくる人は基本的に公務員です。

対する転職エージェントは転職を成功させることで評価を得て成績に直結する会社員です。

どちらの方が熱意を持って接してくれるか、サポートしてくれるかは一目瞭然ですよね。

転職に失敗して繰り返してしまう原因にもなりかねません。
熱意はスピードに大きく影響します。

例えば急いで転職先を探さなければいけなくなった人にとっては一分一秒が惜しいですよね。

介護業界にはブラックな企業も確かに存在しています。
絶対に選びたくなですよね。

ユウ
ユウ
全てのハロワ職員がそうというわけではないですが。
やさし君
やさし君
論理的に考えるとそうなるのは必然かもね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
転職におけるリスクはできるだけ排除したいもんなー。

ハローワークよりサイトがおすすめな理由(2):専門性が低い

ハロワに集まる求人情報と転職サイト(エージェント)が保有する情報は圧倒的に違います。

例えば非公開求人です。介護の企業を選ぶ上で欠かせない要素である非公開求人をハロワはほぼ扱っていません。
それどころか募集を終了している求人が残っていたりすることも。

対して転職サイト(エージェント)は転職に特化していて当然非公開求人を保有し、転職に役立つサービスやコアな情報を提供してくれているところが多いです。

なぜなら前述したとおり、転職サイト(エージェント)にとっては転職を成功させることが全てだからです。
転職の成功率を大きく向上させてくれます。

ハローワークよりサイトがおすすめな理由(3):利便性が悪い

利用することによってかかる労力や負担が全然違います。
例えばハロワは基本的に平日しか利用できませんし、待ち時間もタイミングによってはかなり発生することも。

「数時間も待たされた‥。」なんて声も決して少なくありません。
一方で転職サイト(エージェント)の場合は曜日も時間も関係ないです。

特に介護の転職サイトは競合が多いので各会社が鎬を削って様々な役立つサービスを用意しています。

その他、利便性が低いと利用を離脱されてしまうのでユーザーにとって使いやすいツールを目指して改善を繰り返しています。

転職活動にかかるストレスがかなりの割合で違ってくるということですね。
コスパ良く転職活動をして避けられるストレスは避けた方がいいです。

ハローワークの体験談

良い口コミ

悪い口コミ

ユウ
ユウ
ハロワも転職エージェントも人の当たり外れはありそうですね。

よくある質問

フリーペーパー(求人誌)は?

結論は、転職活動をサポートするサービスとしては2者(ハロワと転職サイト)より圧倒的に劣るので最終的な決断を求人誌で行うのは絶対にやめましょう。

テキストは魔法です。
書き方による勘違いがあったり、不利になるようなことはあえて書いていない場合がありますし、企業によって質に差がありすぎます。

SNSも利用できる
最近ではTwitterなどで自分から企業にスカウトを要求したり、その逆で求人募集をしているところもあります。

SNS経由で仲良くなった人から誘われることもあるので転職活動をするならSNSもセットで活用することをおすすめします。

ハロワの職業訓練で介護の資格は取得できる?

結論は、できます。
介護職を目指す人が最初に取得を目指す「初任者研修」という資格です。
ただ所得の制限など、条件があったりします。

資格取得に関しては前述したとおり、転職エージェントで無料サポートしてくれるところがあるのでそちらを利用した方がサクッと取得できます。

また、初任者研修だけではなく上位互換である「実務者研修」までサポートしてくれるところも多いです。

エージェントはなぜ悪評が目立つ?

介護転職でハローワークを利用する人の中に「転職エージェントの悪評が気になるから‥。」という声が多々あるようです。

前述したように転職エージェントは利益を求める企業ですので、会社によっては利用者のことを度外視して利益(転職を成功させること)だけを追求してしまうところがあるからです。

またネットに出回るのは良い評判よりも悪い評判の方が拡散される傾向にあるからです。
良質なエージェントも確実に存在していることと、使い方次第です。

転職エージェントの賢い使い方


下記の2つを抑えておけばOKです。

  • 主導権を握らせない
  • 複数登録で比較

サクッと解説していきます。

主導権を握らせない

前述したとおり、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えば資格取得支援制度やお祝い金制度など。
エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。

複数登録で比較

より転職の成功率を高めるために複数利用はマストです。
視野が広くなるのと機会損失を減らすことができます。

ただ登録し過ぎると管理が大変なので2〜3くらいがベストです。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました