【失敗談有り】介護転職で失敗しない為の正しい行動手順!業界10年目が解説

転職ノウハウ

こんにちは。介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護転職もう次で3回目‥。もう失敗したくないよ。失敗しない方法を教えて。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
みんなの失敗談を聞いて教訓にしたい。
ユウ
ユウ
転職は勇気も労力もいるし、特に仕事をしながらの転職活動は中々精度を高めることができないですよね。

ということで今回は、

「介護転職で絶対に失敗したくない人」
「しっかりと対策できるようになりたい人」

のために10年の経験と面接官としての見識をフルに活かして転職成功率をガツンと上げれるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

介護転職で失敗しない為の正しい行動手順


いきなり結論ですが、『自己分析してリサーチする』これに尽きます。

自己分析とリサーチにどれだけ時間をかけることができるか、どれだけ真剣にできるかで介護転職で失敗する可能性は大きく下がります。

つまり成功に近づくことができます。
なぜなら介護転職で失敗してきた人たちの原因や理由を突き詰めるとほとんど上記に集約されるからです。

具体的な自己分析とリサーチ方法に関しては詳しくは後述していきます。
まずは介護転職で失敗してしまう理由を以下から解説していきますので見ていきましょう。

介護転職で失敗してしまう3大理由

    その①:早すぎた
    その②:ギャップ
    その③:人間関係

上記のとおりです。
繰り返しになりますがほとんどこの3つに集約されます。

それぞれ順番にひとつずつ解説していきます。

介護転職で失敗してしまう理由(1):早すぎた

衝動的に転職してしまったパターンです。
準備や前述したとおり自己分析を怠ると一気に失敗するリスクが跳ね上がります。

転職のタイミングもかなり重要でして、おすすめな転職時期に関しては下記の記事で解説しています。
»介護職のベストな転職時期は?正解は〇月!避けるべきタイミングも解説

また収入面にしか目がいっていなかったり、いざ転職してみると前の職場の方が全然良かったりするケースも目立ちます。

介護転職で失敗してしまう理由(2):ギャップ

転職前に持っていた施設や事業所に抱いていたイメージとの乖離があるパターン。
また面接で聞いていた仕事内容と全然違ったりする場合も。

また、出戻りする際に立場的にかなり弱くなってしまい話が違っていても断りづらかったりする例もあります。

リサーチによってある程度は失敗を回避することができる一方で、蓋を開けてみないとわからない側面もあります。

企業がブラックかホワイトかどうかを見分ける方法は下記の記事で解説しています。
»【ブラック企業のリアルな声有】介護転職でホワイト企業に入るための3つの対策

介護転職で失敗してしまう理由(3):人間関係

転職先の人間関係で失敗してしまうパターン。
また間髪入れずに転職してしまう羽目になる人も。

個人的に転職の回数については面接官としての立場からもあまり気になりませんが、(詳しくは»【現役面接官が解説】介護転職は回数が多いと不利?【〇〇回まではOK】にて解説しています。)当事者からすると身体的・精神的な負担がすごいですからね。

ご紹介した3つの理由の中では1番操作が難しい理由ですね。

みんなの介護転職失敗談

失敗事例まとめ

重複する部分がかなりありますが、下記は介護業界未経験者がよく口にしていた失敗事例です。

    想像よりもかなりハードだった
    面接前と話が全然違った
    理不尽なことが多かった
    理想と現実のギャップ
    収入に満足できない
    先が見えない‥
    お局が‥

上記に関する細かい転職準備の方法と併せて、下記の記事で詳しく掘り下げて解説していますので興味のある方はご覧になってみて下さい。
»10年目が語る【介護転職で後悔しない正しい準備の仕方】失敗事例とよくある間違いも

よくある間違い:転職は運じゃない

よく「転職って結局運でしょ?」と言われる方がいますがそうではありません。
もちろん完璧に否定することはできず運ゲー要素もあることは事実です。

しかし運だからと投げ出してしまえばそこで終わりです。
(有名なバスケ漫画ではないですが‥。)
ブラックな企業が多い介護業界で転職を成功させる確率はそもそも低いです。

入った後によほど上手に立ち回らない限りはまた転職に悩まされることになりかねません。
自分の人生は自分で動かないと良いものになっていきません。

運任せにするのは勿体ないので、本記事後半からご紹介するコツを使いながら転職活動を有意義なものにして下さい。

介護転職を成功させるコツ


結論は、冒頭でもお伝えしたとおり『自己分析→リサーチ』です。

これらに時間と労力をかけて真剣に取り組むことでしか成功に近づく道はありません。
具体的に解説していきます。

手順①:自己分析をしっかりする

「自分は今の職場のどこが嫌なのか?」
「なぜ辞めたいのか?」
「転職して何を解決したいのか?」
「何を得たいのか?」

これらをしっかりと認識し、転職先を選んでください。

軸がブレていたり視界が狭くなっていると根本の問題を解決できなくなってしまいます。

例えば嫌なお局がいて精神的にキツく、続けていくのが難しい人である場合、まずお局と言われる人がいない職種から探し出すことです。

中高年の女性が少なくて、離職率が低いことをキーポイントとして探せばいいわけです。

止まるもよし
自己分析のもう一つのメリットは自分の現状を客観的に見ることができる点です。

自問自答してみて、
「あれ?そんなに辛いことじゃないかも。」とか
「これだったら自分がこうすれば変わるのでもう少し頑張ってみようかな。」とかです。

自己分析をしっかりすることでまずは衝動的な転職を避けるようにしましょう。

手順②:リサーチを徹底する

自己分析が終わったら中途半端ではなく、徹底的にリサーチしましょう。
そうすることでより転職の成功が盤石になっていきます。

求人やHPを見るのと併せてSNSやクローズドのチャットや、介護専門のアプリなどを使用することもおすすめします。

直接聞けるチャンスは最大限に活用する
転職先を選んでからもリサーチする余地は十分に残っています。
面接や施設等を見学する機会があれば妥協せず、ものおじせずに質問をぶつけて下さい。

ここで遠慮して聞けないと失敗する可能性がまた高くなってしまうので。

ちなみに下記の記事では見学する時に見るべきポイントや質問の内容をまとめていますのでチェックしてみて下さい。
»【3分でわかる】介護転職で見学・質問する時の正しいポイントとは?

また下記の記事ではリサーチの内容をさらに深堀りして紹介していますので是非という感じです。
»【介護転職を成功させるための正しい3つのコツ】現役面接官が解説!

ユウ
ユウ
1秒でも早く転職したい気持ちもあるでしょうが、できる限り転職活動には時間をかけた方がいいです!なので準備するのに早すぎることはないので予めしておくのも一つの手です。

自己分析とリサーチの2つをサポートするツール

これまでお話ししてきた「自己分析」と「リサーチ」両方の精度を高めてくれるものが転職エージェントです。

なぜなら転職市場を把握しているプロのエージェントがあなたの分析をサポートして、膨大なデータの中から転職先をリストアップしてくれるからです。

賛否分かれると思いますがこれを活用しないのはかなり勿体無いです。
無料ですし。重要なのは活用できるかどうかです。

介護転職で失敗しないために

繰り返しになりますが転職エージェントを最大限に活用しましょう。

やさし君
やさし君
と言っても不評が気になるしな〜。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
そうよね〜。しつこいってよく聞くし‥。
ユウ
ユウ
使い方次第です。下記よりサクッと解説していきます。

転職エージェントの賢い使い方

下記の2つを抑えておけばOKです。

  • 主導権を握らせない
  • 複数登録で比較

サクッと解説していきます。

主導権を握らせない
前述したとおり、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えば資格取得支援制度やお祝い金制度など。
エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。

複数登録で比較
より転職の成功率を高めるために複数利用はマストです。
視野が広くなるのと機会損失を減らすことができます。

ただ登録し過ぎると管理が大変なので2〜3くらいがベストです。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました