【リアルガチ】介護業界に転職した人たちの成功・失敗体験談まとめ

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界に転職しようと思ってるんだけど経験者のリアルな体験談を聞ききたい。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
企業(求人サイト)が掲載している体験談は成功事例ばかりで物足りないわ。できるだけ失敗するリスクを下げたいし。

ということで今回は、

「リアルな転職経験者の体験談が知りたい人」
「介護業界へ転職しても大丈夫か確認したい人」

のために、良いも悪いもリアルな体験談を赤裸々に紹介していきます。

よりリアルな体験談をご紹介したいのでTwitterからメインで抜粋しています。

最近ではググるよりも上記のSNSで調べ物をする方が信憑性が高いと徐々にシフトし出していますので。

ユウ
ユウ
成功・失敗それぞれの体験談を集めました。

介護業界に転職しても大丈夫か、自分に向いているか、自分にできるかどうか、この記事を読めばわかるようになるかと。    

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

それでは早速体験談を見ていきましょう。

介護転職経験者のリアルな体験談

介護転職経験者のリアルな体験談
まずは「介護業界に転職して良かった」と思えた成功体験談から。

成功事例

ユウ
ユウ
異業種への転職成功率を高めることもあるみたいですね。

やさし君
やさし君
やりがいを感じる声が多いね。確かに仕事をする上で大切かも。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
あとは勤め先(環境)次第なのかも。
ユウ
ユウ
ですね。下のグラフのとおり、実際介護職の転職先は同業種である率がとても高いです。

介護職の転職
出典:PRTIMES

続いて失敗事例を見ていきましょう。

失敗事例

やさし君
やさし君
いわゆるブラックなところに転生した人たちの悲痛の叫びだね‥。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
でも失敗体験談も聞けてよかったわ。
ユウ
ユウ
全員が成功してたら介護業界に対するイメージも違うでしょうからね。

続いてコアな体験談も見ていきましょう。

その他の体験談

その他の体験談
ぼく自身の体験談をベースに辛辣な質問も含めて3つご紹介します。

妊娠・出産はどうやって乗り越えた?

これはぼくの同僚で何人も経験しているので代弁します。
結論は、普通の企業と同様に休暇を取っています。

ただ、人によっては少しでも稼ぎの足しにしたいとまじでギリギリまで働く人もいました。

批判するわけではないですが、そうなると介護の仕事の場合は他の人に負担がかかることもまた事実です。

育休・産休に関する体験談
両親が介護福祉士として働いていますが、母は私や弟を妊娠出産の際は退職していました。利用者の入浴介助や体位を変えたりなど力仕事のようです。
また、向き不向きもあるので難しい仕事だと言ってました。
食事介助などの簡単な動きは可能だと思います。

介助にはリスクがかなり多いので、身重の状態ではできるだけ避けるべきでしょう。

ユウ
ユウ
ちなみにぼくは男性ですが、ガッツリ育児休暇を取りました。

プライベートにどんな変化があった?

利用者が主体の仕事ですがから、土日休みよりも不定期な休みをとるところの方が多いと思います。

そういった意味では生活リズムは変わると思います。

あと現場仕事はダイエットになりますね。
割とガチなメリットだと思います。

しっかりケアしないと逆に負担になりますが。

両親からは反対されなかった?

ぼくの場合は反対はされませんでしたが、昔はたまに「公務員がいいぞ‥。」とボソッと言われていました。

後述しますが、どうしても介護士の社会的評価は低い傾向にありますからね。

介護業界に転職しても大丈夫?

結論は、全然大丈夫です。
様々な負のイメージが飛び交っていますが、冒頭からもお伝えしているとおり結局は職場次第だからです。

少なくともぼくは給料も環境もそこそこ良いところで働けています。

介護転職するメリット・デメリット

介護転職するメリット・デメリット
まずはメリットから。

介護転職するメリット

  • 採用率が圧倒的に高い
  • 実生活に活かすことができる
  • 転職する度にレベルアップできる

上記のとおりです。
手に職がつくのは大きいです。

続いてデメリット。

介護転職するデメリット

  • 社会的な評価が低い
  • 良企業を探すのが大変
  • 給料が低いケースが多い

上記のとおり。

職場探しや給料問題に関しては探し方でなんとかできますが社会的な評価はどうにもできませんね。

ただ、最近では需要も高まっていて見直されつつあります。

「もっと詳しく知りたい!」という方は下記の記事で深堀りして解説していますのでチェックしてみてください。
※参考:介護職に転職するメリットとデメリット

介護転職で失敗しないために

結論は、プロの力(転職エージェント)を存分に借りることです。
なぜなら転職活動は思った以上に労力や時間を使い、疲れて判断が鈍ったり、妥協しやすくなってしまうからです。

市場や業界を知り尽くしたプロの力を借りることで成功率がガツンと上がります。

全て無料なので使わない手はないです。

まだ登録していない人は早めにしておいた方がいいです。
良い案件はすぐに埋まってしまいますからね。

また、すでに登録してる人ももし1社しか登録していない場合、追加でもうひとつふたつくらいしておいた方がいいです。

選択肢が増えて、比較対象ができることでより職場選びの精度が上がります。

介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選
  • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
  • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
  • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

上記のとおりです。
繰り返しになりますが、大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。

多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。

転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました