介護士から相談員への転職はアリ?福祉大を出てわかったリアルな答え【正直〇〇です】

不安

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
今介護士なんだけど、相談員に転職しようか迷っている‥。相談員てぶっちゃけどうなの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
というかどうやってなるの?私でもなれるの?
ユウ
ユウ
介護職として働いていたら「相談員」への道を一度は考えますよね。

ということで今回は、

「介護士と相談員の違いが知りたい人」
「相談員になって後悔しないか不安な人」

のために、社会福祉士の資格を持ちながら介護士の道を選び、同期のリアルな話を聞きつつ経過した10年間で得たリアルな情報をお届けしたいと思います。

相談員の友人とは今でも交流があり介護や福祉現場の情報交換を行なっています。     

本記事の信頼性
  • この記事を書いてる僕はは介護業界歴10年目
  • 福祉大を出て社会福祉士の資格を持っている
  • 同期のほとんどは相談員として働いている

介護士から相談員への転職はアリ?


結論は下記のとおりです。

  • 給料に重きを置くなら無し
  • やりがいを求めるならアリ

そして違う見方をすると

  • 介護初心者→無し
  • ベテラン介護士→アリ
  • 上記のとおりです。
    ちなみに僕は前者でした。

    当時初心者だった僕には選ぶ余地がありませんでした。

    社会福祉士(相談員)の給料は低すぎた

    社会福祉士(相談員)として働くためにたくさんの実習を受けて資格を取得しましたが、いざ就活の時期に差し掛かって求人を見てみると唖然としました‥。

    給料がめちゃくちゃ低かったんですね。

    引用:就活の未来

    上記のとおりなんですが、各媒体によって情報はバラバラです。

    ただ僕が実感しているのは明らかに相談員の方が給料が低いということ。
    正直新卒の僕にはしんどかったです。

    求人だけではなく紹介でも×

    また、社会福祉を育てる大学にいたので当然講師や先生もそっち方面でツテはありました。
    (むしろ社会福祉士として働くには求人を見るよりツテや紹介で入る方がいいかも‥。)

    しかし同様に給料は低く僕は相談員として働くことを諦めました。

    そして同じ福祉のカテゴリーに入る「介護」で求人を見たところ圧倒的に給料が良かったので、そっちを選択しました。

    実際に大学同期の相談員として働く友人と初任給を比べたらかなり違いました。

    仕事に求めるものの違い

    ただ、冒頭の繰り返しになりますがベテランじゃなくても給料よりもやりがいや仕事内容を重視する方は、全然転職アリだと思います。

    相談員とは?

    仕事内容と働き方

    ザックリいうと施設や病院、地域包括支援センターなどで利用者に対する相談業務を行います。

    利用者や患者、家族から寄せられる質問に対して幅広い知識で選択肢を提示したりします。

    ケアマネジャーと似ていますね。
    ※参考:【介護転職】ケアマネはもうオワコン?〇〇な人にピッタリな職業だった!

    介護畑の相談員

      生活相談員:特別養護老人ホーム、通称「特養」と「デイサービス」で募集していることが多いです。
      他にはショートステイや有料老人ホームにも設置されています。
      支援相談員:老健がメインな働き場所です。生活相談員と比較すると医師や看護師等々と連携する機会が多く少しハードかもしれません。基本的に退所する利用者の支援を行います。
      医療相談員:病院の医療連携室等が働く場所です。僕の大学の同期も多く働いています。いわゆるMSW(メディカルソーシャルワーカー)というやつです。病院でのカンファレンスでもよく挨拶します。かなり忙しいイメージです。

    給料は勤める病院の規模によって変動します。友人曰く、特にボーナスの違いがエグいらしいですよ。

    ユウ
    ユウ
    MSWになるには「社会福祉士」の資格が絶対的に必要ですし、他の相談員とは結構毛色が違います。

    なので介護士から転職するならまずは「生活相談員」か「支援相談員」がお勧めです。

    ケアマネとの連携
    上記のどのタイプもとも似て異なるケアマネジャーは相談員と密接に関わってきます。
    連携が大切になってきます。

    しかし場所によってはケアマネの方が立場が上で御用聞き、完全なサポート役になるところもあります。

    なので探す場合は注意が必要です。

    営業もやらされる?
    場所によっては、特に新設されたところではよく営業にも行かされるケースがあるみたいです。

    実際に僕も営業するときに何度かバッティングしたことがあります。
    営業が嫌いな人はここもまた注意が必要です。

    介護営業を攻略したい人は下記の記事をどうぞ。
    ※参考:介護営業の完全ガイドマップ【方法とコツまでまとめ】

    現場との兼務も‥
    営業よりも多く聞く事例が現場との兼務です。

      気分転換程度だったらいいかもしれませんがどっちが本業か分からなくなるくらい出されるところは避けたほうがいいです。

    器用な人はこなせるかもしれませんが最初の方は相談員としての業務に専念することをお勧めします。

    要件・必要な資格

    • 社会福祉士
    • 精神保健福祉士
    • 社会福祉主事任用資格
    ユウ
    ユウ
    社会福祉士と精神保健福祉士は試験に合格する必要がありますが、主事任用資格は試験を受けなくても取れます。

    基本的に上記のいずれかを取得している必要がありますが、先ほどもご説明した通り持っていなくても仕事をできる場合があります。

    ここは各自治体によってルールが違いますのでチェックが必要です。
    まあ求人の募集要項を見ればわかりますね。

    例えば「介護福祉士」と「レクリエーション介護士」の資格を持っていればOKとかですね。

    相談員に求められる3つのスキル

      その①:コミュニケーション能力
      その②:フットワークの軽さ
      その③:幅広い知識と見識

    上記の通りです。

    ここも冒頭の話に起因するところでその③の「幅広い知識と見識」が無い初心者には少々ハードです。

    相談員としてのやりがい

    結論は、シンプルに感謝されることです。
    利用者からの相談や抱える問題を無事に解決できたときの喜びはすごいです。

    大学時代に実習で真似事のようなことをやっただけでもかなり実感しました。

    【体験談】相談員になった人たち

    ユウ
    ユウ
    続いて介護士と相談員を比較して見ていきましょう。

    相談員のメリット・デメリット

    相談員の3つのメリット

      その①:身体への負担が少ない
      その②:やりがいが大きい
      その③:転職しやすい

    上記のとおりです。
    現場との大きな違いはやはり身体への負担の量ですね。

    なので中高年で目指す人も多いです。

    やりがいは前述した通りですが、加えてマネジメントをしたいみたいと思う人にもうってつけの職種だと思います。

    また、絶対数が介護士と違って少ないので経験すれば希少価値が上がります。
    何名かヘッドハンティングされた人を知っています。

    相談員の2つのデメリット

      その①:給料
      その②:激務

    デメリットに関しては上記のとおり。

    給料は低い場合が多いですが、会社を時間をかけて探し出し、役職を狙える職種でもあるのでいくらかはカバーできるはず。

    またバタバタしてる印象が強い相談員ですがこちらも働く場所次第です。
    見方を変えれば充実感にもなりますしね。

    【見解】10年業界にいて思うこと


    冒頭でもお伝えした通り、当時の僕は相談員の道を選びませんでしたが今の僕なら全然アリだと感じています。

      知識や経験が積み上がってくると人に伝えたくなりますし、マネジメント的な業務にも段々と興味が湧いてきました。

    もちろん「俺は生涯現場にいる!」という方もいらっしゃると思いますが、新たなフェーズに行くことは純粋にワクワクして楽しいので。

    なので迷っている方は全然検討の余地はあるかと思います。

    セーフティネットにもなる

    また相談員になれる要件を満たしていたこともある種、心の支えにもなっていたことは間違い無いです。

    「俺はいつでも辞められる!」と思えると肩の力を抜いて仕事に取り組むことができました。

    本記事を参考に相談員として働く上で考えられる、自分にとってリスクになりそうなケースを避けながら転職先を探してみてください。

    介護相談員の求人は【レア】


    介護の相談員の求人はあまり市場に出回りません。
    現場スタッフと違って一度決まったら中々辞めないくらい人気だからです。

    なのでたまに出るレアな求人を見逃さないようにチェックしておける環境を作ると良いです。

    また、レアな案件は「非公開求人」として求人がかけられることがほとんどですので、非公開求人の取り扱いが多い転職エージェントへの登録が機会損失のリスクを減らしてくれます。

    転職エージェントはマスト

    プロ(転職エージェント)の力を存分に借りましょう。
    前述した、「非公開求人を定期的にチェック」できるようになります。

      無料で面接同行や履歴書添削、リサーチのサポートが受けられるので使わない手はないです。

    そしてできるだけ早い段階から準備を行うと、その分転職の成功率がグンと上がります。
    何度も言いますが、相談員の求人はレアなので。

    基本的には社会福祉士等の資格を持つ人が優先されます。
    しかし今から取得を目指そうと思ったらかなりハードです。

    相談員の求人を探す方は、社福を持っていなくても採用してくれるところが出るタイミングを逃さないようにしてください。
    ユウ
    ユウ
    最後に介護系に強いおすすめの転職サイト(エージェント)を厳選して3つ紹介します。

    介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

    • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
    • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
    • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

    大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。
    多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

    上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
    ※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

    転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
    転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

    上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
    動き出した人から変わっていきます。

    おわり。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました