【介護転職】職種と職場の正しい選び方!業界10年目が徹底解説

転職ノウハウ

こんにちは。介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界に転職しようと思っているんだけど何を基準にして選べばいいのかわからない‥。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
介護の仕事にもいくつか種類があるみたいだし、自分に合った職種の選び方が知りたい。
ユウ
ユウ
未経験での転職はかなり不安になりますよね。

ということで今回は、

「自分に合った介護の仕事が知りたい人」
「失敗しない職場の選び方が知りたい人」

のためにように10年の見識をフルに活用してリアルな情報をお伝えしていきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

転職活動をする前に‥


介護の職場や職種を選ぶ前に、転職して「何を得たいのか」を明確にしておきましょう。
なぜならそれが軸になるからです。

「精神論かよ!」とか「はいはい‥。」と思わずに聞いてください。
これがなかなかどうしてガチで大切なんです。

軸がないと辛くなる

客観的な意見ですが正直に言います。
介護業界はどちらかと言うとブラックな会社の方がホワイトな会社より多く存在しています。

なのでいざ転職してみても何も準備せずに就業したら確率的にブラックな会社を引いてしまいやすいのです。

そこで大切になってくるのが軸です。

軸がないと「あぁ‥世間の噂通り、やっぱり介護は超絶ブラックだった‥。もう辞めて違う業種にしよう‥。」となってしまいます。

ユウ
ユウ
勘違いしてほしくないのはホワイトな企業も確実に存在していると言うことです。
でなければぼくも10年も続きません。

なので良い会社に巡り会う前に退場してしまう人を減らしたくて今回の記事を書きました。

得たいもの(目標)の例

例えば、将来親の介護のために知識を習得するぞ!でもいいですし、介護福祉士の資格をとるぞ!でもいいです。

仕事に明確な目標を設置することで何も持たないで業務に取り組むよりも格段にやりがいが持てて、続けられる理由になります。

【介護転職】職種の選び方

ここから本題ですね。
介護の仕事は大きく2つに分かれます。

  • 在宅介護
  • 施設介護

上記の通り。さらに細かく言うと在宅でも施設でも様々な種類があります。

今回は種類に関する説明を割愛しますが、ザックリ言うと「中か外かの違い」です。

それぞれ選び方のポイントを解説していきます。

在宅介護を選ぶ時のポイント

在宅介護の事業所は外から観察しやすいので比較的簡単に内部の雰囲気等をチェックすることができます。

なので良さげな会社を見つけたらスタッフの表情や事業所の中がきちんと整理整頓されているかなど確認しましょう。

あと在宅介護では夜勤がほぼないはずですので事業所の灯りが夜遅くまでついているかどうかでもある程度ブラックかそうでないかが判別できます。

ユウ
ユウ
ちなみに僕は在宅介護サービスの「訪問入浴」に10年携わっています。
気になる方は下記の記事をどうぞ。

»【3分でわかる】訪問入浴とは?【概要から歴史までサクッと解説!】

施設介護

はっきり言って施設に関しては実際に働いたことが無いので説得力に欠けると思います。

仕事で何回も中に入ったりはしてるのですがよりリアルな内情は実際に働いてみないとわからないですからね。
なので信頼できる人の記事を紹介します。

下記の記事はTwitterのフォロワー2万人越えで「介護ブロガー」として有名なたんたんさんが書かれた記事です。

かなりわかりやすいです。

【介護転職】職場の3つの選び方

    その①:非公開求人の中から
    その②:上場しているか否か
    その③:リアルボイスを聞く

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

介護の職場の選び方(1):非公開求人の中から

まずは求人を見るときは非公開求人から選ぶようにしましょう。
一般求人よりも良質な企業が出している確率が高いからです。

良い案件は市場に出回ると応募が殺到して一気に埋まってしまいます。
それを防ぐために非公開求人として転職エージェント等に出回ります。

ここでふるいにかけて職場選びに失敗するリスクをガツンと減らすことができます。

介護の職場の選び方(2):上場しているか否か

続いて選ぼうとしている企業が上場しているか否かを確認しましょう。
上場している=環境や福利厚生等が整っている証拠です。

そうでなければ上場できません。
介護系の企業で上場しているところはあまり多く無いかもしれませんが見つけたらチェックしてみるべきです。

ユウ
ユウ
冒頭でお話しした介護福祉士等の資格取得を全面的に会社でサポートしてくれるところもありますよ。

営業職の募集も鍵
ポジショントークになってしまいますが、現場意外に営業の部署があったり求人を出しているところは個人的におすすめです。
万が一体を壊した時につぶしが効きますからね。

また上場=しっかりしている理論と似ていて業績を伸ばそうとしている企業であると言うことがわかります。

上場に向けて頑張っている会社である可能性が高いです。

介護の職場の選び方(3):リアルボイスを聞く

ダメ押しで最後に実際に働いている人の声を収集してみましょう。
直接が難しいならSNS等でリサーチしてみるのも有効です。

実際に働いている人以上にその職場の現状がわかっている人はいませんからね。

よくある間違い


介護転職における失敗につながりやすいよくある3つの間違いが下記のとおり。

    その①:どこでも簡単に採用されると思ってる
    その②:他者からの情報を鵜呑みにする
    その③:プロの力を借りていない

こちらも深堀りしていきます。

よくある間違い(1):どこでも簡単に採用されると思ってる

甘く見てると落とされます。
実際にぼくは面接官として採用にも携わっていますが普通に落としてきました。

どこでも入れると思って準備をしないのは完全にNGです。

よくある間違い(2):他者からの情報を鵜呑みにする

友人や知人、エージェントや企業のHPの情報をそのまま鵜呑みにしてしまうのもNGです。
自分の利益のみの為に紹介したりする人もいます。

自分で調べることを放棄せずに、できる限り徹底的にリサーチすることをおすすめします。

とは言え紹介や情報を一切信用するなと言うわけでは無いので、思考停止せずに情報を集めていきましょう。

よくある間違い(3):プロの力を借りていない

ここまで聞いて「うわ‥大変そう‥。」と思う人もいるかもしれません。
その通りで転職活動は大変です。

時間も労力も使います。
なので転職のプロの力を借りないのはナンセンスです。

転職エージェントを活用せずに転職活動するのは鬼退治に猿鳥犬を連れて行かないようなものです。

しかも桃太郎ではきび団子をあげる必要がありますが、転職エージェントの利用は無料です。

使わない手は無いですよね。

介護転職で失敗しないために

前述したとおり、転職エージェントを最大限に活用しましょう。

やさし君
やさし君
と言っても不評が気になるしな〜。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
そうよね〜。しつこいってよく聞くし‥。
ユウ
ユウ
使い方次第です。下記よりサクッと解説していきます。

転職エージェントの賢い使い方

下記の2つを抑えておけばOKです。

  • 主導権を握らせない
  • 複数登録で比較

サクッと解説していきます。

主導権を握らせない
前述したとおり、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えば資格取得支援制度やお祝い金制度など。エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。

複数登録で比較
より転職の成功率を高めるために複数利用はマストです。
視野が広くなるのと機会損失を減らすことができます。

ただ登録し過ぎると管理が大変なので2〜3くらいがベストです。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました