介護職の年代別転職状況まとめ【中高年が有利?ヤング世代よりシニア世代が多い?】

介護職の年代別転職状況まとめ【中高年が有利?ヤング世代よりシニア世代が多い?】 働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウ(@yuyuhoimin)です。

やさし君
やさし君
介護業界に転職しようと思ってるんだけど年齢制限とかってあるのかな?そもそも何歳くらいの人達が多いんだろう?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私も介護の仕事やってみたいけどもう中高年だし‥。
今からするのは遅いかな?将来性も気になる。
ユウ
ユウ
やってみたいという思いとは裏腹に、過酷なイメージや体力的な問題を鑑みて迷う人は実際結構多かったりします。

ということで今回は、

「介護業界に転職する際の年齢的な問題が気になる人」

のために、介護職員の年齢に関する問題から、10代から60代までの介護転職の際の注意点やポイントがわかるように10年間の見識をギュッと凝縮して解説していきます!

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集
シニア(60代)→ミドル(50-40代)→コア(30代)→ヤング(20-10代)の順番で解説していきます。
ユウ
ユウ
それではまいりましょう!

【シニア世代】60代の介護転職は厳しい?

【シニア世代】60代の介護転職
結論から言うと、転職できます。

ただ、後述する中高年(40〜50代)と比較すると採用率や選択肢がギュッと狭くなってしまいます。

転職組はセカンドキャリアとして、ゆっくりと働きたくてくる人が多い印象です。

ユウ
ユウ
実際僕の会社にも60歳を過ぎてなお現役バリバリで働いている人もいます。

他業種より転職しやすい

60代だと他の業種への転職はほぼ無理と言っても過言ではないかもしれません。
その点で介護業界はかなりおすすめです。

また生活に役立つ介護の知識や技術が学べるのはかなり大きなメリットとも言えますね。

流石に無理な年代

とは言え、採用基準は各会社でバラバラです。
そして70代以降の方は流石に採用されないと思います。

しかし逆を言えばそれよりも若いと職種や場所を選べばきちんと働いていくことが可能です。

介護職員の平均年齢

介護職員の平均年齢
出典:『介護労働実態調査』(全国労働組合総連合)

上のグラフを見てもわかるとおり、60代は全然ボリュームゾーンで、70代で一気にガクンと落ち込んでいますね。
※「ケアマネジャー」だけ少し特殊で経験や資格が必要なので難易度は高め。

介護の仕事は大きく「施設」と「在宅」(訪問介護など)に分かれます。

ユウ
ユウ
1番多いのはやはり40代50代のミドル世代ですね。

下記の記事でさらに詳しく解説していますので、自分の年齢が該当する方は是非チェックしてみてください。

【ミドル世代】介護転職は中高年(40〜50代)が有利?

【ミドル世代】介護転職は中高年(40〜50代)が有利?
前述した通り、介護職員はミドル世代(40〜50代)の方が多いです。

    なので仲間が多く関係構築が計りやすいという理由から中高年の方々は働きやすい環境と言えます。

また、会社としても中核を担う年齢層なので当然前のめりで採用に向かうと思います。

50代の介護転職

もちろん50代からの転職も可能です。

要望としては、

「できるだけ長く働きたい!」

と言う声や

「できれば役職も狙いたい!」

と言う声が多いです。

下記の記事で狙えるポストや50代ならではの強みの活かし方や、採用率を上げる具体的な3ステップを解説しています。

40代の介護転職

正社員として雇用されている割合が、それ以外の雇用形態と比較して多いのが40代までです。

なので正社員として働きたいなら40代までがひとつの目安となります。

また、介護度の最もボリュームゾーンであるがゆえの強み、40代だからこその転職メリットもあります。
それが下記のとおり。

    理由①:仲間が多い
    理由②:転職しやすい
    理由③:実生活に役立つ

働く上で同世代が多いこと、需要があること、ハードルが低いことは極めて重要。

介護の仕事とリンクする生活力がある主婦の方は特に有利です。

なので繰り返しになりますが、40代で介護職への転職を検討している人は50代に入る前に決めてしまうことをお勧めします。

下記の記事でさらに詳しく、根拠となるデータをグラフを使って深堀りしているので40代の方は是非ご覧になってみてください。

補足:40代男性の介護転職

「女性有利と言いましたが男性はどうだろうか?」

と、女性が多い介護業界ですので、特に男性の方で不安になる方が多いです。

結論から言うと、需要自体はかなり大きいです。

とは言え、やはり同じ男性でも20代、30代と比較すると採用率は落ちます。

ユウ
ユウ
ただ、一般的に40代の男性が転職する仕事の中では割と良い方だと思います。
40代男性の転職先一覧
  • タクシー運転手
  • トラック運転手
  • コンビニ店長
  • バス運転手
  • 清掃員
  • 警備員
  • 工場
  • 土木
  • 介護
  • 正社員としてもそうですが十分役職も狙えるからです。
    また、介護士の給与は徐々に増加傾向です。

    下記の記事で40代の男性にフォーカスして、さらに詳しく解説していますので是非チェックしてみてください。

    【コア世代】30代の介護転職

    30代の方は「これから地に足をつけて働きたい!」という人が多いはず。
    特に男性は。

    結論から言うと冒頭でもご説明している通り、メイン層である40代に向かっていく1番仕事に油の乗る時期です。

    面接希望者で多いのもこの年代です。

    無資格・未経験でもOK

    介護職への転職において1番聞かれる質問と言っても過言では無いほど多いのが資格と経験について。

      結論から言うと無くて全然大丈夫でして、ぼくもありませんでした。

    働きながら取ればOKです。

    30代という価値

    そもそも30代という年代自体の価値が資格や経験よりも高いです。

    そもそも中途採用が多く、昇格のスピードが早いのが30代。ヤング世代に必要な社会人としての知識や見識をすでに身につけていたりするケースが多いので。

    役職につくにあたって重要な指標の一つが安心感ですので。

    補足:社内恋愛も結構多い

    あと、「おばちゃんばっかりでしょ?」という印象を持たれがちですが意外と社内恋愛や社内結婚も割と多いです。

    特に僕の従事している「訪問入浴」という職種はサービスの性質上、そうならざるを得ないかもしれません。

    (実際、めちゃくちゃ多いです‥。)

    ※参考:訪問入浴の職員は社内結婚する人がかなり多い件について解説【事実】

    40代は1番おすすめな年齢層なので、該当する方は是非下記の記事をご覧くださいませ。

    【ヤング世代】若年層(10〜20代)の介護転職

    20代の介護転職

    20代の方はガシガシ転職して下さい。
    介護職は転職を繰り返すことでどんどんスキルや知識が蓄積されて働きやすくなっていきます。

      ただ、介護の世界だけに邁進してしまうのは避けたほうがいいので視野を広げるために、その他のことも勉強していくことをおすすめします。

    時代はどんどん進化していってますからね。

    特に介護業界はまだまだITに対して疎いので、いざ導入や必要となった時にアドバンテージも取れますし。
    下記の記事を参考にどうぞ。

    10代の介護転職

    10代の方はもっとガンガン転職してください。
    理由は下記の通り。

    • いくらでもやり直せるから
    • 良い職場は確実に存在するから
    • 我慢はどんどんあなたを蝕んでいくから

    ぼくの会社でも特に今年の新卒は入社して2週間で退職代行を使ってやめていく人がいましたよ。

    ユウ
    ユウ
    世間では「Z世代」なんて呼ばれてますが、個人的には推奨派です。

    引き止める人はその人のその後の人生の責任が取れるのかな?と思います。

    下記の記事で詳しく解説しています。

    よくある質問:将来性は?

    よく頂く質問が将来性に関してです。

    ぶっちゃけて言うと中高年から入ってきても役職は十分狙えますし、国の後押しで介護職員の待遇は徐々に良くなってきているので暗くは無いと思います。

    実際に僕の会社でも、先日の制度の改訂で月の給料が10万円近く上がった人もいます。

    やさし君
    やさし君
    そうなんだ。じゃあ年齢はそこまで気にしなくても大丈夫かな?
    ゆうこちゃん
    ゆうこちゃん
    でもさっき「職種や場所を選べば」とも言っていたわよ?
    ユウ
    ユウ
    その通りです。微妙に働き方や狙うべき点が違ってきます。

    介護転職を成功させる最大のコツ

    介護転職を成功させる最大のコツ
    結論は、1人でしようとしないことです。

    1人で行うのはできるだけ避けて、プロ(転職エージェント)の力を存分に借りましょう。

    転職活動は年齢関係なく割とハード

    転職活動はけっこうハードです。
    もちろん年代によって差はありますが、どんな時でもそれなりに大変です。

    繰り返しになりますが、1人ではけっこうきついのでプロに頼りましょう。

      無料で資格取得支援や面接同行、履歴書添削、リサーチのサポートが受けられるので使わない手はないです。

    そしてできるだけ早い段階から準備を行うと、その分転職の成功率がグンと上がります。

    介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

    • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
    • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
    • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

    大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。
    多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

    上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
    ※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

    転職活動にはリスク無し

    転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
    転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

    上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
    動き出した人から変わっていきます。

    おわり。

    関連記事【5万人に聞いた】介護職に向いてる人の特徴5選+介護職への不安をまとめて解説

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました