60代でも介護業界に転職できる?シニアスタッフのメリットを業界人が解説

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
60代からでも介護業界に転職ってできるのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
不安なこともたくさんあるけどやってみたいな。
ユウ
ユウ
最近は面接にも、結構ご年配の方がいらっしゃることも増えていて需要が高まっているように感じます。

ということで今回は、

「60代でも介護の仕事ができるのか知りたい方」
「チャレンジしたいけど不安が解消できていない方」

のために介護業界に10年間携わってきた知見を最大限に活用して、シニア世代の介護転職において寄せられる疑問について網羅的に解説していきます。

本記事の信頼性

  • この記事を書いている私は介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

介護業界には60代でも転職できる?


結論から先に言うと、できます。
大丈夫です。

実際に私も10年間業界にいますが、60代の介護職員さんを社内・社外関わらずたくさん見てきました。

60過ぎても現役バリバリで働いていたりする人もいますし、定年まで勤め上げる人もいます。

冒頭でもお伝えした通り60代の求職者も確実に増加しています。

セカンドキャリアとして

転職してくる方々の働き方としては定年後のセカンドキャリア、最終職として希望する方々が多いです。

ユウ
ユウ
ちなみに私の父は自衛隊を定年まで勤め上げた後は介護では無いですが保育園のバスの運転手をやっていました。

現役バリバリでは難しい

ただ厳しいことを言うと、30代や40代と同等の仕事内容や責務を担うことや、バリバリ働くことは難しい可能性が高いです。

企業によっては年齢で足切りするところも
全ての介護企業が60代を快く受け入れるかと言われるとそうではありません。
当然企業ごとに異なります。

なので、本記事で適切な職場の探し方や採用率アップの方法、転職成功のコツまで解説していきますので是非最後までお目通しくださいませ。

【60代の介護職】無資格・未経験でもOK?


結論は、OKです。
何も問題ありません。

どの年齢層に関しても介護は無資格・未経験からスタートできます。

こちらに関しては下記の記事で詳しく解説していますので興味のある方は併せてご覧ください。
»【全てわかる】介護転職未経験者が知っておくべき12の事まとめ【無資格でOKです】

ただ、資格は持っていた方が良い

未経験・無資格で始められる介護の仕事ですが、欲を言えば「簡易的な資格」は持っていて損はありませんし、採用率がガツンと上がります。

面接時のアピール材料になりますので。
また介護には働く前から比較的簡単に取得することができる資格があります。

スムーズに仕事に就けるようになりますし取得しておくことをおすすめいたします。
研修を受けるだけで取得できるものもあります。

また資格取得にかかる料金を無料にしてくれるサービスもありまして、記事後半で解説しています。

【60代の介護職】体力的な問題は?


60代で介護の仕事に挑戦しようとする方々の最も多い不安事と言っても過言では無いのが体力問題です。

こちらも結論から言うと職種によっては大丈夫です。
冒頭でもお話しした通り実際に働いている人はたくさんいます。

また少しきつい言い方になってしまいますが、そもそも体力が必要で優先される職種は60代の方を採用しません。
(よっぽどブラックで人材不足なところは別ですが。)

繰り返しになりますが、職種と職場選びが鍵になります。

ちなみに私が携わっている職種は「訪問入浴介護」と言いましてかなり体力が必要なサービスです。

60代で現役な職員もいますが転職してくる方は圧倒的に少ないですね。
訪問入浴に関しては下記の記事で解説しています。
»訪問入浴介護とは?

60代におすすめな介護の仕事

個人的におすすめなのはDS(デイサービス)です。
なぜなら数ある介護の職種の中でも比較的、軽介助で体に負担がかからないことが多いからです。

利用される高齢者の方々も割と元気な方が多いので。

デイサービスによっては重度の方まで受け入れるのを売りにしているところもありますので選ぶ際は注意です。

送迎の運転手として働いている60代の方もよくお見かけします。

シニア世代が介護職として働く3つのメリット

    その①:転職しやすい
    その②:やりがいを感じられる
    その③:生活に役立つスキルが手に入る

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

シニア世代が介護職として働くメリット(1):転職しやすい

60代での転職は現実的なことを言うとかなり狭き門でなかなか決まりにくいことが多いです。

しかし介護業界はまだまだ人手不足ですから、選択肢も多く他の仕事と比べてスムーズに転職が決まることが多いです。

つまり転職にかかる負担がかなり少ないと言うことです。
これは結構大きなポイントです。

シニア世代が介護職として働くメリット(2):やりがいを感じられる

若者と比べて、利用者と世代が近いこともあり円滑なコミュニケーションを図ることが可能です。

それは60代にしかできない強みとなり、結果として仕事にやりがいをもたらせてくれます。
20代、30代にはない付加価値が60代にはあります。

セカンドキャリアとして介護を選ぶ場合はいかにストレスなく、楽しくできるかも大きなポイントです。

シニア世代が介護職として働くメリット(3):生活に役立つスキルが手に入る

将来に役立つ知識と技術が身に付きます。

例えば介護保険制度の仕組みや最新の方法など。知ろうと思ったら簡単に手に入る環境に入れるのです。

自分自身が介護の知識や技術を身につけておけば家族の負担が劇的に軽減されます。

いつか自分が介護を受けるようになるときのための準備もしておくことができるようになります。

シニア世代が注意すべき3つのポイント

    その①:若い世代との調和
    その②:期待し過ぎない
    その③:無理はしない

60代から介護職として働く場合は上記を必ず意識してください。
こちらもひとつずつ解説していきます。

60代が介護の仕事をする上で注意すべき事(1):若い世代との調和

世代間の壁が仕事をする上での障壁となってきます。

お互いに歩み寄らないことには関係構築は進みませんので固定概念や先入観を捨てて利用者だけではなくスタッフともコミュニケーションを取るようにしましょう。

また、プライドや偏見は置いてきましょう。

扱いづらいと思われることも‥

60代が介護の仕事をする上で注意すべき事(2):期待し過ぎない

期待し過ぎは厳禁です。
特に給料は下がると思っておいた方が無難です。

また昇格の可能性や思い描いていた介護現場とのギャップもあるかと思います。

60代が介護の仕事をする上で注意すべき事(3):無理はしない

無理はしないようにしましょう。
特にハード過ぎる労働は避けて、選ばないようにしましょう。

例えば施設系では夜勤等があるところも多いです。

当然会社としては夜勤で入ってもらうことが可能な人の方が採用しやすいとは思いますが、採用されても潰れてしまっては元も子もないです。

自分のペースでできる範囲での仕事を心がければOKです。

60代の介護転職成功のコツ3選

    その①:簡単な資格をとっておく
    その②:雇用実績があるか確認
    その③:できるだけ負担を減らす

上記のとおり。
こちらも深堀りしていきます。

60代の介護転職成功のコツ(1):簡単な資格をとっておく

前述したとおり、簡単な資格は取っておいた方が採用率がグンと上がります。

面接官の中では先程ご紹介した通り、採用を躊躇する人もいます。
そんな時に資格を保有していれば見え方が大きく変わります。

60代の介護転職成功のコツ(2):雇用実績があるか確認

転職先を選ぶときに「60代OK!」とか書いてる求人でもぬか喜びせず、必ず同年代の雇用実績があるかを事前に確認するようにしてください。

とりあえず間口を広げているだけの会社で実際に応募したら足切りされることもあります。
無駄な労力をかけないためにも必須です。

また転職先に同年代がきちんといると安心できますよね。
仕事が楽しくなるひとつの要因です。

60代の介護転職成功のコツ(3):できるだけ負担を減らす

転職活動にかける工数をできるだけ排除しましょう。
転職活動自体に疲れてしまって結局再就職が決まらない人も多々見受けられます。

コストパフォーマンスよく、チェックするところはチェックし、かつ最小限の労力で進めていってください。

具体的におすすめなのが「転職エージェント」の活用です。

転職エージェントを活用する

転職エージェントであれば先程あげた「3つのコツ」を全て高いクオリティで実施することができるからです。

  • 資格の無料取得支援がある
  • 転職市場に精通したプロがいる
  • 面接同行や履歴書添削等の圧倒的なサポートがある

例えば上記のとおりです。
登録からサポート内容まで全て完全無料なので活用しない手はないです。

できるだけ早めに登録しておいて優良な求人案件を逃してしまわないようにしてください。

下記の記事で介護系に強いおすすめの転職エージェントをピックアップして紹介していますので是非ご覧ください。
»【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

自分が「なぜ介護の仕事がしたいのか?」、「どういったスタンスで介護の仕事に臨むのか?」

をしっかりと自問自答して後に、本記事を活用しながらゆっくりと転職活動を進めていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました