40代女性の介護業界への転職は有り?7つのメリットを業界人が解説!

年齢

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
育児も落ち着いて仕事探してるんだけど、介護業界ってどうなのかしら?今からでも遅くない?
転職に無駄な労力かけたくないし、失敗したくないし‥。
ユウ
ユウ
40代での転職は色々と気になることが多いですよね。

ということで今回は、

「40代で介護業界に転職しても大丈夫なのか気になる人」
「介護業界が自分に合っているのか確かめたい人」
「介護業界への転職活動に失敗したくない人」

のために、介護業界のリアルな現状を解説しながら無駄なく転職活動ができるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

40代女性は介護転職するべき?


結論は、40代の女性こそ介護職を選ぶべきです。
なぜなら介護職は40代女性にとってのメリットがたくさんあるのと、今後数十年は安泰だからです。

むしろ追い風です。
手遅れだと思っている方もいるかもですが、全然大丈夫です。

具体的なメリットや転職のコツを順を追って解説していきますので、是非最後までお付き合いくださいませ^^

【40代女性向け】介護業界の転職事情

介護職は40代の女性がメイン

下記の男女別の就業率を表した棒グラフをご覧ください。


引用:介護の123(介護労働安定センター)

    女性の割合が1番多いのが40〜50代であることがわかると思います。

実際に僕も面接官として採用に携わる中で実感しています。

介護職員自体も増えている


引用:厚生労働-省介護人材確保対策

介護職員全体を見てもその数を増やしてきていることがわかると思います。
ご存知の通り高齢化社会で介護職員の需要はドンドン増えてきています。

介護職員の将来性

巷ではAI化が進んでいてほとんどの仕事が無くなっていくと実しやかに囁かれていますが、その中でも「介護職」は無くなる可能性が1番低いです。

介護が全てAI化される未来が来るならそれは電脳界が完成するときでSFにも似た世界になるでしょう。

なので安心して仕事に取り組むことができます。というよりAI化が進むとより介護職への就業ニーズが高まるはずなので、競争率が低い今がチャンスとさえ言えます。

給与も上昇傾向

薄給なイメージがある介護職員ですが職場選びさえ間違わなければそんなこともありません。

事実、僕は10年目ですが年収で言うと倍くらいでして、平均の320万を大きく上回っています。本当に職場次第です。

処遇改善加算
さらに昨今では国からの後押しもあり、劇的に介護職員の待遇は改善されつつあります。
僕の会社のベテランスタッフも処遇改善加算の恩恵を受けて月の給料が多い人で最大10万円も上がっていました。

ユウ
ユウ
普通に羨ましい‥。

さらに介護職はベースの給料を底上げすることも難しくなく、後述する「資格」や「役職」も比較的狙いやすいです。

下記の記事で詳しく解説していますので興味のある方はご覧くださいませ。
»介護職の正しい年収アップ方法【転職+〇〇です】年収750万の介護リーマンが解説

ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
なるほどね。
やっぱり需要や希望者は多いのね。
ユウ
ユウ
はい。さらに40代女性ならではのメリットもあるので以下から紹介していきますね。

40代女性が介護職になる7つのメリット

    その①:仲間が多い
    その②:転職しやすい
    その③:実生活に役立つ
    その④:バリバリ働ける
    その⑤:生活力を活かせる
    その⑥:やりがいを感じられる
    その⑦:キャリアプランを描きやすい

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

40代女性が介護職になるメリット(1):仲間が多い

前述した通り、単純に同じ年代性別の同士が多いのでその点での安心感があります。

職場内でのコミュニケーションも取りやすいですし、働きやすくなります。

40代女性が介護職になるメリット(2):転職しやすい

圧倒的に転職しやすいです。
こちらも繰り返しになりますが、求められているからです。

なので採用率も他業種と比較してかなり高いですし、職も探しやすくなります。

選択肢が多い分吟味することができます。

どんどん転職しやすくなる
介護職は一度経験すると、スキルや知識がそのまま積み上がっていきます。
さらに転職がしやすくなります。

40代女性が介護職になるメリット(3):実生活に役立つ

40代になると両親の介護問題に直面する人たちが少なくないはずです。
介護職になるとその知識や技術がモロに実生活に活かせるようになります。

    介護保険制度の仕組みや、介護技術は事前にあるのとないのとでは天と地ほどの差があります。

実際に仕事で親の介護を始めてする家族さんたちを見てきましたが、テンパったりいっぱいいっぱいの人たちが多いです。

40代女性が介護職になるメリット(4):バリバリ働ける

パートで働くことも可能ですが、バリバリ働くことも可能です。
ここも他の業界ではなかなかない介護業界特有のメリットだと思います。
他業界と比較しても女性での役職者は多いです。

実際に外部の介護事業所や施設を見ても女性の管理者や責任者は多いです。

独身でこれから活躍したいという方にもおすすめです。

40代女性が介護職になるメリット(5):生活力を活かせる

40代女性にとってとっかかりやすい仕事であるとも言えます。
介護はざっくり言うと「身体介助」と「生活援助」に別れますが、特に「生活援助」は家事等で培ったスキルがそのまま活かせることが多いからです。

例えば今からIT業界に転職しようとするとある程度の専門的な知識が必要で、取得するのにもそれなりに時間がかかるでしょうが、介護はそこをカットすることができます。

40代女性が介護職になるメリット(6):やりがいを感じられる

対人サービスはやりがいを感じやすいです。
これはガチでバカにできないメリットです。

やりがいを感じられるか否かは仕事を続ける上で大きなモチベーションになります。

つまらない仕事を惰性でやるよりも何倍も魅力的です。

40代女性が介護職になるメリット(7):キャリアプランを描きやすい

先ほどご紹介した「バリバリ働ける」に少し重複した内容になりますが、目標を持って働くことができます。

前述したように役職にも比較的就きやすいですし、その後は介護専門の事務職や相談員としての活躍の場があります。

補足:営業職という選択肢
またレアですが営業専門職もあります。
介護職の人たちは営業を嫌う傾向がありますが介護業界の営業は意外とストレスなく結果も出やすいのでおすすめです。

求人に出るのもレアなのでもし見つけたらチェックしてみてください。
»介護の営業職での仕事内容と適正について【新卒9年目のぼくが解説】

40代女性が介護職になる3つのデメリット

    その①:体力問題
    その②:人間関係問題
    その③:ブラック問題

上記のとおり。
こちらも順番に見ていきましょう。

40代女性が介護職になる3つのデメリット(1):体力問題

現場では少なからず、体を使うので身体的な負担はどうしても避けられません。

現実として若い頃よりは疲れやすいですし、衰えもあります。
不安な方は職種選びに拘ってみてください。

おすすめの職種は後述します。

40代女性が介護職になる3つのデメリット(2):人間関係問題

40代女性が多い職場ですので、人間関係も色々あります(笑)
10年前と比較するとかなり減ってきたような印象はありますが、未だにあるところにはあるでしょう。

派閥やお局がいると面倒くさいですよね。
ここも職場選びを慎重にして避けていきましょう。

40代女性が介護職になる3つのデメリット(3):ブラック問題

悲しい事実ですが、介護業界にはまだまだブラックな職場があるのが現状です。
たくさんの会社を見てきて実感しています。

初見では見抜き方等もわからないと思いますので、本記事最後にご紹介する方法を使ってできるだけ精度を高めてください。

【40代女性の介護転職】よくある3つの質問

無資格・未経験でもOK?

これが最も多い質問と言っても過言ではありませんね。
結論から言うと全く問題ありません。

僕も10年前に全くのど素人で介護業界に飛び込みました。

    ただ、資格は介護職として働く上では後々絶対に必要になりますし、実は転職活動中に取れる資格も存在します。

前述した通り給料の底上げもできますし。
下記の記事で詳しく解説しています。
»介護転職で資格を持っておく3つのメリットを10年目の業界人が解説【体験談も有】

家事や育児との両立って可能?

こちらも結論から先に言うと、職種次第です。
下記の記事で子育てがしやすい職種をまとめていますので参考にどうぞ。

ちなみに僕は男性ですがガッツリ育休や有給を取ってます。
»【実証済み】子育てがしやすい介護の職種3選と転職方法【最初が肝心】

どんな職種がおすすめなの?

一口に介護と言ってもたくさん種類があって未経験の方は選ぶのが大変だと思います。

40代の女性に個人的におすすめなのがデイサービスや訪問介護の、いわゆる「在宅介護サービス」と言われるタイプです。(デイサービスは施設と在宅の中間みたいな感じですが‥。)

体力、環境、給料のバランスがよく働きやすいと思います。

40代女性が介護転職に失敗しない為の3つの鉄則

    その①:急がない
    その②:SNSを使う
    その③:1人でしない

上記のとおりです。
ひとつずつ深堀りしていきます。

介護転職に失敗しない為の鉄則(1):急がない

転職活動を急いではいけません。
なぜなら急げば急ぐほど、ブラックな会社に当たってしまう可能性が高くなるからです。

しっかりとしたリサーチをせずに、ノリや勢いで決めてしまうのは危険です。

前述したとおり、介護業界にはブラックなところも複数存在するのは紛れもない事実ですのでしっかりと時間をかけて選びましょう。

転職活動は想像以上にハードになりやすいので、無駄にならないように慎重に。急がば回れです。

介護転職に失敗しない為の鉄則(2):SNSを使う

リサーチをするツールとしてSNSを活用することをおすすめします。
最近ではSNS上で募集を行っている企業も増えてきました。

その分SNSを通じて採用が決まるケースも増加してます。
また介護職員のリアルなつぶやきを見れますし、仲良くなることも可能です。

情報収集にうってつけのツールなので是非活用してみてください。

介護転職に失敗しない為の鉄則(3):1人でしない

繰り返しになりますが転職活動はけっこうハードです。
40代の女性は何かと忙しいと思います。

1人で行うのはできるだけ避けて、プロ(転職エージェント)の力を存分に借りましょう。

無料で資格取得支援や面接同行、履歴書添削、リサーチのサポートが受けられるので使わない手はないです。

転職を成功に導くカードは多いに越したことはないです。
SNSと併用してできるだけ早い段階から準備を行うと、その分転職の成功率がグンと上がります。

介護系に強いおすすめの転職エージェントを下記の記事で紹介していますので是非チェックしてください。
»【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました