【遅くない】40代の男性が介護転職で狙うべきキャリア【活躍できる】

年齢

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウ(@yuyuhoimin)です。

やさし君
やさし君
今40代何だけど介護業界に転職って可能なのかな?
続けられるか不安だし、実際どんな感じなんだろう?
ユウ
ユウ
40代には色々な悩みがありますよね。
僕の周りにも40代の男性職員はたくさんいます。

そしてその年代の介護業界への転職希望者も年々増加しているのを実感しています。

ということで今回は、

「介護業界に入れるか不安な人」
「介護職として働いていくことが正解なのかわからない人」

のために実体験ベースで業界のリアルを赤裸々にお伝えしつつ、面接官の立場から40代男性の介護転職戦略を解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

そもそも40代男性は介護業界に転職できる?


できます。
実際に面接で採用させて頂いた40代の方は大勢います。

また冒頭でもお話ししたとおり、実際に同僚として働く40代の男性職員もかなり多いです。

十分に活躍できる

介護職において30〜40代は1番収入が高い層で、活躍している人も多いです。

さらに役職者も女性と比較すると圧倒的に男性の割合の方が高いです。
つまり狙える席が結構あるということです。

年齢はネック?

とは言え、40代の男性を誰でも彼でもぽんぽんと採用するかというとそうではありません。

不安に思っている通り「40代」という年齢は30代や20代と比較すると採用率は低いです。

また需要も高いので採用側も厳選して選ぶことになります。

競合も多い

後述しますが、介護業界は40代から始めても十分やっていけますし、正社員にもなりやすいです。

なので、堅実に将来設計をする方は皆さんが思っているよりも多く介護業界の門を叩きます。

逆を言えばそれだけ魅力的な職種とも言えますので採用率をグンと上げる攻略法を記事最後に解説しています。

やさし君
やさし君
40歳から介護保険料も払うことになるし、介護保険制度自体に詳しくなるのは自分自身の将来の役にも立つね。
ユウ
ユウ
身につけて損はない技術や知識を得ることができます。

40代男性の転職事情


40代の男性が転職時に考える職種がおおよそ以下の通りです。

ヘッドハンティング以外での転職は、きっちりとリサーチしてから職種を選びましょう。

  • タクシー運転手
  • トラック運転手
  • コンビニ店長
  • バス運転手
  • 清掃員
  • 警備員
  • 工場
  • 土木
  • 介護
  • 「運転手系」が多いですね。
    ただ個人的に「運転手系」だけはおすすめできません。

    なぜならこれからの時代は「自動運転」になるからです。

    ユウ
    ユウ
    またコンビニの雇われ店長も大元の会社だけが儲かる仕組みになっていて、給料もピンハネされる可能性がかなり高いのであまりおすすめできません。

    補足:自動運転になる未来

    2030年にはほぼ全ての車が自動運転になると言われています。

    既にアップルが2024年に自動運転車の開発を開始すると発表しています。
    ちなみにSONYやGoogleは既に始めています。

    明らかにAIに奪われる未来しか見えないですよね。
    なので運転手系はガチでやめておきましょう。

    ちなみにトヨタも空飛ぶ車の開発に400億円出資しているみたいです。

    すごい未来ですね‥。

    参照:2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ/ピーター・ディアマンテ

    介護職の将来性

      また未来の話をして恐縮ですが、オックスフォード大学の研究では、そう遠くない未来に現在存在する仕事のうち85%がAIの発達によって失われる可能性があると指摘しています。

    そんな未来でも残り続けるのが介護や保育の仕事です。
    万が一AIに変わるとしても4相当先の話です。

    介護はまずなくならないので安心してください。

    むしろ需要がより高まる可能性すらあるので検討しているなら早めに動くことをおすすめします。

    よくある質問:続くかな‥

    結論を言ってしまうとその人次第になってしまいます。

    しかし事前にリサーチをして、職場選びを失敗さえしなければ高確率で定年まで働くことができると思います。

    また、介護の仕事はやればやるほど技術や知識がたまっていきます。

    例えまた転職することになったとしても経験したことが無駄にならずさらに採用率がグンと上がるので転職活動自体も楽になります。

    十分狙える正社員

    40代の転職では将来の安定を求める傾向があります。
    多くの人が「正社員」を希望するはずです。

    そして介護職は他の業種と比較しても圧倒的に正社員になりやすいです。

    人材不足ですし、実際に僕の会社では数年くらい前に、非常勤だった職員等を一気に正社員にさせてました。

    特に大きな企業であればあるほどその傾向は強いので狙ってみてください。

    役職も夢じゃない
    また、役職を手に入れることも全然射程範囲内です。

    僕もそうだったように20代の若者が入社して半年で管理職に就くのと同様に40代で入社してすぐ役職を手に入れる人はたくさんいます。

    40男の介護職としての働き方:狙うべきキャリア

    資格と経験について

    1番多く上がるのが「資格と経験」についての疑問です。
    結論から言うと介護の仕事は「無資格・未経験」で始めることができます。

    実際に10年前の僕も全くのど素人で入社しました。
    ただ、資格はあるに越したことはないですし、実は転職活動中にサクッと取得できたりします。

    下記の記事内で解説していますので是非併せてご覧ください。
    »介護転職で資格を持っておく3つのメリットを10年目の業界人が解説【体験談も有】

    年収と狙えるポジション

    避けては通れない年収の話ですが、介護職員自体の年収は平均しておおよそ350万円くらいと言われています。

    その中でも40代の年収は少し高く400万円いかないくらいだと言われています。
    が、これはあくまでデータであり、勤める会社によってかなり差があります。

    ちなみに僕は今30代ですが年収は650万円ほどです。

    下記の記事で介護職の年収アップ方法を詳しく解説していますので是非チェックしてみてください。
    »介護職の正しい年収アップ方法【転職+〇〇です】年収750万の介護リーマンが解説

    また、前述した通り役職にも比較的つきやすく圧倒的に昇格しやすいのです。

    バリバリ働いて事業所の管理職となるも良し、現場で働きつつ広く資格を取得して、相談員を目指すのも良しです。

    女性スタッフへの不安


    40代男性が介護業界に飛び込んでくる時に寄せられる質問のなかでトップ3に入るくらい多いのが「女性社会」に関する不安です。

    実際に介護業界は女性スタッフの割合の方が多いです。
    想像している通り、女性社会であることは間違いありません。

    なのである程度の女性とのコミュニケーション能力は必要になります。
    全く女性と関わることができない人は向いていないかもしれません。

    お局の存在

    全国各地に生息すると言われる「お局」ですが、もちろん僕も出会ったことがあります。
    僕の場合はしっかりとケンカして(笑)して和解してきましたが、それができない方もいるかと思います。

    予め心算だけはしておき、相談しやすい環境であるか、逃げ道が用意されているかしっかりと確認しておく必要がありますね。

    立ち回り方次第

    ただお局みたいな女性だらけではなく、上手にコミュニケーションを取りながら仕事をしている例はごまんとあります。


    微笑ましいですね^^

    結局は本人の立ち回り方次第で、あとは運です。
    もし今の段階で苦手意識がある人は色んな人の体験談を見たりして予習しておきましょう。

    恋愛や結婚も狙える?

    未婚で婚活中の40代男性に朗報なんですが、介護職は職場恋愛、社内結婚がびっくりするくらい多くあります。

    少なくとも僕の周りには両手では足りないくらいのカップルや夫婦がいます。

    ちなみに僕が従事しているのは「訪問入浴介護」という少しコアな職種なんですが興味のある方は下記の記事をどうぞ。
    »訪問入浴とは?

    【40代男性向け】介護転職成功術


    下記の3つのポイントを忘れずに転職活動にあたってください。

      その①:年下とのコミュニケーション
      その②:長く続ける意思を伝える
      その③:1人で探そうとしない

    それぞれ順番に解説していきます。

    【40代男性向け】介護転職成功術(1):年下とのコミュニケーション

    介護業界には若い世代もたくさんいます。
    年齢に固執せずに自分よりも長く会社に勤めている人には敬意を忘れないようにしましょう。

    ついついプライドが邪魔してコミュニケーションが上手に測れないと仕事もやりづらくなってしまいます。

    また、反対に若い世代も自分より年上には壁を作りやすいので自分から積極的に話しかけてみてください。

    面接の時もまず「この人は扱いにくくないかな?」と思われるので速攻でそうではないことをアピールしましょう。
    採用率が大きく向上します。

    【40代男性向け】介護転職成功術(2):長く続ける意思を伝える

    こちらも採用率をガツンと上げるコツです。
    介護業界は決して離職率が低くないとは言えません。

    本腰を入れて定年までいる覚悟を伝えましょう。
    実際辞めても何も言われないので。

    面接は心理戦ですからね。
    逆にすぐ辞めてしまいそうな人を採用しませんよね。

    【40代男性向け】介護転職成功術(3):1人で探そうとしない

    まず転職エージェントには必ず登録してください。
    無料で転職のプロの力を借りつつ様々なサービスが受けられます。

    活用しない手はないです。

      また転職のプロも1人より2人いた方が比較検討できてチャンスも広がるのでおすすめです。

    ただ多すぎても管理できなくなるので2個くらい登録しておくと便利です。

    介護系に強いおすすめの転職エージェントは下記の記事で紹介しています。
    »【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

    転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
    転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

    上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
    動き出した人から変わっていきます。

    おわり。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました