10年目が語る【介護転職で後悔しない正しい準備の仕方】失敗事例とよくある間違いも

10年目が語る【介護転職で後悔しない正しい対策の仕方】失敗事例とよくある間違いも 転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界に転職しようと思っているんだけど後悔したくない。
後悔しないためにはどこに気をつければいいのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
あと介護職から他業種に転職した人で「辞めてよかった」と思う人の意見も聞きたい。
ユウ
ユウ
転職は大きなライフイベントですからね。
後悔したくないという気持ちはあって当然ですよね。

僕自身も10年間で何人もの入退職をリアルに見てきたのでその知見を活かしてお話ができればと思います。

ということで今回は、

「介護転職で後悔したくない人」
「どんな失敗事例があるのか知りたい人」

のために介護転職で失敗するリスクをできるだけ減らし、成功に近づくことができるように解説していきます!

本記事の信頼性
  • 未経験から介護を始めて10年目
  • 面接官として採用に携わっている
  • 管理職として多くの入退職を見てきた
  • 大手転職サイトと接点があり市場に精通している

それでは参りましょう^^

かいご畑

介護転職での7つの失敗事例

介護転職での7つの失敗事例
10年の間で社内外たくさんのスタッフに聞いた話をまとめると‥

    事例①:想像よりもかなりハードだった
    事例②:面接前と話が全然違った
    事例③:理不尽なことが多かった
    事例④:理想と現実のギャップ
    事例⑤:収入に満足できない
    事例⑥:先が見えない‥
    事例⑦:お局が‥

だいたい上記に集約されます。
それぞれ順番にサクッと解説していきます。

介護転職での失敗事例(1):想像よりもかなりハードだった‥

思った以上に肉体を酷使し身体的な負担が強くて後悔するパターンです。

「こんなにきついの?」

と言う声を何度も聞きました。

介護転職での失敗事例(2):面接前と話が全然違った

仕事の内容や福利厚生など、掲載している情報や面接官から聞いた情報が異なるケースです。

上手に誤魔化して記載したり伝えたりするところもあるみたいですね。
職場選びはやりすぎるくらい吟味するのがちょうどいいです。

介護転職での失敗事例(3):理不尽なことが多かった

いざ入ってみると制度の問題や社内ルールなどに

「もっとこうすればこうなるのに‥。」とか

「これはおかしいでしょ‥。」

と言うことが日常茶飯事で、怒りや憤りを感じるケースです。

いつづけるとドンドンストレスが溜まっていきます。

介護転職での失敗事例(4):理想と現実のギャップ

自分が思い描いていた介護現場とはかけ離れていてショックを受けるパターンです。

利用者からの暴力や暴言に深く傷つき精神的にも追い込まれていくことも。

介護転職での失敗事例(5):収入に満足できない

仕事の量や内容と比較して給与が割に合っていないと絶望するケースです。

慣れもありますが特に最初の方は感じやすいかも。

介護転職での失敗事例(6):先が見えない‥

特に若い男性に多いんですが

「将来が不安‥。」

という声も多く聞きます。

前述した収入の面からも結婚して家族を養えるのか、とか介護のスキルだけでこの先生きていけるのか、とかですね。

介護転職での失敗事例(7):お局が‥

職場環境で追い込まれてしまうパターンです。

僕も昔ありました。
最初は耐えてましたがいつの日からか喧嘩するようになりましたね。

今では良い関係です。

ユウ
ユウ
まとめるとブラックなところに入ってしまったと言うことですね。

未経験から介護職への転職で後悔しないための3つの対策

    その①:取れる資格をとっておく
    その②:できる限りリサーチする
    その③:得たいものを明確化しておく

上記のとおり。
こちらもひとつずつ深堀りしていきます。

介護転職で後悔しないための準備(1):取れる資格をとっておく

準備をできる限りしましょう。
なぜなら資格取得は自信にもなりますし、仕事内容のある程度の予習ができるからです。

具体的な資格で言うと、初任者研修や実務者研修あたりはすぐ取れます。

履歴書に先程の資格を記載しているのとしていないのとでは印象が全然違います。

介護転職で後悔しないための準備(2):できる限りリサーチする

冒頭でもご紹介した「理想と現実とのギャップ」を極力無くすための作業です。
一口に介護と言ってもサービスの種類もたくさんあります。

また介護保険制度や就業希望先の見学、リアルな介護職の声なんかも実際に聞くことができればバッチリです。

SNSでは比較的ネガティブなものが多いのでリアルに会って聞くことをおすすめします。

介護転職で後悔しないための準備(3):得たいものを明確化しておく

介護に限ったことではありませんが、介護の仕事をすることで「何を得たいのか」を明確化しておくといいです。

そうすることで仕事の軸ができて仕事に悩んだ時の支えになるからです。
もし決まっていないのなら是非考えてみてください。

例えば将来両親を介護するために必要な知識やスキルを得るとか、現場で学びながら介護福祉士の資格までは取得する、などなどです。
やさし君
やさし君
そもそも介護職から転職するのってどうなの?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
なんかハードル高いイメージあるわよね。
ユウ
ユウ
以下から解説していきます。

介護職から他業種への転職

介護職から他業種への転職
難しいと言われることが多いです。
実際に「10回も落ちた‥。」という人もいました。

介護に限ったことではないですが専門職は、汎用性が無いスキルしか持ち合わせていないと思われているからです。

また、企業側だけではなく転職する介護士自信にも理由があります。

なぜ難しいのか?

ではなぜいきなりの介護→他業種への転職が難しいかと言うと、介護を辞めたいと感じるほとんどの人が精神も肉体も疲弊しきっている状態にあることが多いからです。

就業先の選定も冷静な判断ができなくなってしまいます。

そうなるとまた転職先でも上手くいかず転職‥と言う負のスパイラルを追うことになりかねないからです。

介護を辞めたくなる理由まとめ

現役介護士の苦悩を集めました。

やさし君
やさし君
どちらかと言うとネガティブなツイートをしてる人が多い気がするな。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
「きらきら系介護士」なんて揶揄する言葉もあるしね。
ユウ
ユウ
労働量や環境に見合った報酬を得られないところが多いのが現状ですからね。

ただ一方でしっかりと稼げる会社や、働き方次第で十分すぎるくらいの収入を得ることも可能です。

実際に僕がそうですし、社会的にも増えてきています。
介護にガッツリハマっている人もいます。

【体験談】退職後した人たちのその後

  • サラリーマン
  • フリーランス
  • 運転手
  • 工場
  • 介護

上記のとおりです。
10年間のデータです。

最近増えつつあるのがフリーランス。
数ヶ月前に退職した同僚も個人事業主として今働いています。

工場勤務や運転手(配送)もよく聞きます。

ユウ
ユウ
そしてとりわけ多いのが、同じ介護の仕事につく人です。

圧倒的に多いです。

介護の仕事は辞めてよかった?

もし介護職について辞めたくなったら辞めればいいと個人的には思っています。
辞めて良かったという声も紹介しておきます。


惜しむらくなのは介護の仕事自体は好きだけど環境にやられてしまった人です。

ブラックじゃないホワイトな会社も数は少ないかもしれませんが存在していることは知っておいて欲しいです。

介護職を辞めて転職しようと思った時に知っておくべき3つの事

介護職を辞めて転職しようと思った時に知っておくべき3つの事

    その①:勿体無いかも
    その②:ハードルが高い
    その③:現場以外の道もある

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

その①:勿体無いかも

まず最初に知っておくべきことは「今介護業界を離れるのは勿体ないかも」ということです。

なぜならコロナ禍において介護自体の需要や、働き手への希望者も増えているからです。

加えてテクノロジー化が進み、仕事が奪われていくと言われる昨今の中にあっても、介護の仕事は残り続ける可能性が非常に高いです。

また、培ったスキルを発揮する機会がなくなるのも勿体ないです。

処遇も改善されつつある

前述した通り、需要は増えているのに供給が追いついていない状況なので国も処遇の改善を推し進めています。

直近で言うと同僚のベテラン介護士さんたちは毎月の給料が10万円近く上がっています。

介護士の離職率の現状

介護士の離職率の現状
出典:コメディカル

イメージとしては介護離職なんて言葉が一時期流行ったので、介護職の人たちは辞めてる人が多いはずと思う人が多いはず。

しかし上のグラフのとおりで、ピックアップした5つの職種の中では1番低いんです。

僕も最初見た時は意外でびっくりしました。
また後述しますが、「出戻り」も非常に多いです。

その②:ハードルが高い

続いて2つ目は、繰り返しになりますが「介護職→異業種は割とハードルが高い」という実情です。

理由は介護職だからと言うわけではなく専門職は培ったスキルが他では活かせないことが多いからです。

例えば美容師とか手芸とかもそうですね。

出戻る人が割と多い

一旦今の職場が嫌になって介護自体から離れていく人も、「やっぱり介護がしたい!」と戻ってくるケースが非常に多いです。

体験談をTwitterから集めましたのでどうぞ。

体験談まとめ

やさし君
やさし君
やっぱり出戻る人も結構いるんだね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
関わり方、働き方を変えるという考え方ね。
ユウ
ユウ
介護経験者は「介護自体は好き」という人がほとんどですからね。

辞めたくなる理由は前述しましたが、それ以外の環境によるところが多いです。

その③:現場以外の道もある

最後にお伝えしておきたいのが、「現場以外の道もある」ということです。
前述した「関わり方や働き方を変える」という手段ですね。

    せっかく培ったスキルや知識を無駄にせずに済みますし、何より好きでやっている仕事であれば、できれば離れたくないですよね。

下記の記事では現場以外の介護系の仕事を厳選して紹介していますので気になる方は併せてご覧下さいませ。
※参考:【介護転職】経験を活かせる現場以外の仕事5選+α【大穴は人材紹介です】

部署移動で教育や管理も

また、同じ会社にいても部署や所属事業所を異動したりすることで今の悩みが解決することもあります。

ある程度の会社規模が必要ですが、僕の会社では結構そういったケースがあります。

現場をしていた人が管理や教育の立場になったり。

ほとんどの人がイキイキしだして、活力に満ちてきます。
見ていて気持ち良いです。

よくある間違い

未経験から介護職への転職も、介護職から他業種への転職も共通して後悔に繋がる悪手(間違い)があります。

それは1人で即決してしまうことです。

なぜなら1人だと冷静な判断できないままに勢いで転職してしまうことが多いからです。

また1人でリサーチや準備をしたつもりでも足りなかったり、方向が間違っていることもあります。

職場選びをミスらないために

前述したとおり、1人での転職活動はできるだけ避け「1.5人」で行いましょう。
この「0.5」になるのが転職エージェントです。

客観的に適性を評価してくれるので友人よりは遠く、全く知らないSNS等で見るコメントよりは近いので0.5です。

転職に特化したサービスを無料で使い倒せるので使わない手はないです。

介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

  • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
  • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
  • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。
多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました