【現役面接官が解説】介護転職は回数が多いと不利?【〇回まではOK】

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
今度で転職3回目だ‥。
介護って転職回数が多いとやっぱり不利になるのかな?みんなどれくらい転職してるんだろう?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
転職を繰り返す私でも採用率を上げるコツとかってあるのかしら?
ユウ
ユウ
転職を繰り返していると企業側からの評価が気になりますよね。

ということで今回は、

「介護業界で転職回数が多いと不利になるか気になる人」
「転職を繰り返していても採用してもらえるコツが知りたい人」

のために面接官からの目線で転職回数に関する疑問を網羅的に解説していきます!

本記事の信頼性

  • 介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に人事に携わっている
  • 社外の介護職との関わりが多く色々な意見を収集

【結論】介護転職は回数が多くても不利にならない


介護業界において転職回数は採用率を下げる要因にはなり得ません。
少なくとも1面接官として個人的にはそう思います。

実際にぼくが面接をするときは転職回数で採用か不採用かは絶対に判断しません。
むしろ経験値が高いかもしれないというさえ思い逆に期待値が高くなる場合もあります。

繰り返しますが転職回数が多いからといって不利にはなりませんのでまずは安心してください。

【理由】なぜ不利にならないのか?

    その①:介護は転職ありきの職業
    その②:人柄や能力の方が重視される

上記のとおりです。
それぞれひとつずつ解説していきます。

不利にならない理由(1):介護は転職ありきの職業

そもそも介護職は転職経験がある人が多いということは周知の事実です。

ほとんどの人事担当や面接官は把握しているはずです。
実際ぼくも面接官として採用に携わって実感しています。

特に女性は顕著

    女性の場合は初職から離職せずに就業し続けている人は少なく、40代後半までは約4割の人が2回以上転職している。
    (引用:厚生労働省)

さらに年々増加しています。
欧米に関しては転職がマスト、トレンドな時代になってきています。

なので極端に面接官の印象を悪くすることは無いので安心してください。

不利にならない理由(2):人柄や能力の方が重視される

実際の面接では人柄の方が重視されます。

履歴書ではその人がどういう人物であるかなんてわからないことを面接官は熟知しているからです。

面接官によっては履歴書はパッと見しかしない人もいます。
逆に転職回数が多いと興味を持たれたりすることもあります。

補足:良く思わない人もいる

しかし全ての企業や人事担当、面接官が気にしないかと言ったら決してそうではありません。
みなさん人間ですから全員同じ意見であるはずはないですよね。

ただ割合的に見ると気にしない人が多く、転職回数が原因で落とされることは少ないです。

転職回数では無く至る原因
何度も繰り返して申しないのですが「転職回数」では採用・不採用を決める判断材料としては弱すぎます。

不採用になるのは「転職に至った理由」です。

そしてこれは前述しましたがここを上手にアピールすることができれば逆に採用率を大きく上げるチャンスにもなります。

詳しくは後述してます。

ユウ
ユウ
そしてそもそも介護業界は全体的に見てもまだまだ人材不足です。

分母が巨大すぎるので万が一落とされてもサクッと切り替えれば問題なしです。

転職回数のボーダーラインは5回?


とは言え鬼のように転職していたら流石に落とされるでしょ?っていう声が聞こえてきそうなのでこちらについても解説していきます。
結論はそのとおりです。

1年の間に30回とか転職していたらビビってしまいますね。
個人的に考えるボーダーラインは「履歴書に入りきるくらい」だと思います。

回数にしてだいたい5回くらいですかね。
期間はあまり見ません。

履歴書の職歴欄に入りきらないほどの転職をしてきて別紙でも提出されるとさすがに「んっ‥?」と思いますね。なので2回とか3回の転職じゃ正直なんとも思いません。

むしろ普通です。

Twitterアンケート

先日下記のようなアンケートをしました。


やはり2〜3回くらいに集約される結果となりました。
7回以上転職を経験している人もいるのがわかりますね。

【転職回数を利用する】採用率を上げる3つのコツ

    その①:長く勤めることを匂わす
    その②:経験値の高さをアピールする
    その③:協調性があることをサラッと伝える

上記のとおりです。
こちらもそれぞれ順番に深堀りしていきます。

採用率を上げコツ(1):長く勤めることを匂わす

転職回数の数に限らずですが、企業側は「この人雇ったらすぐ辞めちゃわないかな‥?」という不安を必ず持っています。

入社の手続きをしてまたすぐ退職の手続きをするとなると工数もコストも選定した面接官の立場も悪くなる可能性があるからです。

そこを逆手に取って「今までとは違い御社では長く勤める所存‥。」であることを仄めかすようにしましょう。

前述したように介護職は転職が当たり前なので長く勤めてくれそうと思わせることができたら一気に採用率アップです。

採用率を上げコツ(2):経験値の高さをアピールする

転職回数が多い人の強みはたくさんの現場を知っているということです。
未経験者、初心者と違うところをアピールしましょう。

繰り返しになりますが介護業界全体で人材不足なので、採用して教育して‥という工数をカットできるのは企業としてかなり嬉しいことです。

時間もコストもカットできるわけですから。
経験をまとめて自分が即戦力であることを伝えましょう。

採用率を上げコツ(3):協調性があることをサラッと伝える

転職回数が多いことで気になるのが協調性です。

「この人は会社や同僚をすぐ敵対視して辞めてきた人かな?」「みんなと上手くやっていける人かな?」と思われないように自分に協調性があることを伝えましょう。

聞かれた時のために退職した理由を協調性が無い人だと思われないように、ひとつずつきれいに言えるように準備しておくのも大切です。

ユウ
ユウ
どれだけ熱意があるかを予習の量でアピールすることでさらに採用率アップです!

転職回数が多いことを活かした志望動機の書き方

下記の記事で、パターン別7つの例文を紹介しています。
急いでいる人はサクッとコピペしてください。

また、書き方のポイント等もセットで解説していますのでご参考にどうぞ。
※参考:介護で転職回数が多い人の志望動機の書き方と例文

介護転職はただ繰り返すばかりではダメ


介護転職はただ繰り返すだけでは勿体ないです。
転職するたびに成長するチャンスがあるからです。

イメージで言うとRPGみたいな感じで経験値が積み上がってレベルが上がる感じです。

介護技術や知識は場所を変えても無くなりませんし(むしろ蓄積されていく)、様々な職場を体験することで選ぶ力が養われます。

ユウ
ユウ
なので転職先の選び方にも拘った方がいいです!
スキルや知識を積み上げるにしても、もう転職したくないと思うにしても選んだ先で大きく影響しますからね。

そして自分自身も企業を選ぶ立場であるということを忘れないでください。

転職選びをミスらない方法

結論はリサーチ力を向上させることです。これにつきます。
とことんリサーチするしかありません。

そしてリサーチ力を向上させるのに使うと便利なのが転職エージェントです。
転職市場のプロの地kらを無料で利用できるので使わない手はありません。

その他転職支援金や資格取得支援サービスまで用意されているところがありますので使い倒しましょう。

転職エージェントの選び方
たくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

すでに利用したことがある人も知らないサービスがあったりするので是非覗いてみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました