介護の転職相談はいつ、どこにすべき?10年続けてわかったベストアンサーとは

未経験者

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
施設に勤めて3年目なんだけどもうやめたい‥。転職の相談っていつ頃から始めるべきなんだろう?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
どこ(誰)に相談すればいいんだろう?みんなはどんな悩みを抱えているのかも知りたいな。
ユウ
ユウ
転職は人生の大きなイベントなだけに不安になりますよね。
慎重になって然るべきだと思います。

ということで今回は、

「介護転職の相談はいつすべきか悩んでいる人」
「どこに相談すればいいか迷っている人」

のために転職活動を始めるベストなタイミングと、相談相手選びを失敗しないように体験談をもとに解説していきます!

本記事の信頼性

  • 未経験から介護を始めて10年目
  • 管理職として入退職にリアルに関わる
  • 全国(1都7県)の介護事業者と関わる
  • 大手転職サイトからのインタビュー歴あり

介護の転職相談はいつすべき?


結論は、転職しようと考えた瞬間です。
なぜなら転職には準備が必要だからです。

転職する時期に関わらず相談は早いことに越したことはありません。
早ければ早いほど転職に失敗する確率を下げることができます。

意外とここが抜け落ちていてその時の感情で「衝動的に動いて失敗した‥。」なんてケースを多々みてきました。
なので相談自体はできるだけ早めにしておいた方が良いです。

ユウ
ユウ
ずっと耐え続けて、気づけば自分自身が潰れちゃっていたなんてことにならないようにしましょう。

3年ルールは?

よく「就業期間は3年はいた方が良い」という、フレーズを聞くことがありますが個人的にはあまり関係ないと思います。

準備が整い次第でOKで、わざわざ準備が整っているのに敢えてそこから待つのは逆に機会損失になります。
実際に面接官として入職希望者の履歴書を見るときも前職の期間は個人的にはあまり気になりません。

資格は取っておいた方が良いのでは?

資格に関してはそこまで急がなくても良いです。
なぜならいつでもどこでも取れるからです。

僕の会社の同僚で50歳近い残業大好きな男性が最近「社会福祉士」の資格を取得していました。

なので転職を考えるくらいきつい状態にある時に無理して資格まで取ることはないです。
それよりもまずはそこから脱出しましょう。

そんな状態で資格の勉強をしても身に入りませんし、転職してスッキリした気持ちで心地よい環境で取得することを断然おすすめします。

その他の相談まとめ

ここで、介護職のみんながどんな相談をしているのかまとめましたので見てみましょう^ ^

  • 年齢
  • 収入面
  • 人間関係
  • 未経験でも?
  • 体力(健康面)
  • 子育てとの両立
  • キャリアアップ
  • 他職種に行きたい
  • 相談員になりたい

僕もよく相談を受けますが、上記のような相談が多いです。
そして個人的には同僚であっても転職を引き止めることはしません。

むしろ推奨しています。年間2、3人は送り出しています(^ ^)

ユウ
ユウ
細かいところで言うと、施設での夜勤明けは休日としてカウントされるのか?というコアに見える相談も一定数ありました。

また、介護転職における「キャリアアップ」に関する疑問については下記の記事で詳しく解説していますので気になる方は是非チェックしてみてくださいませ。
»【介護転職での正しいキャリアアップの方法とモデル】10年目が解説!

ネット上のリアルな声

ユウ
ユウ
SNSでスカウトを待つのも有効な手段ですね!


転職相談はだいたいパターン化されます。
続いてどこ(誰)に相談すべきかを見ていきましょう。

介護の転職相談はどこにすべき?


結論は下記の2者です。

    その①:信頼できる友人・知人
    その②:転職エージェント

必ず1者だけではなく、合わせて相談するようにしましょう。

1者だけでは偏った意見になってしまう可能性がありますし、何より複数の意見を取り入れることでより客観的に捉えることができて、失敗する確率も減ります。

繰り返しになりますが、大切なのはどちらにも相談することです。
それぞれ深堀りしていきます。

介護転職のベストな相談相手(1):信頼できる友人・知人

できれば職場外が望ましいです。
同僚や上司に相談するとかなり高確率で引き止めてきます。
これは10年分のデータで裏付けされています。

全ての人がそうというわけではないですが介護現場は人材不足なところがほとんどですので1人抜けると自分にシワ寄せが来たりしますからね。

嫌なことを言うようですが「自分のため」に引き止める人が一定数いることも10年間でわかった事実です。

なのであなたのことをよく知っている、できるだけ付き合いが長くて信頼できる友人や知人を第一に相談相手に選びましょう。

紹介やスカウトも期待できる
同じ介護職につく友人・知人であれば紹介してもらえることもあります。
転職活動にかかる工数が一気にカットできて負担なく転職できることがありますのでおすすめです。

ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
SNS等でリサーチしてみるのは?
ユウ
ユウ
有効です!ただ依存しすぎ、信じすぎは注意です。
比較的ネガティブな意見の方が多いので。

介護転職のベストな相談相手(2):転職エージェント

転職業界のプロの力も併せて借りましょう。
無料なので使わない手はないです。

ハローワークは?
人によってはハローワークをすすめることがありますが個人的には転職エージェントの方がより精度が高いサポートがあり負担をサクッと軽減できるのでおすすめです。


上記のような体験談もありました。

やさし君
やさし君
うーん。転職エージェントか‥。
なんか悪い評判も聞くしなー。
ユウ
ユウ
使い方さえ事前に押さえておけば強力な転職サポートツールになりますよ。
以下から解説していきますね。

エージェントの賢い使い方

結論は、転職エージェント側に主導権を握らせないことです。
相手も仕事なので、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えばエ前述したとおりエージェントはたくさんの企業情報を持っているので、自分が市場でどれくらいの価値があるかも図りつつ評判の良い企業をピックアップしたり。

その他、エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒して金銭的な負担も軽減したり。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。
是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました