介護の転職相談はいつ、どこにすべき?10年続けてわかったベストアンサーとは?

介護の転職相談はいつ、どこにすべき?10年続けてわかったベストアンサーとは? 転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウ(@yuyuhoimin)です。

やさし君
やさし君
施設に勤めて3年目なんだけどもうやめたい‥。転職の相談っていつ頃から始めるべきなんだろう?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
どこ(誰)に相談すればいいんだろう?みんなはどんな悩みを抱えているのかも知りたいな。
ユウ
ユウ
転職は人生の大きなイベントなだけに不安になりますよね。
慎重になって然るべきだと思います。

ということで今回は、

「介護転職の相談はいつすべきか悩んでいる人」
「どこに相談すればいいか迷っている人」

のために転職活動を始めるベストなタイミングと、相談相手選びを失敗しないように体験談をもとに解説していきます!

本記事の信頼性
  • 未経験から介護を始めて10年目
  • 管理職として入退職にリアルに関わる
  • 全国(1都7県)の介護事業者と関わる
  • 大手転職サイトからのインタビュー歴あり

尚、下記の記事では介護職のベストな転職タイミングをズバリ解説していますので併せてご覧ください。
※参考:介護職のベストな転職時期は〇月!円満退職するコツと避けるべきタイミング

ユウ
ユウ
それでは参りましょう!

介護の転職相談はいつすべき?

介護の転職相談はいつすべき?

結論は、転職しようと考えた瞬間です。
なぜなら転職には準備が必要だからです。

転職する時期に関わらず相談は早いことに越したことはありません。

早ければ早いほど転職に失敗する確率を下げることができます。

意外とここが抜け落ちていてその時の感情で「衝動的に動いて失敗した‥。」なんてケースを多々みてきました。

なので相談自体はできるだけ早めにしておいた方が良いです。

ユウ
ユウ
ずっと耐え続けて、気づけば自分自身が潰れちゃっていたなんてことにならないようにしましょう。

よくある3年ルールについて

よく、

「就業期間は3年はいた方が良い。」

という、フレーズを聞くことがありますがあまり関係ありません。

実際に面接官として入職希望者の履歴書を見るときも前職の期間は個人的にもあまり気になりません。

むしろ準備が整い次第でOKで、わざわざ準備が整っているのに敢えてそこから待つのは逆に機会損失になります。
補足:年齢も気にしなくてOK
また介護転職において「年齢」はそこまで重要ではありません。
10代から60代の方まで転職を成功させています。

各年代の悩みにフォーカスして気をつける点やポイントを下記の記事でまとめています。
※参考:【中高年が有利?】介護転職の年代別攻略法まとめ【年齢制限はありません】

介護転職における相談内容まとめ

ここで、介護職のみんながどんな相談をしているのかまとめましたので見てみましょう^ ^

  • 年齢
  • 収入面
  • 人間関係
  • 未経験でも?
  • 体力(健康面)
  • 子育てとの両立
  • キャリアアップ
  • 他職種に行きたい
  • 相談員になりたい

僕もよく相談を受けますが、上記のような相談が多いです。

そして個人的には同僚であっても転職を引き止めることはしません。

むしろ推奨しています。
年間2、3人は送り出しています(^ ^)

ユウ
ユウ
細かいところで言うと、施設での夜勤明けは休日としてカウントされるのか?というコアに見える相談も一定数ありました。

また、最後の相談内容である

「相談員になりたい‥。」

というお悩みに関して下記の記事が役に立つと思うので気になる方は是非チェックしてみてください。
※参考:【介護転職】生活相談員はストレスフル?社会福祉士で介護士の僕が解説

リアルなお悩みの声

ユウ
ユウ
SNSでスカウトを待つのも有効な手段ですね!

転職相談はだいたいパターン化されます。

介護転職アドバイス:転職前の3つのレベル

介護転職アドバイス:転職前の3つのレベル

前述したとおり、転職の準備はしていて損はないですし準備期間も長いほうがより成功に近づくのでおすすめです。

そして準備だけして、今の職場での悩みが解決できれば転職をしなくてもOKです。

準備は決して無駄にならず業界の市場について詳しくなりますし、
良質な求人を見つけておくことで精神的な支えにもなるからです。

実際に転職をするのは下記から紹介する3つの段階を経てからでも遅くはありません。

ユウ
ユウ
僭越ながら10年の経験からアドバイスを送ります。
    レベル①:相談
    レベル②:異動(事業所)
    レベル③:異動(他部署)

それぞれ順番に解説していきます。

介護転職アドバイス【レベル①】:相談

まずは今抱えている悩みを職場の先輩→上司の順番に相談してみましょう。

できる先輩や上司だったらそのタイミングで解決することもあります。

「多分無理だろな‥。」

と思っても一回やってみてください。

この時から前述したように転職の準備をしておくと心の支えになって案外言いやすくなったりします。

介護転職アドバイス【レベル②】:異動(事業所)

先輩、上司への相談で解決しなかったら事業所や施設の異動願いを出しましょう。

この場合勤めている会社が大きければ大きいほど選択肢があるので有利ですね。

同じ会社でも事業所や施設を変えると、

「ここは別世界ですか?」

というレベルで変わる場合があります。

ユウ
ユウ
ぼくは全国展開する会社に勤めていて色々な事業所を回ってきましたが、本当に事業所によってガラリと雰囲気が変わります。

介護転職アドバイス【レベル③】:異動(他部署)

事業所を変えてもダメな場合は部署を変えてみましょう。
これも会社の規模によりますが、成功すれば大きな環境変化になります。

抱える悩みが従事しているサービス特有のものである可能性もあるため。

不安もあるでしょうが案外変えてみたら自分と相性が良かったりするパターンも往々にしてあります。

かくいうぼくもそのクチです。

    現場から事務方へ異動するのもよし、所属してる会社に福祉用具とかがあればそっちに異動するのも検討してみてください。

それでもだめ、もしくは気になる部署もない場合は転職活動を加速させましょう。

ユウ
ユウ
続いて相談先について解説していきます。

介護の転職相談はどこにすべき?

介護の転職相談はどこにすべき?

結論は下記の2者です。

    その①:信頼できる友人・知人
    その②:転職エージェント

必ず1者だけではなく、合わせて相談するようにしましょう。

1者だけでは偏った意見になってしまう可能性がありますし、何より複数の意見を取り入れることでより客観的に捉えることができて、失敗する確率も減ります。

繰り返しになりますが、大切なのはどちらにも相談することです。
それぞれ深堀りしていきます。

介護転職のベストな相談相手(1):信頼できる友人・知人

できれば職場外が望ましいです。

同僚や上司に相談するとかなり高確率で引き止めてくるからです。

これは10年分のデータで裏付けされています。

全ての人がそうというわけではないですが介護現場は人材不足なところがほとんどですので1人抜けると自分にシワ寄せが来たりしますからね。

嫌なことを言うようですが「自分のため」に引き止める人が一定数いることも10年間でわかった事実です。

    なのであなたのことをよく知っている、できるだけ付き合いが長くて信頼できる友人や知人を第一に相談相手に選びましょう。

補足:紹介やスカウトも期待できる

同じ介護職につく友人・知人であれば紹介してもらえることもあります。

転職活動にかかる工数が一気にカットできて負担なく転職できることがありますのでおすすめです。

ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
SNS等でリサーチしてみるのは?
ユウ
ユウ
有効です!ただ依存しすぎ、信じすぎは注意です。
比較的ネガティブな意見の方が多いので。

介護転職のベストな相談相手(2):転職エージェント

転職業界のプロの力も併せて借りましょう。

無料なので使わない手はないです。

ハローワークは?
人によってはハローワークをすすめることがありますが個人的には転職エージェントの方がより精度が高いサポートがあり負担をサクッと軽減できるのでおすすめです。

ハローワークと転職エージェントについてはこの後深堀りして解説していきます。

介護転職でハローワークに依存するのは悪手

介護転職でハローワークに依存するのは悪手

介護転職において、ハローワークのみを利用して転職活動を行うのはおすすめできません。

なぜならハローワークには公的機関ゆえのデメリットが複数個あるからです。

それらのデメリットはあなたの転職活動にストレスを与えたり、成功率を下げてしまう可能性があります。

おすすめは転職サイト・エージェントを活用することです。

    どうしてもハローワークを利用したい人は転職エージェントと併用してリスクヘッジをするようにしてください。

以下からハローワークをおすすめすることができない決定的な理由を転職サイト・エージェントと比較しながら解説していきます。

ハローワークよりサイトをおすすめする3つの理由【比較しつつ解説】

    その①:熱意が無い
    その②:専門性が低い
    その③:利便性が悪い

上記のとおりです。

それぞれ順番にひとつずつ転職サイトと比較しつつ解説していきます。

ハローワークよりサイトがおすすめな理由(1):熱意が無い
ハローワークと転職サイト(エージェント)の決定的な違いのひとつが熱意です。

ハロワで転職先を紹介していくる人は基本的に公務員です。

対する転職エージェントは転職を成功させることで評価を得て成績に直結する会社員です。

どちらの方が熱意を持って接してくれるか、サポートしてくれるかは一目瞭然ですよね。

転職に失敗して繰り返してしまう原因にもなりかねません。

熱意はスピードに大きく影響します。

ユウ
ユウ
例えば急いで転職先を探さなければいけなくなった人にとっては一分一秒が惜しいですよね。

もちろん全てのハロワ職員がそうというわけではないですが。
転職におけるリスクはできるだけ排除しましょう。

ハローワークよりサイトがおすすめな理由(2):専門性が低い
ハロワに集まる求人情報と転職サイト(エージェント)が保有する情報は圧倒的に違います。

例えば非公開求人です。

介護の企業を選ぶ上で欠かせない要素である非公開求人をハロワはほぼ扱っていません。

それどころか募集を終了している求人が残っていたりすることも。

    対して転職サイト(エージェント)は転職に特化していて当然非公開求人を保有し、転職に役立つサービスやコアな情報を提供してくれているところが多いです。

なぜなら前述したとおり、転職サイト(エージェント)にとっては転職を成功させることが全てだからです。

転職の成功率を大きく向上させてくれます。

ハローワークよりサイトがおすすめな理由(3):利便性が悪い
利用することによってかかる労力や負担が全然違います。

例えばハロワは基本的に平日しか利用できませんし、待ち時間もタイミングによってはかなり発生することも。

「数時間も待たされた‥。」

なんて声も決して少なくありません。
一方で転職サイト(エージェント)の場合は曜日も時間も関係ないです。

特に介護の転職サイトは競合が多いので各会社が鎬を削って様々な役立つサービスを用意しています。

    その他、利便性が低いと利用を離脱されてしまうのでユーザーにとって使いやすいツールを目指して改善を繰り返しています。

転職活動にかかるストレスがかなりの割合で違ってくるということですね。

コスパ良く転職活動をして避けられるストレスは避けた方がいいです。

ハローワークの体験談

良い口コミ
ハローワーク、めちゃめちゃ感じの良い人ばかりだった💗
『引越したばかりで不慣れですよね。ゆっくり探していきましょう』って。ありがたいぃぃ😭😭😭
昨日の派遣会社の担当、爪の垢のめ!

悪い口コミ

ハローワークでかれこれ1時間待ってる…
指定された時間に来たんだが😣
めちゃくちゃ混んでるのは十分理解できるから大丈夫👌
待ち時間が長くてむかつく!とかよりもこの時期に三密は避けたいのが本音💦

ユウ
ユウ
ハロワも転職エージェントも人の当たり外れはありそうですね。

よくある質問:フリーペーパー(求人誌)は?

結論は、最終的な決断を求人誌で行うのは絶対にやめましょう。

    転職活動をサポートするサービスとしては2者(ハロワと転職サイト)より圧倒的に劣るので

テキストは魔法です。

書き方による勘違いがあったり、不利になるようなことはあえて書いていない場合がありますし、企業によって質に差がありすぎます。

    また、最近ではTwitterなどで自分から企業にスカウトを要求したり、その逆で求人募集をしているところもあります。
ユウ
ユウ
SNS経由で仲良くなった人から誘われることもあるので転職活動をするならSNSもセットで活用することをおすすめします。
ハロワの職業訓練で介護の資格は取得できる?
結論は、できます。

介護職を目指す人が最初に取得を目指す「初任者研修」という資格です。
ただ所得の制限など、条件があったりします。

    資格取得に関しては前述したとおり、転職エージェントで無料サポートしてくれるところがあるのでそちらを利用した方がサクッと取得できます。

また、初任者研修だけではなく上位互換である「実務者研修」までサポートしてくれるところも多いです。

エージェントはなぜ悪評が目立つ?
介護転職でハローワークを利用する人の中に「転職エージェントの悪評が気になるから‥。」という声が多々あるようです。

前述したように転職エージェントは利益を求める企業ですので、
会社によっては利用者のことを度外視して利益(転職を成功させること)だけを追求してしまうところがあるからです。

またネットに出回るのは良い評判よりも悪い評判の方が拡散される傾向にあるからです。

ユウ
ユウ
良質なエージェントも確実に存在していることと、使い方次第です。

ハロワより優秀:転職エージェントの賢い使い方

ハロワより優秀:転職エージェントの賢い使い方

下記の2つを抑えておけばOKです。

  • 主導権を握らせない
  • 複数登録で比較

サクッと解説していきます。

主導権を握らせない

前述したとおり、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。

なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えば資格取得支援制度やお祝い金制度など。

エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。

複数登録で比較

より転職の成功率を高めるために複数利用はマストです。

視野が広くなるのと機会損失を減らすことができます。

ただ登録し過ぎると管理が大変なので2〜3くらいがベストです。

以下から介護系に強いおすすめの転職エージェントをご紹介します。

介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

  • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
  • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
  • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。
前述したとおり、多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました