【業界10年目が解説】介護転職におけるリアルな12の不安まとめ

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界の転職ってみんなどんな不安を抱くんだろう?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
その不安の解消方法も教えて欲しい。
ユウ
ユウ
色んな悩みを見てきましたし、相談もされてきました。

ということで今回は未経験者からベテランまで、介護職員が抱える不安をピックアップして網羅的に解説していきます。

様々な疑問が解決できるようになっています。

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 介護職員への研修やセミナー講師としても活動

かいご畑

介護転職の12の不安

  • 未経験社が抱く4つの不安
  • 家族に関する3つの不安
  • ベテランが抱く3つの不安
  • 介護を辞めたいと思う人の2つの不安

上記の4つのカテゴリー、合計12個の知人、友人やSNS等でもよく聞かれる不安をピックアップしました。

ユウ
ユウ
面接をするときも上記に絡めた質問をしてくる人が多いです!重要ですからね。

不安が出てくるのは当たり前

介護に限らず仕事には不安が出てきて当たり前です。

またネット上には比較的ネガティブな情報や口コミが広がる傾向にあるので、良い部分が目に入りにくくなっています。

本記事を参考に不安を解消していただけたら幸いです。

ユウ
ユウ
まずは介護業界未経験社が抱く不安を4つピックアップしました。

その①:転職前に知っておきたい介護現場の怖いところ

上記の記事で詳細がわかります。

介護施設がじっさいに行っているコロナ対策から、現場でおこる怖いことを3つピックアップして解説しています。

その②:介護転職組のリアルな体験談が知りたい

上記の記事で詳細がわかります。
気になる人が多い体験談。

リアルを追求して成功例も失敗例もかくさず集めています。
その他、コアな質問もピックアップしています。

その③:seなんだけど介護業界に転職できるかな‥

上記の記事で詳細がわかります。

システムエンジニア(IT)と介護で、一見するとかけはなれているように見えますが意外とおすすめでして、その理由を解説しています。

介護業界のITの伸び代は半端ないです。

その④:今からじゃ介護業界に転職するのはきついかな?

上記の記事で詳細がわかります。

令和の今の時代から参入するのはじっさいどうなのかを、様々な角度から解説しています。

また介護現場のきつい(大変な)ところを7つピックアップして解説しています。

ユウ
ユウ
続いて家族に関する不安を3つピックアップしました。

その⑤:子育てがしやすい介護の職種に転職したい

上記の記事で詳細がわかります。

この記事を書いている今、僕が絶賛育休取得中なのでかなり参考になるはずです。
最近では介護業界でも男性に育休をすすめる会社も増えいるようです。

その⑥:旦那が介護職に転職するのは応援すべき?

上記の記事で詳細がわかります。
少し毛色の違った不安です。

介護に対する社会的評価から、奥さんが抱く不安を抽出して解説しています。

その⑦:親の介護のために転職するのはアリ?

上記の記事で詳細がわかります。
先にネタバレすると全然アリです。

両親を介護するリアルな声と合わせておすすめの転職先を紹介しています。

介護と仕事を両立させるのは想像以上にハードです。

ユウ
ユウ
続いて経験者が抱く不安を3つピックアップしました。

その⑧:ブランクがあっても戻れるかな?

上記の記事で詳細がわかります。
面接官の立場から正直な意見を論じています。

またブランクがある人が事前に準備しておくべき3つのことも解説しています。

その⑨:腰痛持ちだとやっぱきつい?

上記の記事で詳細がわかります。

リアルな声を紹介しつつ、腰痛リスクが低い介護の仕事と予防策や予防ツールの紹介をしています。

その⑩:介護職はuターン転職すべき?

上記の記事で詳細がわかります。
僕も地元が九州で現在関東で働いています。

この問題には真剣に悩みました。
前述したように子供もできましたので。

当事者のリアルな意見を入れつつ、答えの出し方とメリットデメリットを解説しています。

ユウ
ユウ
最後に介護を辞めたいと思う人の不安です。

その⑪:介護職を辞めて転職したいと思ったら?

上記の記事で詳細がわかります。
誰もが一度は考えることですね。

現場と知っておくべきこと、転職するのにベストなタイミングをセットで解説しています。

その⑫:介護職から他職種に行くのは難しい?

上記の記事で詳細がわかります。
介護職からの転職のリアルと不安を解消する方法を解説しています。

転職活動は1人でしない


転職活動はぜひエージェントを活用して進めていってください。
転職活動にかかる工数や時間を圧倒的に削減することができます。

    またかれらは市場に精通したプロたちなので合格率ももちろん上がります。
    さまざまなサービスが無料で使えるのでしょうじき使わない手はないです。

転職活動は1人でしようとするとけっこうハードです。

複数登録がマスト

ひとつの転職エージェントでは、もしかしたら希望する会社の求人を取り扱っていないかもしれないので基本的には複数登録しておくことをおすすめします。

またすでに転職エージェントを活用して面接日が決まっている人でも1社しか登録していない場合は、もうひとつくらい登録しておくことをオススメします。

万が一の時の備えになりますし、エージェントとの相性もあるので。

介護系に強い転職エージェントは下記の記事で解説していますので参考にどうぞ。
※参考:介護系に強いおすすめ転職エージェント3選

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました