コロナ禍での介護転職は有り?現状を業界人が暴露【現場で起こる3つの怖いところもセットで解説】

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護業界に転職しようか悩んでいるんだけど、コロナ禍な今でも大丈夫なのかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
実際にどんな感染対策や取り組みをしているか知りたいわ。あと、コロナ以外でも現場で怖いと感じることって何があるの?
ユウ
ユウ
実際、コロナで転職に踏み出せない人は結構いるみたいですね。

ということで今回は、

「コロナ禍の今介護業界に転職しても大丈夫か気になる人」
「介護現場で起こるみ怖いところが気になる人」

のために、リアルな現状と併せて業界人が怖いと思うことを解説していきます!

本記事の信頼性
  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 今まさにコロナ禍の真っ只中で現場に出て働いています
  • 自社だけじゃなく多くの介護職員の方々と繋がりがある

コロナ禍で介護業界へ転職するのはあり?


結論は、場合によって「あり」です。
もちろん100%安全であるとは言えません。

しかしタイミングを見失わないようにだけはしておいた方がいいかと。

なぜならコロナ禍において介護職への応募が急増しているからです。

希望者が増えている

繰り返しになりますが、コロナ禍をきっかけに介護業界への転職希望者は増えています。


引用:PRTIMES

要因としてはコロナによる失業や収入源が多いようです。

介護サービス自体のニーズは今後もずっと消えることはないですし、そういった意味ではむしろ安定した職業かもしれません。

また、「資格を持って働ける」ところに強みを感じて目指す人も多いみたいです。
なので今検討している人はタイミングだけ見逃さないようにしてください。

ユウ
ユウ
タイミングの見極め方等々、以下から解説していきます。

介護業界のコロナ対策


各自治体の指示や方針に則って各企業がマニュアル等を設定している感じです。

なので企業次第でどれくらい徹底されているかが変わってきます。

介護施設が行うコロナ対策

  • 消毒の徹底
  • 蔓延防止の徹底
  • 情報共有の最速化

ざっくり言うとだいたい上記のとおり。

これらをいかに落とし込んで、掘り下げ、徹底的に行われているかです。

例えば僕の会社では環境消毒と言って触れるもの全てに消毒をして、毎日必ず清掃をしていたりします。
体温も出勤前に37.5以上あったら自宅待機にするなど、疑わしいスタッフがいたら一旦サービスを全て中止にするなどですね。

また情報伝達の速度も重要になってくるのでスタッフ間の連携も以前よりさらに強化されました。

リスクはどこも同じ

それでも感染してしまうことはあります。
実際僕の周りでも出ています。

クラスターもそこら中で出ていましたしね。
特に病院なんかは。

在宅介護サービスでも施設介護サービスでもさほど違いはありません。
どちらにも特有のリスクが伴います。

    一見すると人が集まる施設系やデイサービスなんかはクラスターが発生しやすいと思われがちですが在宅も一緒です。

訪問先の利用者やその家族が完璧に対策しているという保証もありません。
(もちろんこちらからできる最大限の確認はしますが。)

結局陽性者が出れば関わったサービス事業所は全て疑いがかかりますので。

対策の質は会社次第

前述した通りで、結局は会社次第になります。

企業によってはしっかりとホームページにコロナに関する対策等を打ち出しているところもあります。

また実際に職場を選ぶ際にはしっかりと事前に確認しておくことをおすすめします。

【介護転職】現場で起こる3つの怖いこと

コロナ以外で現場で怖いとされている代表的なものが下記の3つです。

    その①:転倒
    その②:服薬ミス
    その③:車両事故

上記のとおり。
在宅、施設問わず現場で恐れられているところです。

それぞれ順番に解説していきます。

介護現場で恐れられている怖いこと(1):転倒

骨折や、脳梗塞のきっかけになりかねない事故です。
細心の注意を払います。

移動や移乗介助の時に起こりうる事故ですね。

介護現場で恐れられている怖いこと(2):服薬ミス

職種によっては服薬介助を禁止しているところもありますが、服薬介助をミスっても転倒同様大変なことになりますね。

先ほど同様にしっかりと確認してからの介助が必要です。

介護現場で恐れられている怖いこと(3):車両事故

利用者のみならず、自分やその他のスタッフにも危害が及ぶ事故ですね。

介護に限ったことではありませんが車を使う仕事は徹底して注意すべきです。

ユウ
ユウ
自動運転になったらだいぶ減るとは思うんですが。もう少しの辛抱ですね。
    少し煽るような言い回しのところもありましたが、これらは全て事前に知っておいてしっかりと気をつけて管理しておけばほとんど防げます。

慣れてきた時が1番起こりやすいので怠慢は注意です。

未経験者が多い介護業界

僕もそうでしたが、介護業界は未経験から始める人が圧倒的に多いです。
専門的な勉強をして入ってくる人の方が少数派です。

ただ、先ほどの介護現場での怖いこともそうですが、事前に知っておきたいこともあるかと思います。

介護業界未経験者が知っておくべき12のこと

    その①:未経験でもOK?
    その②:資格は必要?
    その③:業界のトレンド
    その④:休みは取れる?
    その⑤:年収はどれくらい?
    その⑥:体力的な問題
    その⑦:年齢の問題
    その⑧:キャリアアップは狙える?
    その⑨:介護転職のメリット・デメリット
    その⑩:職場の選び方
    その⑪:みんなが介護を始めたきっかけ
    その⑫:介護転職で失敗しないために

上記の疑問を全て下記の記事にまとめていますので、是非チェックしてみてください。
※参考:【全てわかる】介護転職未経験者が知っておくべき12のことまとめ

まとめ:準備はしていて損は無い


前述したとおり、介護業界へ転職を考えている人は増加してきています。

コロナ禍に加えて、リモートワークが推奨されるとますます既存の仕事は減少していくでしょう。

ともない、介護職への希望者も今後ますます増えていくと個人的には予想しています。

なのでできれば早い段階から転職活動を始めておきましょう。
準備は早すぎても損はないです。

というよりむしろやり過ぎるくらいがちょうど良いです。職場の良し悪しは人生を大きく左右させますからね。

転職準備=転職エージェントの利用

プロの力(転職エージェント)を存分に借りて、繰り返しになりますができるだけ早い段階から転職先の選定を始めた方が良いです。

良質な案件はすぐに決まってしまいますからね。

そのためにも転職エージェントへの登録をおすすめします。
全て無料なので使わない手はないです。

介護系に強い転職サイト・転職エージェント3選

  • きらケア:アドバイザーの質が高く広範囲でサポートしてくれることで有名。まずはここに登録しましょう。
  • かいご畑:業界初心者におすすめ。資格講座を0円で提供してくれる制度が人気です。
  • マイナビ介護:ド定番のマイナビですね。大手だと案件も多いですし登録しておいて損は無しです。

大手を中心に2〜3個くらい登録しておけばOKです。
多すぎると管理も大変だし、うざいですからね。

上記の3サイトに関しては下記の記事で詳しく解説していますので併せてご覧下さいませ。
※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。

転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました