介護職に転職するメリットと見逃せないデメリットを10年目の僕が解説

転職ノウハウ

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職で全国各地の介護現場のリアルを実際に見てきたユウです。

やさし君
やさし君
転職を考えているんだけど介護業界にちょっと興味があるんだけどどんなメリットやデメリットがあるんだろうか?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
ブラックなイメージもあるし実際どうなんだろう。実際に長年働いている人の意見を聞いてみたい。
ユウ
ユウ
わかります。
薄給だったり重労働なイメージがありますよね。
ぼくもよく周りの人から「大変そうだね‥。」って言われます。

ということで今回は

「介護職に転職するメリットとデメリットが知りたい人」
「実際に長年働いている人のリアルな意見が聞きたい人」

のために良いも悪いも含めてリアルな意見で、本記事が介護職への転職をするかどうかの判断基準になるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いてるぼくは、10年間管理職として全国各地を回り社内・社外のたくさんの介護事業所を見てきました。
  • 面接官として採用にも携わっており大手求人サイト数社にインタビューされた経験もあり転職業界についても詳しいです。

介護職は転職候補としてアリ?

結論から先に言うと全然アリだと思います。
なぜなら完全未経験者だったぼくが10年も続けられているからです。

なんだかんだ楽しいとい言うことですね。
また後ほどご紹介していく「メリット」が非常に魅力的だからです。

中途で入ってくる人たちや途中でやめていく人たちもたくさん見てきましたが総じて介護自体が嫌いになる人はほとんどいませんでした。

介護の仕事もいろいろ

一口に「介護」と言っても色々な職種があります。
詳しくは後述していきます。

また、ぼくの話で恐縮ですが、収入面においても決して低くないラインで推移しています。

会社や事業所によってバラバラ

介護=きついと言うイメージが定着していますが本当に会社次第、事業所次第です。

そういう意味ではぼくはたまたま運良く自分に合うところに就職することができたのかもしれません。

介護職の業務の特徴

  • 食事、排泄、入浴
  • 着替え、移動、移乗
  • 家事、買い物

上記がざっくりとした仕事内容です。
前述したとおり、職種によって取り扱う業務は異なってきます。

また、「施設」か「在宅」かによっても異なります。例えばぼくは「訪問入浴」というかなりコアな在宅介護サービスに携わっています。

その名のとおり主に「入浴」介助を生業としています。
»訪問入浴について解説した記事はこちら

高齢者の生活をサポートする

まとめると、「高齢者の生活をお手伝いする」と言った感じです。

お手伝いするレベルや量、場所などがそれぞれ異なるだけで本質は同じですね。

介護転職の3つのメリット

    その①:採用率が非常に高い
    その②:未来に活かすことができる
    その③:転職する度にレベルアップできる

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

介護転職のメリット(1):採用率が非常に高い

こんなこと言うと現行の介護職の方々に怒られそうですが事実として介護業界への新規参入はかなり敷居が低いです。

オープンな状態です。事実として他の業種と比較しても採用率が非常に高いです。

これは介護業界のレベルが低いと言うことではなく、フェーズの問題です。
今は人を集めるフェーズです。

足りていないので。なので少々希望する条件を高めに設定してもサクッと入社できることがあります。

ユウ
ユウ
面接官としてたくさん希望者と面談してきましたが優秀な人がたくさん来ますよ。

ただこっちが内定を出しても辞退されることも往々にしてありますけどね。
全然それでいいと思います。

介護転職のメリット(2):未来に活かすことができる

介護はいずれ高確率で自分の家族にも関係してくることですので事前にその知識をプロレベルまで習得できるのはかなりアドバンテージになります。

特に介護保険制度についての知識はかなり重宝します。

いざ必要となってあたふたバタバタとする人がほとんですからね。
そういう利用者の家族の方がほとんです。

また情報を精査することができ、金額等々の相場もわかるようになります。
後々の金銭的なメリットにもつながります。

介護転職のメリット(3):転職する度にレベルアップできる

前述した内容と少し重複しますが、採用率が高く求められているので転職がしやすいです。
でいて転職したからといってスキルや知識が減ることはありません。

「介護」と言う枠組みの中で活かせるノウハウがどんどん溜まっていきます。

資格も取りやすくなりますし。
RPGで言う「強くてニューゲーム」な状態ですね。

介護転職の3つのデメリット

    その①:世間の評価が低い傾向にある
    その②:良企業を見つけるのが大変
    その③:給料低い場合が多い

上記のとおり。
こちらもひとつずつ深掘りして解説していきます。

介護転職のデメリット(1):世間の評価が低い傾向にある

事実なので隠さずにお伝えしますが世間ではまだまだ介護職が下に見られることが多々あります。
ぼくもそう言った言葉を受けたり視線を感じたりして来ました。

ただ僕は気になりませんでした。ビジネス的に見ても高齢者ビジネスは介護に限らず今後拡大していくと思いますし、三方良しの素晴らしい仕事だと思います。

介護転職のデメリット(2):良企業を見つけるのが大変

コロナ禍やそれ以前から徐々に淘汰されつつありましたが、介護系の企業や事業所は全国各地にあふれるほどあります。

またそれでは足りないくらいの需要もあります。
対して供給が追いつきていない状況です。

少し話がそれましたがそれだけ介護の会社はたくさんあり、その分就職希望者は見極めが難しくなってきます。

たびたび世間で話題になるような介護職に関する事件を誘発させてしまうような過酷な労働条件を強いられる環境があると言うことも紛れもない事実です。

特に未経験で初めて介護業界に飛び込もうとしている人にとっては由々しき問題ですよね。

こちらに関しては後述しますが転職エージェント等の無料のサービスやツールを最大限に活用することによって転職の成功率を大きく上げることが可能です。

介護転職のデメリット(3):給料低い場合が多い

他職種と比較して介護職の給与は低い傾向になります。
下記の表は女性を対象にしていますが、「ケアマネ」「施設介護職院」「訪問介護職員」が主に介護職と位置付けられる職種です。

引用:ジョブメドレー(2017年)

特に訪問介護の平均年収が低いですね。
転職したて、新卒として入りたての給与はかなり低いことが多いでしょう。

しかし前述したとおり一口に介護と言っても様々な種類の仕事がありますし、もっと言えば企業単位まったく違ってくることも。

例えばぼくの場合は新卒として入社し、半年後くらいの月の給料が手取りで26万円くらいでびっくりしたのを今でも覚えています。

他職種との比較

介護以外の仕事と比較してみても本質は同じであるケースが多いです。
民間の企業が運営している介護事業所に勤める職員は立派なサラリーマンだからです。

役職が上がっていくうちにそれを実感する機会が増えてきます。
営業に行かされたり、予算を知らされるようになったり。

介護職員もサラリーマン

例えばひとつの不動産の会社を例に取ってみても、営業マンがいたり、受付がいたり、内勤がいたりしますよね。

介護もなんら変わらず事務員もいれば事務と現場が合体したような「ケアマネジャー」と言う職種もあったりします。

ユウ
ユウ
良いサービスを提供して利用者に満足してもらう→リピートや口コミが広がる→売上が伸びてシェアが拡大できる→良いサービスを提供して‥。ざっくり言うとこんな感じのループで会社の成長に貢献していく姿はサラリーマンとなんら変わらないですよね。

融通が効くケースも多い

他職種と比較しても圧倒的に主婦の方が家事や子育てと両輪でパートやアルバイトとして働くことが多いです。

実際にぼくの会社でもかなりいます。ダブルワークや派遣として働いてかなりの高収入を得ている人が徐々に増え始めています。

個人的にはこの働き方がかなりおすすめです。自由度が高いですしガツンと稼げる。気になるのは世間体くらいです。

介護職10年目にして思うこと


結論から言うと満足しています。
前述したような世間からの評価も全く気になりませんし、収入もむしろ平均よりかなり多く得ているので。

ただ周りで独立する人たちがかなり増えてきたので介護系で何か仕事を立ち上げられたらなと思っているくらいです。

しかし今の環境がかなり良いのでだいぶ遅くなりそうです^^

なぜ選んだのか?

繰り返しになりますが、未来があると思ったからです。
高校生のころに「これからは介護や福祉がくる!」と浅はかな知識で福祉系の大学を選びました。

そこから今に至りますがあの時の決断は間違っていなかったと思っています。

保育士にもなりたかった

ちなみにぼくの妻は保育士ですが、上場企業が運営する保育園で住宅手当やその他の福利厚生も重質していて辛そうには見えません。

介護士も保育士も選び方さえ間違わなければ十分楽しく働くことがでると思います。

10年間入退者を見てきて思うこと

面接官として入職者を迎え入れたり、反対に退職者も10年間見てきました。
客観的に見ると入職者のほとんどが未経験者でした。

そして退職者の理由は

  • より条件の良い職場にスカウトされた
  • 他にやりたいことが見つかった
  • 会社の方針に合わなかった

上記のような事由が多く介護自体が嫌になるといったことはほとんど見られません。
そして辞めていった人たちが次に就く仕事もまた介護であるケースがかなり多いです。

退職に関しては個人的に推奨しています。
引き止めるのがその人のためになるとは限りませんからね。

ユウ
ユウ
ちなみに僕も会社の方針に少し疑問を感じたり、スカウトされることもありましたが結局面倒臭くて動いていません。

介護職のつぶやきまとめ

介護が楽しいと感じるケース

介護の仕事が辛いと感じるケース

やさし君
やさし君
本当にたくさんのケースがあるね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
転職前にはしっかりと事業所の情報を仕入れた方が良さそうね。
ユウ
ユウ
仕事を楽しめるか否かは幸福度に直結するのでやっぱりかなり大事ですよね。

まとめ


いかがだったでしょうか?
高齢者に関するビジネスは今後も確実に伸びてくると思います。
特にITと掛け合わせた分野は顕著でしょう。

働き方の改革や労働環境の整備も着実に進んでいるので成熟し切る前に経験しておくとかなり美味しいと思います。

仕事は基本的に誰かの悩みを解決して対価を得るわけですが、介護は直に感謝の気持ちを受け取ることができます。

そういった意味ではかなりやりがいのある仕事です。
あとは環境選びさえ失敗しなければOKです。

介護転職には転職エージェントがマスト

環境選びの成功率を高めるには、転職エージェントを活用するのがマストです。
無料なので使わない手はないです。

複数登録しておいてエージェントを使い倒して良い環境を探し出してくださいませ。下

記の記事でおすすめの介護転職エージェントを紹介していますので是非チェックしてみてください。
»【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました