腰痛持ちにおすすめな介護系の転職先3選!最も腰痛リスクの高い介護サービス従事者が解説!

不安

こんにちは。介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
介護をやってきたんだけど最近腰痛がひどくて‥。
でも介護の仕事を辞めたく無いんだよね。どこかいい転職先はないかな?
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
私は介護職に興味があるんだけどやっぱり腰痛になる人が多いのかしら?
ユウ
ユウ
わかります。介護をやる上で腰痛問題は切っても切り離せないですよね。
未経験者もやっぱり気になるところだと思います。僕も10年付き合ってきました。

ということで今回は、

「腰痛持ちでもできる介護関係の仕事が知りたい人」
「腰痛とどのように向き合っていけばいいか気になる人」

のために、身体的な負担が少ないおすすめの介護関係の仕事と、腰痛との向き合い方をリアルな現場の声をご紹介していきます!

本記事の信頼性
この記事を書いてるぼくは‥

  • 最も腰痛リスクの高い訪問入浴介護で働いて10年目
  • 腰痛が発生した後の働き方をたくさん見てきました

腰痛持ちにおすすめな介護系の転職先3選

    その①:営業職
    その②:ケアマネ
    その③:夜勤専従

さっそくですが上記のとおり。
それぞれ順番にひとつずつ解説していきます。

腰痛持ちにおすすめな介護転職先(1):営業職

まず最初に声を大にしておすすめしたいのが営業職です。
なぜならこれまで培った介護の知識や見識がそのまま役に立つからです。

現場ほどの身体的な負担もなく、かつ現場に限りなく近い距離で仕事をすることができる。
何より前述したようにこれまで自分が培ったものが活かせるのが大きいです。

営業専門の部署がある会社、もしくは福祉用具専門相談員もアリです。
実は僕も現場→営業になりまして、異動して良かったと痛感しています。

営業は自信無い‥
ここまで聞くと、「でも営業とかサラリーマン的な仕事が嫌だから介護に就いたのに‥。」と思う方もいるかもしれません。

実を言うと僕も最初は全く営業なんて興味ありませんでした。

もっと言うと生粋のコミュ障なので「無理ゲーかな‥。」と思っていたんですが意外と楽しんで結果を出すことができました。

一般的な営業職のそれとは明らかに違ってハードルはそこまで高くありません。
詳しくは下記の記事で解説していますので興味のある人はお目通しくださいませ^^
»介護営業の完全ガイドマップ【転職求人から方法とコツまでまとめ】

若い人の方が良いんじゃ‥
よく質問されるのが「年齢」に関する優位性です。これはほぼ関係ありません。
むしろ年齢層は高い方がベテラン感が醸し出されて営業先に安心感を与えます。

これはマジで事実でぼくも異動当初は「早く年を取りたい‥。」と思っていましたし、年齢を聞かれた時も若干上にサバよんでましたからね(笑)

福祉用具専門相談員になる場合
営業と言うと真っ先に福祉用具専門相談員が頭に浮かんでくる人も多いでしょう。
福祉用具も前述した通り、ベテランが多くむしろ優位に働くことが多いです。

注意点としては転職する前に「卸業者」を別でしっかりと使っているかを確認した方がいいです。
福祉用具には「納品」と言う行為が入ってきます。

車椅子や歩行器程度ならまだ負担が少ないかもですが、ベッド等の大きいものもありますので営業がそのまま自分で納品するのか、卸業者を利用するのかで身体にかかる負担が大きく異なってきます。

腰痛持ちにおすすめな介護転職先(2):ケアマネ

最もポピュラーな道がケアマネジャーへの転職です。
実際にぼくが10年間介護業界に携わる中で、たくさん見てきました。ガッツリ現場ではなく良い距離感で利用者と関われやりがいもあると思います。

介護福祉士を取得して介護支援専門員を取得して‥という王道パターンですね。

大手はきついかも‥
転職先選びは慎重に行った方がいいです。
大手にケアマネとして就職した場合、結構きつめにプランの数について突っつかれたりします。

または会社の方針が色濃く反映されて、憤りを感じたり。営業にいくとしょっちゅうそんな話を聞きます。

ユウ
ユウ
少しハードルが高く感じるかもしれませんが、ケアマネとして独立する人もかなり多いです。
儲けは期待できませんが自分がしたい介護を自分のペースで行うことができます。

腰痛持ちにおすすめな介護転職先(3):夜勤専従

「やっぱり現場の中で探したい!」と言う方は意外に夜勤専従がおすすめです。
一般的に抱くイメージとは異なり、作業量が日勤と比較して圧倒的に少ないみたいです。

稼ぎやすいですし。夜勤専従に関しては下記の「ままる」さんの記事が詳しくてわかりやすいのでチェックしてみてください。

介護と腰痛の関係


(引用:ケア求人ナビ)

上記のグラフのとおり、介護に従事するほとんどの職員が腰痛を持っています。
まさに切っても切り離せない問題ですね。

腰痛とどのように向き合っていくか、将来のことも含めて考えていくかは非常に大切なことだと言えますね。

最も腰痛リスクが高い訪問入浴

僕が従事している訪問入浴は最も腰痛リスクが高いサービスだと言えます。

なぜなら中腰姿勢でのケアが多く、サービス内で必ず利用者をお姫様抱っこする工程があるからです。

訪問入浴に関しては下記の記事で詳しく解説しています。
»【3分でわかる】訪問入浴とは?【概要から歴史までサクッと解説!】

実際に腰痛が原因で退職していくスタッフを何人も見てきました。
もっと言うと入社当時の研修でグキッといった同僚もいました。

ユウ
ユウ
ちなみに当時22歳でした。

若いスタッフでさえ腰痛になるリスクがある訪問入浴ですが、一方で60歳を過ぎても現役バリバリで働いている職員もいます。

しかも中にはめちゃくちゃ小柄な人も。
対策が無いわけではないんですね。詳しくは後述します。

【体験談】ネットでのリアルな声

企業も腰痛予防・緩和ツールを導入

ぼくが従事する訪問入浴ではアシストスーツと呼ばれる介護ロボットを導入していたりします。
繰り返しになりますが介護職にとって腰痛は大きな問題ですからね。

各企業もなんとか離職率を下げるために動いています。
アシストスーツについては下記の記事で詳しく解説しています。
»マッスルスーツeveryはデメリットだらけって本当?実際に使ってわかったレビューを暴露!

よくある間違い

職場を変えるだけじゃ解決しない

「新しいことをするのはきつくて‥。」という理由で同じ職種のまま場所だけ変えようとする人がいますが個人的にはおすすめしません。

なぜなら本質的には変わらないことが多いからです。
「うちの会社がブラック過ぎるから‥。」と考えるのはやめましょう。

介護の仕事を長く続けていくのであれば腰痛とは真剣に向き合う時が必ずきます。

段階的にでもいいので前述した腰痛リスクが低い職種への転職準備を進めていくことをおすすめします。

ユウ
ユウ
大きな会社でそういった部署があるのであれば、わざわざ転職する必要もありません。部署異動を打診してみるのが先決ですね。

事務職ではやりがいが激減する

現場→介護事務に行くとやりがいが一気になくなって放心状態になる人がいます。
やはり適度に利用者と触れ合うことのできる職種がおすすめです。

事務職も腰痛リスクは意外に高かったりしますからね。

腰痛はしょうがないものじゃない

腰痛はきちんと対策をすれば緩和や未然に防ぐことが可能です。
前述したとおり、小柄で高齢なスタッフがバリバリ現役を続けられる理由はしっかりと対策しているからに他なりません。

対策すれば必ず効果は現れます。
例えばボディメカニクスについて勉強したり、ストレッチを毎日欠かさずしたりです。

少しでも現役を長く続けるためにまだそこまで腰痛に悩んでいない人はこれを機に対策していってみてください。

早めの対策を
先程の身体的な対策と併せて、働き方も早めに考えておいた方がいいです。
また、腰痛を感じたら我慢せずに改善のための行動を開始することも大切です。

腰はからだ全体をを司る部位と言っても過言ではありません。
僕の母は万年腰痛に悩まされていますが本当に苦しそうです。

転職エージェントなどに事前に登録しておいて早い段階からチェックしておくとスムーズに転職することができます。

冒頭でご紹介した職種を探すだけのツールではなく、転職を失敗するリスクも大きく回避することができます。

介護転職で失敗しないために

結論は、繰り返しになりますが転職エージェントを最大限に活用しましょう。

やさし君
やさし君
と言っても不評が気になるしな〜。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
そうよね〜。
しつこいってよく聞くし‥。
ユウ
ユウ
使い方次第です。
下記よりサクッと解説していきます。

転職エージェントの賢い使い方

下記の2つを抑えておけばOKです。

  • 主導権を握らせない
  • 複数登録で比較

サクッと解説していきます。

主導権を握らせない
前述したとおり、エージェントによってはあの手この手であなたを就業させてこようとします。
なのであくまで自分主体で動き、転職エージェントの旨みを最大限に活用しましょう。

例えば資格取得支援制度やお祝い金制度など。
エージェントによって様々なサポートが用意されているので臆せず使い倒しましょう。

複数登録で比較
より転職の成功率を高めるために複数利用はマストです。
視野が広くなるのと機会損失を減らすことができます。

ただ登録し過ぎると管理が大変なので2〜3くらいがベストです。

転職エージェントの選び方

とは言えたくさんある転職エージェントの中からどうやって選べばいいのかわからない人も多いかと思いますので下記の記事でまとめました。

是非ご覧になってみてください。
»【3分でわかる】介護転職サイト・エージェントの選び方【5つのコツ】

転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
転職エージェントに登録をして転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
動き出した人から変わっていきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました