40代未経験で介護に転職するのは無謀?成功させる3つのコツと正しいキャリアアップの描き方

働き方

こんにちは。
介護業界で働いて10年目の管理職、ユウです。

やさし君
やさし君
40代未経験で介護業界に転職するのって無謀かな?ていうかどんな世界なんだろう‥。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
どうせ転職するなら失敗はしたくないし。
ユウ
ユウ
未経験の世界に飛び込むのは怖いですよね。

ということで今回は、

「40代未経験でも介護の仕事に就けるのか気になる人」
「介護転職をしっかりと成功させたい人」
「介護職として安定していけるようになりたい人」

のために介護職に関する疑問を網羅的に解決できるように解説していきます!

本記事の信頼性

  • この記事を書いているぼくは介護業界に勤めて10年目
  • 面接官として実際に採用や人事にも携わっている
  • 社外の介護職との関わりも多く様々な意見を収集

介護は40代未経験でも転職可能?


結論から先に言うと、余裕で可能です。
と言うかむしろ40代の方に強くおすすめしたいです。

なぜなら介護職のメインは「40代」だからです。

40代が占拠する介護業界


引用:三幸福祉カレッジ

上記は初任者研修という介護職員が1番最初に取得する資格の受験者(=これから介護を始めようとしている人)の年齢です。

ご覧いただいてわかる通り40代の人が最も多いですね。

現場スタッフもウェルカム

既存のスタッフの反応が気になる方も多いと思いますので、現場職員の反応を集めました。

やさし君
やさし君
微笑ましいくらいウェルカムだね。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
40代って望まれてる?
ユウ
ユウ
人間的にも好まれるタイプが多いのが40代かもしれませんね。

【未経験者が知っておくべき】介護業界の実態と転職事情

介護職員数の推移

下記のグラフをご覧ください。

引用:厚生労働省-「2025年に向けた介護人材にかかる需給推計について」

職員数が年々増えていっていることがわかるかと思います。
注目すべきはそれでもまだまだ需要に供給が追いついていないということですね。

おそらく向こう10年は続くでしょう。

介護職としての将来性

結論は、まあまあ明るいと思います。
なぜなら前述した通り需要は増え続けますし仕事は無くならないからです。

そして介護は最もAI化されにくい仕事と言っても過言ではないからです。

もっと言うとAIに仕事がほとんど変わる時代が来たら一気に流れ込んでくる可能性もありますね。

異業種から来る人がほとんど

この記事を読んでいると言うことは介護未経験であるかと思いますが、安心してください。

中途で介護業界の門を叩いてくる人たちの多くが異業種からの転職です。これは実際に面接官をしてわかった事実です。

かくいう僕も未経験から今の会社に入りました。

コロナ禍での営業

感染予防に徹底して運営しています。
売り上げを伸ばすところもあれば、クラスターが発生して営業を中止したりと職種によって様々です。

ただ、介護自体は絶対的に必要なサービスなので利用者からの要望も一段と高くなっています。

40代未経験から介護を始める3つのメリット

    その①:仕事が見つかりやすい
    その②:実生活に活かせる
    その③:働きやすい

上記のとおり。
それぞれ順番に解説していきます。

40代から介護を始めるメリット(1):仕事が見つかりやすい

これまでご説明している通り、ただでさえ需要が高い介護職の中でさらに需要の高いのが40代です。

仕事の選択肢も広いですし採用率も高いです。

    転職活動にかかるストレスが他業種と比較して圧倒的に低いです。

これは結構重要なポイントです。

40代から介護を始めるメリット(2):実生活に活かせる

40代になると両親の介護問題に直面する人たちが少なくないはずです。
介護職になるとその知識や技術がモロに実生活に活かせるようになります。

介護保険制度の仕組みや、介護技術は事前にあるのとないのとでは天と地ほどの差があります。

実際に仕事で親の介護を始めてする家族さんたちを見てきましたが、テンパったりいっぱいいっぱいの人たちが多いです。

40代から介護を始めるメリット(3):働きやすい

同年代が多く、べらぼうに高いIT等などのスキルを必要とする業種ではなく割と戦力になるまでの期間が短くスムーズに職場に溶け込むことができると思います。

また後述しますが40代未経験で入ってもきちんとキャリアプランを描いて目標を持って臨めるところもメリットのひとつですね。

【40代未経験】よくある質問

やっぱり体力はある程度必要?

必要です。
ここはハッキリと断言します。

もちろん職種によって多少の差異があったり、後述するキャリア次第によっては必要としない場合もあります。

しかしとっかかりの部分、介護職として働き始めるなら体力は必要です。

自信がない方は事前にちょこっとでもいいので体づくりをしておくことをおすすめします。

年下とのコミュニケーションは?

冒頭のツイートからもわかるように基本的にウェルカムであるケースが多いです。
40代に対する年下の印象は相対的に見ても決して悪くはないです。

なので出方や接し方さえ間違わなければ良好な人間関係を構築してストレスなく働くことができるでしょう。

ユウ
ユウ
プライドや高圧的な態度は厳禁ですね。
やさし君
やさし君
気をつけるようにしよっと。
ゆうこちゃん
ゆうこちゃん
そうね。仕事はできるだけ楽しくしたいわ。

働く上で男・女性別に違いはある?

割合的には女性が圧倒的に多いです。

それぞれ気になることがあると思いまうので別々で記事を用意しました。
»40代男性向けの記事はこちら
»40代女性向けの記事はこちら

40代未経験の正しいキャリアプランの描き方


下記の3つの手順で描いて下さい。

    手順①:正社員になって
    手順②:介福目指して
    手順③:役職に就く

こちらも深堀りしていきます。

ちなみに手順③まで到達すると収入はほぼ安定して、給与に関する不安はだいぶ消え去ります。

40代介護職のキャリアプランstep(1):正社員になって

まず40代の方は安心して収入を得たいため正社員を希望すると思います。

十分なれるので安心して下さい。また正社員の方が当然役職に就きやすいし、昇給や賞与も多くなります。

40代介護職のキャリアプランstep(2):介福目指して

3年ほどコツコツとスキルや知識を積み上げていって、職場でのポジションも獲得して下さい。

そして3年後には介護職が絶対に取得しておいた方がいい、国家資格である「介護福祉士」の取得を目指して下さい。

給料のベースをガツンと底上げしてくれます。
また、介護福祉士の前に取るべき資格もありまして段階を踏みながらステップアップしていって下さい。
※参考:介護転職で資格を持っておく3つのメリットを10年目の業界人が解説【体験談も有】

40代介護職のキャリアプランstep(3):役職に就く

「手順②」までできれば十分役職に就けるキャリアに到達しています。
ひょっとするともっと早くに就けるかもしれません。

ここまでくれば年収も安定します。
そして難易度もそこまで高くありません。

ユウ
ユウ
僕は未経験で入って半年で管理者になって今は年収650万円ほどです。そして僕自身は決して優秀なわけではありませんよ。

補足:その後も視野に

「手順③」までクリアしたら、ぼんやりとその後のことも視野に入れておくと良いです。
相談員やケアマネジャーとしての道です。

現場から少し離れた位置でこれまで培ったスキルを活かせる職種です。
特にケアマネジャーの資格を取って独立する人も結構多いです。

よくある間違い:介護職は全て低賃金でブラック

介護にこびりついたイメージで払拭するのが難しいですが、決して全ての介護職員がブラックなところで奴隷のように働いているわけではありません。

ニュースは悪いものばかり目立ちますしね。

本当に会社次第、職場次第なので職場選びはガチで慎重に行って下さい。

【40代未経験の介護転職】おすすめの働き方


個人的におすすめな働き方は「在宅介護サービス」を選んで働くことです。
なぜなら夜勤がなく身体的な負担も少ないからです。

また施設よりも透明性が高く事前に職場をチェックできる精度が高いです。
(施設が悪いと言ってるわけではないですからね。)

    具体的にはデイサービスや訪問介護などがおすすめです。

バリバリ体力に自信があってレアな職種がいい!というもの好きな方は僕が従事している訪問入浴がおすすめです。
給料は割と高い方です。
※参考:訪問入浴とは?

介護の職種

  • 在宅
  • 施設
  • 介護の働く場所は、ざっくり上記の2通りです。

    直接利用者宅に訪問するか、施設内でケアを提供するかの2択。そして仕事内容もざっくり2分できます。

    介護の仕事内容

  • 身体介助
  • 生活援助
  • 当然身体介助の方が身体的な負担は大きいです。

    在宅の方が仲間が多い



    引用:リジョブ

    上記のグラフを比較するとわかる通り、在宅(訪問介護)の方が40〜50代の職員が多いです。

    40代未経験者が介護転職を成功させる3つのコツ

      その①:急がない
      その②:SNSを使う
      その③:1人でしない

    上記のとおりです。
    ひとつずつ深堀りしていきます。

    介護転職に失敗しない為の鉄則(1):急がない

    転職活動を急いではいけません。
    なぜなら急げば急ぐほど、ブラックな会社に当たってしまう可能性が高くなるからです。

    介護業界にはブラックなところも複数存在するのは紛れもない事実ですのでしっかりと時間をかけて選びましょう。

    転職活動は想像以上にハードになりやすいので、無駄にならないように慎重に。

    急がば回れです。
    大丈夫です、40代の需要は高いので急いでも無くなりません。

    介護転職に失敗しない為の鉄則(2):SNSを使う

    リサーチをするツールとしてSNSを活用することをおすすめします。
    最近ではSNS上で募集を行っている企業も増えてきました。

    その分SNSを通じて採用が決まるケースも増加してます。

    また、記事冒頭のような介護職員のリアルなつぶやきを見れますし、仲良くなることも可能です。

    情報収集にうってつけなので是非活用してみてください。

    介護転職に失敗しない為の鉄則(3):1人でしない

    転職活動はけっこうハードです。
    40代は何かと忙しいと思います。

    1人で行うのはできるだけ避けて、プロ(転職エージェント)の力を存分に借りましょう。

      無料で資格取得支援や面接同行、履歴書添削、リサーチのサポートが受けられるので使わない手はないです。

    介護系に強いおすすめの転職エージェントを下記の記事で紹介していますので是非チェックしてください。
    ※参考:【介護系に強い】おすすめの転職サイト・エージェント比較!業界人が選ぶのはここ

    転職にはリスクがつきものですが、転職活動にはリスクがありません。
    転職のプロの話を聞きき、「転職しない」と決めるのも良しです。

    上手に活用してブラック企業を避け、ホワイト企業を選ぶ確率を高めましょう。
    動き出した人から変わっていきます。

    おわり。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました